2019年02月28日

贖罪そして魂の浄化 「罪と罰」


crimeandpunishment.jpgイギリスの演出家 フィリップ・ブリーンさんが「地獄のオルフェウス」(2015)以来、4年ぶりに三浦春馬くんとタッグを組む舞台。

挑むのは19世紀ロシアの作家 ドストエフスキーの代表作。
「地獄の・・」の春馬くん、とても好きでしたので楽しみにしていました。


Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019 
「罪と罰」
原作: フョードル・ドストエフスキー
上演台本・演出: フィリップ・ブリーン
翻訳: 木内宏昌
美術・衣裳: マックス・ジョーンズ
出演: 三浦春馬  大島優子  南沢奈央  松田慎也  
真那胡敬二  山路和弘  立石涼子  勝村政信  麻実れい ほか

2019年2月13日(水) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール F列センター
(上演時間: 3時間30分/休憩 20分)



物語の舞台は帝政ロシアの首都 サントペテルブルク。
貧乏ながら頭脳明晰な青年ラスコリニコフ(三浦春馬)は自分を「特別な人間」とし、「人類が救われ、その行為が必要ならば特別な人間は殺人を犯す権利がある」という独自の論理を持っており、その理論に従って強欲な質屋と居合わせた義妹リザヴェータを殺害します。しかし、罪の意識から激しく動揺し、幻覚に悩まされる中、国家捜査官 ポルフィーリ(勝村政信)はラスコリニコフを殺人犯と疑い、追い詰めていきます。ラスコリニコフは貧しい家族のため自己犠牲で娼婦となったソーニャ(大島優子)の揺るぎない信仰心に触れ、ついに自らの罪を告白します・・・。


野田秀樹さんの「贋作 罪と罰」は観たことありますが、オリジナルの「罪と罰」を舞台で観るのは実は初めて。
休憩はさんで3時間30分の舞台にほぼ出ずっぱりで膨大な量の台詞をこなす三浦春馬くんはじめ役者さんたちも大変だと思いますが、観る方も心身ともに消耗する作品・・というのがまずは第一印象。
ずい分昔に読んだことがある原作をほぼそのまま戯曲化されていますので物語の流れはわかっているものの、登場人物を把握して、膨大で難解な台詞を聴くのにとても集中したせいか終演した時には疲労困憊でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

ザ・ラウンジ&バー @FOUR SEASONS HOTEL KYOTO


image1 (13).jpg

六盛歌舞伎サロンの前には、東国からお越しのファザコンサリーちゃんと久しぶりにお茶をご一緒しました。2016年秋にオープンした時からずっと行ってみたいと思っていたこちらへ。


ザ・ラウンジ&バー
FOUR SEASONS HOTEL KYOTO
京都市東山区妙法院前側町445-3
tel: 075 541 8288


京阪電車七条駅から七条通りを東に10分くらい歩いた場所にあります。
右に三十三間堂、左に国立博物館を見ながら、このあたりに来るのは本当に久しぶりだなぁと思いました。
うぞうすいのわらじやもあって、もう場所もすっかり忘れていたのですが、「あー、ここだったのかぁ。来た来た」と懐かしく思い出しました。その時一緒に来た人の思い出とともに←


ゲートからずーっと竹の生け垣が続いていて、車寄せやエントランスまで結構歩きます。
冒頭の画像はエントランスからゲートの方を写したもの。

ホテルは思ったよりこじんまりしていましたが、2月のせいか七条というロケーションのせいか、混雑することもなく、ゆったり時が流れている印象でした。木や西陣織など和の素材を使ったインテリアの効果もあるでしょうか。


image1 (4).jpg

ロビーを入ったフロアが3階にあたり、レストラン ブラッスリーの向こうに平重盛邸跡とされる「積翠園」を見下ろす形。


image1 (11).jpg

こちらがラウンジ。
シックな色合いで落ち着いた雰囲気。座席の間もゆとりがあっていい感じです。
奥に見えるのがバーカウンター。



image1 (12).jpg image2 (4).jpg

シャンパンにいちごジュースをプラスした「ストロベリーミモザ」をいただきました。
甘酸っぱくてとてもおいしい
入れたての時はもっと泡あわだったのだけど。
つくってくださったのは若いバーテンダーの方でしたが、後でこのカクテルを考案したという濃いお髭が印象的なスペイン人のバーテンダー ラウルさんとも少しお話できて楽しかったです。

右はサリーちゃんのオーダー いちごと抹茶のショートケーキ。
ふんわり軽い口どけで、抹茶の苦みも効いて、こちらもとてもおいしかったです。



少し奥まっていることもあってか、観光地・京都の喧騒とは一線を画す雰囲気の空間。
ラグジュアリーすぎて泊るのは無理としても、次回は食事かアフタヌーンティにトライしてみたいものです。



このホテルに「住んでる」人もいるらしい うらやましすぎる のごくらく地獄度 (total 2021 vs 2024 )



posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

よき親子 厳しき師弟 六盛 歌舞伎サロン「高麗屋、三代同時襲名」


rokusei20190223.jpg不定期開催の六盛歌舞伎サロンは今回で29回目。
前回(2017年)に続いて、高麗屋親子二代のご登壇。
襲名前だった前回は松本幸四郎さんと市川染五郎さん、今回は松本白鸚さんと松本幸四郎さんとして襲名後初の歌舞伎サロンご出演です。


創業百二十周年記念
第二十九回 六盛 歌舞伎サロン
「高麗屋、三代同時襲名」

ゲスト: 松本白鸚  松本幸四郎
聞き手: 鈴木治彦

2019年2月23日(土) 5:00pm 京都岡崎 六盛



前回のレポはこちら


第1回目からずっと司会を勤めていらっしゃる鈴木治彦さんは今年何と90歳なのだとか。
少し痩せられて、さすがにお歳は召されましたが、明るくお元気なご様子、トークの質問コーナーではマイクを持って会場内を質問者のところへ回って走り寄っていらっしゃいました。

お歳のせいかいく分マイペースになられたようで、元よりマイペースの白鸚さんと治彦さん お二人を向こうに回して、こちらも本来はマイペースのはずの幸四郎さんがあれこれ気を遣って、「20分経ったら席を交代するんですよね?」と言ったりするの、何だか可愛くておかしかったです。

トークは前半は治彦さんがお二人に質問しながら進行、後半は客席の質問にお二人が答える形でした。以下は印象に残った応答の備忘メモ。


六盛歌舞伎サロンと京都
白鸚さん: 京都は旧くから観ていただいているお客様がたくさんいらっしゃる、私の父、祖父の時代からも。今日もそんなお客様がたくさんいらしていただいて、とても有り難いことです。
父の先代白鸚は京都ではよくもてましてねぇ。

幸四郎さん: 日帰りで終わるのを反省してほしい。イベントが1日で完結してしまう。まずは前日打ち合わせをして、当日も終わったら新幹線に間に合わない時間で帰れない、というくらいにしてほしい(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

至福のごはん @24/7 cafe apartment


image1 (2).jpg

昨日は、久しぶりに CITY BAKERY のプレッツェルクロワッサンが食べたくなって買いに行ったついでにこちらでランチをいただきました。


24/7 cafe apartment  トゥエンティーフォーセブンカフェ アパートメント
大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場 B1F
tel:06-6377-5777

東京や名古屋にもあるお店ですが、大阪店はグランフロント大阪 うめきた広場の地下1階レストランフロアにあります。THE CITY BAKERY のすぐそば。

店名の 24/7 は “24 hours 7 days”ーいつでも、どなたでもー
みなさまにとって、ちょっぴり特別な場所になりますように、という思いが込められているそうです。


こちらの看板メニュー 「至福のごはん」をいただきました。

15種類の中から好きなおかずを3品選んで
ごはんは黒米をブレンドした玄米か白米のどちらか
プラス赤だしのお味噌汁と京都の藤井茶園から取り寄せたほうじ茶
がセットになっています。これで1,280円。
ごはんとお味噌汁、お茶はおかわり自由です。


・ぷりぷり海老とブロッコリーのチリマヨネーズ
・鹿児島県産茶美豚の生姜焼き
・小松菜と根菜の胡麻生姜和え (冬の小鉢の1品)
をチョイス


image2.jpg

そして激しく迷ってあきらめた「釜揚げしらすと大根おろし」の代わりに
ごはんをしらす卵ごはんに変更していただきました(+180円)。

続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

父と娘の物語 「糸井版 摂州合邦辻」


gappo.jpgパ~パ パ~パ
娘よ~
パ~パ パ~パ 抱きしめ~て

幼い玉手(お辻)と父 合邦道心の歌が耳に蘇ります。
夕暮れ時に仲良く手をつないで歩く父と娘。
穏やかな笑顔、二人を包む温かい陽の光まで目に浮かぶよう。


ロームシアター京都 レパートリーの創造
木ノ下歌舞伎 「糸井版 摂州合邦辻」
作: 菅専助  若竹笛躬
監修・補綴・上演台本: 木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽: 糸井幸之介
音楽監修: manzo
振付: 北尾亘
出演: 内田慈  田川隼嗣  土居志央梨  大石将弘  金子岳憲  
伊東沙保  西田夏奈子  武谷公雄  石田迪子  飛田大輔  山森大輔

2019年2月11日(月) 3:00pm ロームシアター京都 サウスホール 1階1列センター
(上演時間: 2時間15分)



物語: 元は武士でありながら讒言によって浪人し、出家して清貧の暮らしをする合邦道心(武谷公雄)の娘お辻(内田慈)は河内の大名高安家に腰元奉公し、奥方亡きあと後添えに望まれて玉手御前と呼ばれていましたが、義理の息子 俊徳丸(田川隼嗣)に許されぬ恋慕の情を寄せていました。異母兄の次郎丸(大石将弘)から疎まれていた俊徳丸は原因不明の業病にかかり盲目となってしまい、許嫁の浅香姫(土居志央梨)を残して出奔します。四天王寺で再会した二人は合邦道心に助けられ、彼の庵室に身を寄せます。そこへ、俊徳丸のあとを追って玉手御前が実家である合邦庵室にやってきます・・・。


柱が林立する舞台。
女性同志の争いから間に入った男性が片方の女性を刺す、という場面がいきなり展開されますが、すぐに立ち上がって、役者さんたちが舞台上を行き交いながら歌います。

ダンボールのマイホーム 枕は少年ジャンプ  とか
ストロングゼロ コンビニで買って  とか
最後の客をお見送りして バスタブ 湯を抜く ソープ嬢  
・・・といった、現代の世相そのものの歌詞
この曲がいつまで続くの?と思うくらい長かったのですが、時折、最初のシーンが挟み込まれて、「ああ、あれ、合邦道心が玉手を手にかける場面だったんだ。もう一人の女の人は浅香姫なのか」と気づきました(遅い💦)。

幼き日の次郎丸・俊徳丸・浅香姫のかわいらしい三角関係
高安家へ奉公に出るお辻
高安家に後妻に入ることとなり、上司にあたる羽曳野とともに両親に挨拶に来るお辻
そして幼いころの父と娘
・・・オリジナルのストーリーに、こうだったであろう、なイマジネーションの部分を織り交ぜた展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

きっと叶うはずさ 夢は  雪組 「ファントム」 東京千秋楽ライブ中継


phantomlv.jpgこの日が東京宝塚劇場公演千秋楽でしたが、私が観たのは昨年の宝塚大劇場以来。
3回観て最後が12月13日でしたので、ほぼ2ヵ月ぶりでした。
やっぱりすばらしかったな。


宝塚歌劇雪組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「ファントム」 東京公演千秋楽 ライブ中継
原作: Gaston Leroux
脚本: Arthur Kopit
作詞・作曲: Maury Yeston
潤色・演出: 中村一徳  
翻訳: 青鹿宏二
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  彩凪翔  朝美絢  舞咲りん  
奏乃はると  煌羽レオ  永久輝せあ  綾凰華  彩みちる  縣千 ほか

2019年2月10日(日) 3:30pm 大阪ステーションシティシネマ スクリーン1



昨年11月・12月の大劇場公演の感想はこちら


全体的な感想は大劇場公演の時に書きましたので繰り返しは避けるとして、ライブ中継ではやはり、映像だからこそ見て取れる細かい表情や、これまで気づいていなかったことを拾ったり、4回目ならではの理解の深まりもあって、とても見応えありました。
カメラワークが主役だけに偏らず、周りの人たちや従者にまで目線が行っていたのもよかったです。

それと音楽。
もちろん劇場でナマで聴くのに勝るものはないのですが、十分クリアな音ですばらしい楽曲の数々を、それを本当にのびやかな声で歌う望海さん真彩さんはじめキャストの皆さんの歌唱を、存分に楽しむことができました。

「1回目観た直後からいろんな曲が脳内リフレインして、「あれ?この曲なんだったかな?」と考えるとすべて「ファントム」の曲だったという、私にしては珍しい感覚でした。」と舞台を観た時の感想にも書いたのですが、今もいろんな曲が頭の中をリフレインしています。なかなか中毒性のあるミュージカルです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする