2019年02月21日

父と娘の物語 「糸井版 摂州合邦辻」


gappo.jpgパ~パ パ~パ
娘よ~
パ~パ パ~パ 抱きしめ~て

幼い玉手(お辻)と父 合邦道心の歌が耳に蘇ります。
夕暮れ時に仲良く手をつないで歩く父と娘。
穏やかな笑顔、二人を包む温かい陽の光まで目に浮かぶよう。


ロームシアター京都 レパートリーの創造
木ノ下歌舞伎 「糸井版 摂州合邦辻」
作: 菅専助  若竹笛躬
監修・補綴・上演台本: 木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽: 糸井幸之介
音楽監修: manzo
振付: 北尾亘
出演: 内田慈  田川隼嗣  土居志央梨  大石将弘  金子岳憲  
伊東沙保  西田夏奈子  武谷公雄  石田迪子  飛田大輔  山森大輔

2019年2月11日(月) 3:00pm ロームシアター京都 サウスホール 1階1列センター
(上演時間: 2時間15分)



物語: 元は武士でありながら讒言によって浪人し、出家して清貧の暮らしをする合邦道心(武谷公雄)の娘お辻(内田慈)は河内の大名高安家に腰元奉公し、奥方亡きあと後添えに望まれて玉手御前と呼ばれていましたが、義理の息子 俊徳丸(田川隼嗣)に許されぬ恋慕の情を寄せていました。異母兄の次郎丸(大石将弘)から疎まれていた俊徳丸は原因不明の業病にかかり盲目となってしまい、許嫁の浅香姫(土居志央梨)を残して出奔します。四天王寺で再会した二人は合邦道心に助けられ、彼の庵室に身を寄せます。そこへ、俊徳丸のあとを追って玉手御前が実家である合邦庵室にやってきます・・・。


柱が林立する舞台。
女性同志の争いから間に入った男性が片方の女性を刺す、という場面がいきなり展開されますが、すぐに立ち上がって、役者さんたちが舞台上を行き交いながら歌います。

ダンボールのマイホーム 枕は少年ジャンプ  とか
ストロングゼロ コンビニで買って  とか
最後の客をお見送りして バスタブ 湯を抜く ソープ嬢  
・・・といった、現代の世相そのものの歌詞
この曲がいつまで続くの?と思うくらい長かったのですが、時折、最初のシーンが挟み込まれて、「ああ、あれ、合邦道心が玉手を手にかける場面だったんだ。もう一人の女の人は浅香姫なのか」と気づきました(遅い💦)。

幼き日の次郎丸・俊徳丸・浅香姫のかわいらしい三角関係
高安家へ奉公に出るお辻
高安家に後妻に入ることとなり、上司にあたる羽曳野とともに両親に挨拶に来るお辻
そして幼いころの父と娘
・・・オリジナルのストーリーに、こうだったであろう、なイマジネーションの部分を織り交ぜた展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする