2019年02月28日

贖罪そして魂の浄化 「罪と罰」


crimeandpunishment.jpgイギリスの演出家 フィリップ・ブリーンさんが「地獄のオルフェウス」(2015)以来、4年ぶりに三浦春馬くんとタッグを組む舞台。

挑むのは19世紀ロシアの作家 ドストエフスキーの代表作。
「地獄の・・」の春馬くん、とても好きでしたので楽しみにしていました。


Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019 
「罪と罰」
原作: フョードル・ドストエフスキー
上演台本・演出: フィリップ・ブリーン
翻訳: 木内宏昌
美術・衣裳: マックス・ジョーンズ
出演: 三浦春馬  大島優子  南沢奈央  松田慎也  
真那胡敬二  山路和弘  立石涼子  勝村政信  麻実れい ほか

2019年2月13日(水) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール F列センター
(上演時間: 3時間30分/休憩 20分)



物語の舞台は帝政ロシアの首都 サントペテルブルク。
貧乏ながら頭脳明晰な青年ラスコリニコフ(三浦春馬)は自分を「特別な人間」とし、「人類が救われ、その行為が必要ならば特別な人間は殺人を犯す権利がある」という独自の論理を持っており、その理論に従って強欲な質屋と居合わせた義妹リザヴェータを殺害します。しかし、罪の意識から激しく動揺し、幻覚に悩まされる中、国家捜査官 ポルフィーリ(勝村政信)はラスコリニコフを殺人犯と疑い、追い詰めていきます。ラスコリニコフは貧しい家族のため自己犠牲で娼婦となったソーニャ(大島優子)の揺るぎない信仰心に触れ、ついに自らの罪を告白します・・・。


野田秀樹さんの「贋作 罪と罰」は観たことありますが、オリジナルの「罪と罰」を舞台で観るのは実は初めて。
休憩はさんで3時間30分の舞台にほぼ出ずっぱりで膨大な量の台詞をこなす三浦春馬くんはじめ役者さんたちも大変だと思いますが、観る方も心身ともに消耗する作品・・というのがまずは第一印象。
ずい分昔に読んだことがある原作をほぼそのまま戯曲化されていますので物語の流れはわかっているものの、登場人物を把握して、膨大で難解な台詞を聴くのにとても集中したせいか終演した時には疲労困憊でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする