2018年12月30日

2018年 エンタメモリー総括


時が過ぎるのが本当に速くて、去年のエンタメモリー総括をしたのがついこの間のことのようなのに、もう2018年を総括しなければならない時期となりました・・・しなければならないというのは全く個人的な感情ですが、何となくこれをやっておかないと新しい年に進めない気持ちになるのです。

観劇はじめライブ、ディナーショー、トークショー、映画などを含めて
今年のエンタメ総数は145本。そのうちリピートが27本ありますので
純粋な数となると118公演。
昨年はそれぞれ、170本、143公演でしたので15%減といったところです。

内訳は

歌舞伎・伝統芸能    45本 (8)
演劇・ミュージカル   48本 (4)
宝塚歌劇        37本(13)
Music           6本 (2)
映画          2本
その他         7本  
計          145本 (27)

(  )内はリピート数


今年は高麗屋三代襲名があって、とにかく歌舞伎をよく観たという感触。
さすがに襲名披露興行は座組も演目も力の入ったものが揃って、どの公演もとても観応えがありました。
襲名披露興行を全部観ましたので、歌舞伎座をはじめ、御園座、博多座、松竹座、南座と1年の間に5座全部観たのは初めてではないかしら。松竹座、南座と地元の公演は複数回観たため、歌舞伎のリピート数が多いのも今年の特徴です。


さて今年は、今までやりかけては途中でやめてしまうことが何度かあった、禁断の(?)チケット代総額を出してみました。


2018tickets.JPG

年間合計 1,342,543円でございます。

1つの舞台やコンサートなどを観終わるごとにExcelにコツコツ入力したものです。
券面の金額を入力しましたので、発券手数料やシステム手数料などは加算していません。もちろん、手数料なしで買ったものも多く、中には定価より少し安く手に入れたものもありますが、チケットを買っていて観に行けなかった(行かなかった)公演もありますので、全体としては+5%くらいになるでしょうか。

歌舞伎・伝統芸能のチケット代が突出しているのは、高麗屋さん襲名披露公演のチケットを後援会にお願いしたものはご祝儀の意味を込めて全て一等席にしたというところかな(・・といいつつ、自分で買い足したチケットも一等席にしたり)。

ライブビューイング以外に映画は2本観ましたが、どちらも当たったクーポンで観たので0円。
最近はプログラムはほとんど買わなくなりましたが襲名披露興行の筋書・番附は全部買ったのと、舞台写真やグッズ(REON JACK 3の必須アイテム ペンライトとか)が「プログラム等」に入っています。



5回以上行った劇場をリストアップすると

宝塚大劇場               20回 
兵庫県立芸術文化センター中ホール   15回
歌舞伎座                13回
梅田芸術劇場              12回
松竹座                     9回
南座                  5回
サンケイホールブリーゼ          5回
森ノ宮ピロティホール          5回
映画館                  7回

今年(しかも11月に)新開場した南座にすでに5回も行っているあたり・・(笑)



さて、今年のマイベストスリー。


・高麗屋三代襲名披露  「勧進帳」  「連獅子」
TERROR テロ
贋作 桜の森の満開の下



続きがあります
posted by スキップ at 21:38| Comment(4) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする