2019年01月04日

當る亥歳 吉例顔見世興行 夜の部


kaomise201812.jpg

2018年の南座顔見世は11月 12月の2ヵ月連続興行。
11月は高麗屋三代襲名で特別な趣きでしたが、12月は昼の部 開演が10時30分で終演は16時5分、16時50分に開演する夜の部の終演時間は21時55分と、「南座の顔見世が帰って来たぁ」感アリアリ。


南座発祥四百年
南座新開場記念
白井松次郎  大谷竹次郎  追善
當る亥歳 吉例顔見世興行 夜の部
2018年12月5日(水) 4:50pm 南座 3階2列センター



第一、義経千本桜
木の実/ 小金吾討死/ すし屋

出演: 片岡仁左衛門  中村時蔵  中村扇雀  片岡孝太郎  片岡千之助  
片岡松之助  坂東竹三郎  片岡秀太郎  市川左團次  中村梅玉 ほか
(上演時間: 2時間25分)


仁左衛門さんで松嶋屋型のいがみの権太を観るのは久しぶりと思って調べたら、2011年9月 浪切ホールで観て以来でした。

10月の「助六」もそうでしたが、まずは仁左衛門さんの変わらない若々しさにオドロキ。
私は仁左衛門さんのやわらかな上方ことばが大好きなのですが、権太はそのやわらかさに威勢の良さと愛嬌も加わり、何とも言えない味わい。強請りたかりをしても悪態をついてもどことなく可愛げがあって憎めない。姿形のよさは言わずもがなですが、品もあって裕福な商家の出という育ちの良さが感じられます。

口では憎たらしいことを言っても心の底では妻の小さんのことを愛しているのが感じられるし(小せんの秀太郎さんとも息ぴったり!)、息子の善太郎にはほんとにメロメロっていうくらい愛情を注いでいるのがよくわかります。権太が善太郎に見せる何とも愛情あふれた表情を見ていて、あぁ、ボタンの掛け違えさえなければこの家族は笑ったり泣いたりケンカしたりしながら、市井の片隅で仲良く暮らしていったのだろうなぁと思うと本当に切なくなりました。「木の実」でこの善太郎との場面があるので、後の「すし屋」での悲劇がより一層際立ちます。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする