2019年03月03日

写真の向こうの真実 「チャイメリカ」


chimerica.jpg

物語の始まりと同じように、スクリーンに大きく映し出された4台の戦車とその前にぽつんと立つ一人の男性。
白いシャツを着た写真の「戦車男」に、実在の戦車男の後ろ姿が重なっていき、その姿を包み込むように静かに流れるベートーヴェンの第九 第三楽章。
その真実の厳しさと旋律のやさしさ、そして戦車男の切なさに涙がぶわっとあふれました。


世田谷パブリックシアター×パソナグループ
「CHIMERICA 」 (チャイメリカ)
作: ルーシー・カークウッド
演出: 栗山民也
翻訳: 小田島則子
美術: 二村周作 
照明: 服部 基 
音響: 井上正弘 
映像: 上田大樹
出演: 田中圭  満島真之介  倉科カナ  眞島秀和  
瀬戸さおり  池岡亮介  増子倭文江  大鷹明良 ほか

2019年3月2日(土) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階G列センター
(上演時間: 3時間10分/休憩 15分)



客電が落ち暗転の中、カシャッとシャッター音が響いて舞台の大スクリーンに映し出される1枚の写真。
隊列して進む4台の戦車。その前にぽつりと立つ、白いシャツを着て買物袋を持った一人の男性。
天安門事件を象徴する、「無名の反逆者」として有名になった写真です。
「え?天安門事件の話なの?」とその時気づく(←)・・・いつものことながら予習しないにもほどがある)。

ちなみに「チャイメリカ」は CHINA + AMERICA
「中国化した米国」を意味する造語だということはいくら何でも知っていましたよ(と言い訳しておきます)。


1989年6月4日。
19歳のアメリカ人カメラマン ジョー・スコフィールド(田中圭)はホテルの窓から「戦車男」の写真を撮影して一躍名をあげます。
それから23年後。2012年。
アメリカはオバマ大統領が再選を目指す大統領選挙の年。
北京を訪れたジョーは旧友のヂァン・リン(満島真之介)と再会し、「戦車男は生きていてニューヨークにいる」と聞き、同僚の記者 メル(石橋徹郎)とともにその行方を捜し始めます。一方、北京では大気汚染が深刻さを増し、それを告発しようとするヂァン・リンは次第に追い詰められていき・・・。


1989年と2012年
中国とアメリカ
北京とニューヨーク
時空を行き来しながらシームレスに展開する物語。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする