2019年01月26日

壽初春大歌舞伎 昼の部


kabukiza201901.jpg歌舞伎はじめはお正月飾りも華やかな歌舞伎座。
昼夜ともに祝祭感ある演目が入っていて、日常ではすでにはるか彼方なものとなってしまったお正月気分をまた味わえて何だか得した心持ちでした。

壽初春大歌舞伎 昼の部
2019年1月13日(日) 11:00am 歌舞伎座 
1階1列センター



一、再春菘種蒔 舌出三番叟 
出演: 中村芝翫  中村魁春
(上演時間: 29分)


三番叟は数々観ていますが、「舌出三番叟」は初めて、しかも芝翫さん、魁春さんという座組も多分初めて拝見するもので、なかなか新鮮でした。

芝翫のきびきびとした三番叟、魁春の艶やかな千歳・・・魁春さんのお着物、綺麗だったなぁ。
三番叟にあの鈴をシャリ~ンと鳴らされると、おめでたくも神聖な気分になります。
華やかでお正月気分を盛り立てて、幕開きにぴったりの舞踊でした。


二、吉例寿曽我
鴫立澤対面の場
補綴:今井豊茂 
出演: 中村福助  中村七之助  中村児太郎  中村梅花  
中村福之助  中村松江  中村芝翫 ほか
(上演時間: 35分)


初春に上演されるのが吉例の「曽我狂言」ですが、親の敵である工藤祐経を討つという大望成就のためにやってきた曽我兄弟の前に現れたのは工藤祐経の奥方 梛の葉という設定で、曽我物の中でこちらも初めて拝見。

全身白を纏った黒衣さん(とは言いませんよね)がいて、「あれ?今の黒衣さん、白だった?」と我ながら訳のわからないことを心中でつぶやいて二度見したのですが、この演目は「雪の対面」という通称で、舞台一面が雪の場面となっているため、黒衣さんとともに雪衣さんが出るのも特徴なのだそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:30| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする