2019年02月25日

ザ・ラウンジ&バー @FOUR SEASONS HOTEL KYOTO


image1 (13).jpg

六盛歌舞伎サロンの前には、東国からお越しのファザコンサリーちゃんと久しぶりにお茶をご一緒しました。2016年秋にオープンした時からずっと行ってみたいと思っていたこちらへ。


ザ・ラウンジ&バー
FOUR SEASONS HOTEL KYOTO
京都市東山区妙法院前側町445-3
tel: 075 541 8288


京阪電車七条駅から七条通りを東に10分くらい歩いた場所にあります。
右に三十三間堂、左に国立博物館を見ながら、このあたりに来るのは本当に久しぶりだなぁと思いました。
うぞうすいのわらじやもあって、もう場所もすっかり忘れていたのですが、「あー、ここだったのかぁ。来た来た」と懐かしく思い出しました。その時一緒に来た人の思い出とともに←


ゲートからずーっと竹の生け垣が続いていて、車寄せやエントランスまで結構歩きます。
冒頭の画像はエントランスからゲートの方を写したもの。

ホテルは思ったよりこじんまりしていましたが、2月のせいか七条というロケーションのせいか、混雑することもなく、ゆったり時が流れている印象でした。木や西陣織など和の素材を使ったインテリアの効果もあるでしょうか。


image1 (4).jpg

ロビーを入ったフロアが3階にあたり、レストラン ブラッスリーの向こうに平重盛邸跡とされる「積翠園」を見下ろす形。


image1 (11).jpg

こちらがラウンジ。
シックな色合いで落ち着いた雰囲気。座席の間もゆとりがあっていい感じです。
奥に見えるのがバーカウンター。



image1 (12).jpg image2 (4).jpg

シャンパンにいちごジュースをプラスした「ストロベリーミモザ」をいただきました。
甘酸っぱくてとてもおいしい
入れたての時はもっと泡あわだったのだけど。
つくってくださったのは若いバーテンダーの方でしたが、後でこのカクテルを考案したという濃いお髭が印象的なスペイン人のバーテンダー ラウルさんとも少しお話できて楽しかったです。

右はサリーちゃんのオーダー いちごと抹茶のショートケーキ。
ふんわり軽い口どけで、抹茶の苦みも効いて、こちらもとてもおいしかったです。



少し奥まっていることもあってか、観光地・京都の喧騒とは一線を画す雰囲気の空間。
ラグジュアリーすぎて泊るのは無理としても、次回は食事かアフタヌーンティにトライしてみたいものです。



このホテルに「住んでる」人もいるらしい うらやましすぎる のごくらく地獄度 (total 2021 vs 2024 )



posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする