2019年01月02日

世界一強い人間は、なにがあっても一人で立っている人間なんだ 「民衆の敵」


minshunoteki.jpg昨年の観劇納めとなった作品。
ジョナサン・マンビx堤真一といえば、「るつぼ」(2016年)が記憶に新しいところですが、原作者は違っても、主人公が本人に非がないにもかかわらず、理不尽な状況に追い込まれるというのは同じ・・・堤さん、こういう運命なのか。

真実と正義を叫ぶ者が、町経済的利益を優先する政治家やそれに迎合する大衆から社会的に「抹殺」されるというテーマもさることながら、民衆の使い方がシビれる演出で、とても見応えありました。


シアターコクーン・オンレパートリー2018 「民衆の敵」
作: ヘンリック・イプセン
翻訳: 広田敦郎
演出: ジョナサン・マンビィ
美術・衣装: ポール・ウィルス
照明: 勝紫次朗  
音楽: かむむら周平
振付: 黒田育世
出演: 堤真一  安蘭けい  谷原章介  大西礼芳  
赤楚衛二  外山誠二  大鷹明良 木場勝己  段田安則 ほか

2018年12月29日(土) 12:30pm 森ノ宮ピロティホール C列(2列目)センター
(上演時間: 2時間15分)



物語の舞台は19世紀後半のノルウェイの田舎町。
温泉の発見に湧くこの町で、意志のトマス・ストックマン(堤真一)は妻の父モルテン・ヒール(外山誠二)が経営する工場などからの廃液で水質が汚染されていることを発見し、兄である市長のペテル(段田安則)にレポートと改善策を提案しますが、ペテルは工事にかかる莫大な費用を理由に汚染を隠ぺいしようとします。当初はトマスと一緒に真実を告発すると意気込んでいた新聞の編集者 ホヴスタ(谷原章介)たちも手のひらを返したように市長側へと立場を変えます。トマスは市民に真実を伝えようと集会を開きますが、その場で「民衆の敵」と決めつけられ、孤立を深めていきます・・・。


パイプが取り巻き、手前(客席側にはたくさんの石ころが敷き詰められたように転がっている舞台。
老若男女 23人の民衆がズラリと並んで鋭角的なダンスのような振りをするところから物語は始まります。
民衆はこの後随所に現れて、舞台転換の役目も果たせば、新聞を読みながら1列に並んで通行したり、書類に没頭するトマスを覗き込んだり、そして集会には文字通り「民衆」として参加します。
この民衆の使い方がとても効果的かつスタイリッシュな演出で見惚れました。


続きがあります
posted by スキップ at 20:25| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする