2018年12月28日

三幕一場 「ロミオとジュリエット」


rome&juli2018.jpg公演情報が発表される前に、「満島ひかり ジュリエット役降板」の情報が流れて、「へぇ、そんな舞台あるんだ」と知った作品。
シェイクスピアx宮藤官九郎さんといえば、新感線の「メタルマクベス」がとてもうまくできていて好きでしたので、「ロミジュリだとどうだろう」と楽しみにしていました。


M&Oplaysプロデュース 「ロミオとジュリエット」
作: ウィリアム・シェイクスピア
翻訳: 松岡和子  
演出: 宮藤官九郎
出演: 三宅弘城  森川葵  勝地涼  皆川猿時  
小柳友  阿部力  今野浩喜  よーかいくん  篠原悠伸  
安藤玉恵  池津祥子  大堀こういち  田口トモロヲ

2018年12月24日(月) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階D列センター
(上演時間: 2時間10分)



宮藤官九郎さんが製作発表で「なるべくまんまやる」とおっしゃっていた通り、松岡和子さん翻訳版のシェイクスピアの戯曲に忠実な台詞で構成されていました。もちろん、クドカンテイストのコメディタッチはありつつですが。

宮藤さん、初めてシェイクスピア作品を演出した「メタルマクベス」の時は、「やっぱり観た後に『意外とマクベスだったね』って言ってもらいたいなと思って」とおっしゃっていましたが、いずれも劇作家として、演劇人としてシェイクスピアへの敬意が感じられて好感。


いずれ劣らぬふたつの名家
花の都のヴェローナに
新たに噴き出すいにしえの遺恨
人々の手を血で汚す

よーかいくん演じる序詞役のこの有名な台詞から物語は始まります。


続きがあります
posted by スキップ at 21:49| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする