2019年02月02日

愛していると言えない切ないラブストーリー 「眠らぬ月の下僕」


nemuranu.jpg玉造小劇店つながりで、昨年観てレビューをアップできていなかった舞台の感想をひとつ。

「眠らぬ月の下僕」
わかぎゑふさんの満州シリーズ第三弾。
15人で120役演じる壮大な戦後史で、戦争に翻弄された人々の悲劇で、愛してると言えない切ないラブストーリー。ラストのうえだひろしさんと八代進一さんのシーン 素敵だったな。 #ねむ月 posted at 16:51:51

↑ これ、観劇後の私のツイートです。
わかぎゑふさんの満州シリーズはどれも好きですが、この作品もとてもよかったです。


玉造小劇店配給芝居vol.23 「眠らぬ月の下僕」
脚本・演出: わかぎゑふ
出演: 野田晋市  うえだひろし  桂憲一  八代進一  小椋あずき  
鈴木健介  浅野彰一  美津乃あわ   長橋遼也  松井千尋  
東久保拓巳  吉實祥田太  影山僚太  コング桑田  わかぎゑふ

2018年7月1日(日) 1:00pm 近鉄アート館 Bブロック1列センター
(上演時間: 2時間)



枚方の農家の三男坊として生まれた喜久雄の天命に導かれた叙事詩的な物語。
昭和17年 14歳の時、人数合わせのため村の満蒙開拓団の一員として満州に渡り、終戦直後のソ連軍侵攻、シベリア抑留、モンゴル、ウズベキスタン、ドイツ・・・東にある日本に帰りたいのに逆に西へ西へと流され、時代に翻弄され運命に呑み込まれながら激動の時代を生き抜く喜久雄。最後にたどり着いたのは・・・。


「眠らぬ月の下僕」という素敵なタイトルは、東にあるはずの母国 日本に帰りたいのに西にしか行けない運命を象徴するために、月の出ている方に向かうという意味合いでつけたのだそうです。

物語は時にとても重く非情で、また時には明るく軽やか。
2時間の中で自分自身も長い歳月や距離を旅したような漂泊感がありました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:41| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする