2019年02月04日

愛ならいくらでも差し上げられる 月組 「Anna Karenina (アンナ・カレーニナ)」


annkare.jpg6月9日付で退団が発表された美弥るりかさん。
これが最後の主演作となりました。

2001年に朝海ひかるさんのヴィロンスキーで初演された作品で、2008年のワークショップでは美弥さんはアンナの夫 カレーニンを演じたそうですが、どちらも観ておらず今回初見。
さらには、トルストイの作品は「戦争と平和」をはじめ、「復活」「イワンのばか」など主だったものは読んでいるのにこの「アンナ・カレーニナ」だけは読んだことがなくて、ストーリーも全く知らずに臨みました。


宝塚歌劇月組公演
Musical 「Anna Karenina (アンナ・カレーニナ)」
原作: レフ・トルストイ
脚本・演出: 植田 景子
出演: 美弥るりか  海乃美月  月城かなと  光月るう  楓ゆき  
夢奈瑠音  英かおと  蘭世惠翔  きよら羽龍/五峰亜季  美穂圭子 ほか

2019年1月17日(木) 11:00am 宝塚バウホール 11列上手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は19世紀後半のロシア。
家柄も良く、成績も優秀で輝かしい未来を約束された青年貴族将校 アレクセイ・ヴィロンスキー伯爵(美弥るりか)は、社交界の華と謳われるアンナ・カレーニナ(海乃美月)に出会い心を奪われます。政府高官アレクセイ・カレーニン(月城かなと)の貞淑な妻として、何不自由ない暮らしをしていたアンナもまた、ヴィロンスキーの激しく真剣な求愛を受け、内に秘めていたもう一人の自分が目覚めて行くのを感じていました。二人の恋の噂は瞬く間に社交界に広がり、世間体を重んじる厳粛なカレーニンは妻の不貞を咎めましたが、ヴィロンスキーとアンナにとって、もはやこの恋を失って生きていくことはできませんでした・・・。


王道の三角関係悲恋もの。
不倫だから、というばかりではなく、アンナにあまり共感も感情移入もできないのですが、美しく哀しい物語でした。

ヴィロンスキーとアンナがひと目で恋に落ちたことはよくわかります。
そして、ひとたび燃え上がった思いは、どんなに押さえようとしても人から非難されたとしても苦しくても、もうどうすることもできないのだということも理解できます。
それでもこの二人が自分勝手だと感じたのは、アンナの夫 カレーニンがあまりにも正しい人間だったから。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

正しい節分


image1 (11).jpg

本日は節分。
節分といえばコレ。
数々ある季節行事の中でも大好きなもののひとつで毎年欠かしたことがありません丸かぶり。

近頃では「恵方巻」なんてこじゃれた言葉が全国区になってバラエティに富んだたくさんの「巻き物」が販売されていますが、節分といえば巻きずしの「丸かぶり」でしょ。
ご近所のお寿司屋さんにもこうしてちゃんと貼り出されていました。


image2.jpg

ということで今年はご近所のお寿司屋さんに上巻き寿司をオーダー、ついでに茶碗むしもお願いしました。
豆まきをして、ちゃんと東北東を向いて無言で1本丸かぶりしました。
画像に入っていませんがイワシも食べて、これがわが家の正しい節分の過ごし方です。
これですべての鬼は外へお願いしたいものです。



鬼は外 福は内 のごくらく度 (total 2013 vs 2015 )



posted by スキップ at 22:39| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

愛していると言えない切ないラブストーリー 「眠らぬ月の下僕」


nemuranu.jpg玉造小劇店つながりで、昨年観てレビューをアップできていなかった舞台の感想をひとつ。

「眠らぬ月の下僕」
わかぎゑふさんの満州シリーズ第三弾。
15人で120役演じる壮大な戦後史で、戦争に翻弄された人々の悲劇で、愛してると言えない切ないラブストーリー。ラストのうえだひろしさんと八代進一さんのシーン 素敵だったな。 #ねむ月 posted at 16:51:51

↑ これ、観劇後の私のツイートです。
わかぎゑふさんの満州シリーズはどれも好きですが、この作品もとてもよかったです。


玉造小劇店配給芝居vol.23 「眠らぬ月の下僕」
脚本・演出: わかぎゑふ
出演: 野田晋市  うえだひろし  桂憲一  八代進一  小椋あずき  
鈴木健介  浅野彰一  美津乃あわ   長橋遼也  松井千尋  
東久保拓巳  吉實祥田太  影山僚太  コング桑田  わかぎゑふ

2018年7月1日(日) 1:00pm 近鉄アート館 Bブロック1列センター
(上演時間: 2時間)



枚方の農家の三男坊として生まれた喜久雄の天命に導かれた叙事詩的な物語。
昭和17年 14歳の時、人数合わせのため村の満蒙開拓団の一員として満州に渡り、終戦直後のソ連軍侵攻、シベリア抑留、モンゴル、ウズベキスタン、ドイツ・・・東にある日本に帰りたいのに逆に西へ西へと流され、時代に翻弄され運命に呑み込まれながら激動の時代を生き抜く喜久雄。最後にたどり着いたのは・・・。


「眠らぬ月の下僕」という素敵なタイトルは、東にあるはずの母国 日本に帰りたいのに西にしか行けない運命を象徴するために、月の出ている方に向かうという意味合いでつけたのだそうです。

物語は時にとても重く非情で、また時には明るく軽やか。
2時間の中で自分自身も長い歳月や距離を旅したような漂泊感がありました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:41| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

久しぶり~♪ 朔日餅



image1.jpg

今日から2月。
2月1日ということで、赤福の朔日餅をいただきました。
1月は朔日餅の販売がありませんので、今年最初の朔日餅ということになります。

2月の朔日餅は「立春大吉餅」。
二十四節気の元日である立春の前日、つまり大みそかに豆をまいて一年の邪気を打ちはらい、また新しい年を健康に過ごせるよう黒豆をたべるのが風習だったという「節分」にちなんで、黒大豆と大豆を使った二種類の豆大福です。

赤福の朔日餅は大好きで、一時期、次の月の分を予約して毎月買っていましたが、一巡したら気持ちも落ち着いて(笑)しばらくご無沙汰でした。
久しぶりに食べるとやっぱりおいし~。
ちゃんとお茶を煎れて、おいしい豆大福をいただくととても幸せな気分になります。
伊勢千代紙の春柄もとてもカワイイ。
ありがとうございました。


3月はよもぎ餅 予約しようかしら のごくらく度 (total 2011 vs 2014 )
posted by スキップ at 22:21| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする