2018年12月07日

矢野顕子 さとがえるコンサート2018


satogaeru2018.jpg毎年12月のお楽しみ。
矢野顕子さんのさとがえるコンサート。
今年は全国5か所で開催されますが、11月28日にリリースされたコラボアルバムの参加アーティストの中から各会場ごとに違ったゲストが発表されました。

大阪は大貫妙子さん。
「わぉ!楽しみ~♪」となりました。
(他会場のゲストラインナップは、三鷹と仙台が松崎ナオさん、
名古屋がYUKIさん、東京が奥田民生さんと細美武士さん)


矢野顕子 さとがえるコンサート2018
出演: 矢野顕子(vo. pf.)
佐橋佳幸(g)  小原礼(b)  林立夫(ds)
ゲスト: 大貫妙子

2018年12月4日(火) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階G列センター
(演奏時間: 2時間20分/休憩 20分)



すごーく楽しかった!
さとがえるコンサートは毎年楽しいに決まっているのですが、今年のさとがえるはここ数年の中でも断トツに好きでした。

最初に矢野さんがステージに登場して下手のピアノを少し奏でて、「on guitar 佐橋佳幸!」と紹介された佐橋さんが上手に登場して、そのギターと短いセッションして、それからon drums 林立夫! on bass 小原礼! と一人ずつ増えて音がどんどん折り重なって、ホール中に彩りに満ちた世界が広がっていくようなオープニング、素敵だったな。

まるで楽器のように響く矢野さんの歌声、旋律が生きもののようなピアノ、そこに加わる“百戦錬磨の”ギターとベースとドラム。
本当に贅沢な時間でした。
これまでのさとがえるコンサートを見渡しても、このバンドメンバーの組合せは初めてだと思うのですが、何ていうかとてもバランスがよくて、矢野さんの歌声や楽曲とも相性抜群で、いつまでも聴いていたい感じ。そして折々に繰り出される超絶技巧にカッコイイ~とシビレたりも。


続きがあります
posted by スキップ at 22:29| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

不思議なことが起こる庭 再び 「ワンダーガーデン」


wondergarden2018.jpg花組芝居の同期 桂憲一さん・植本純米さん・大井靖彦さん・八代進一さんから成るたユニット 四獣の第1回作品。
2009年初演、2012年の再演を経て今回が3演目です。

2012年に新神戸オリエンタル劇場で観て大好きな作品になって、今回も楽しみにしていました。


四獣x玉造小劇店 「ワンダーガーデン」
作・演出: わかぎゑふ
出演: 四獣(スーショウ)
桂憲一  植本純米  大井靖彦  八代進一/
うえだひろし (リリパットアーミー)

2018年11月10日(土)6:00pm ウイングフィールド XA列(最前列)センター
(上演時間: 1時間45分)



東京・目黒にある洋館の、花が咲き乱れる見事な庭を舞台に、明治末期から昭和にかけて日本も揺れ動く時代に生きた四姉妹と彼女たちを取り巻く男性の20年間の物語を、4人が男女二役で綴る物語。

物語の始まりは明治45年(1912)。
長女の千草は25歳 次女 薫子 18歳 三女 葉月 15歳。
千草が海軍少尉 杉山孝明との結婚が決まり、孝明の妹の桜 16歳が3人の姉妹に加わって四姉妹となった年。
それから昭和7年(1932)までの20年間、迫りくる時代のうねりの中で、姉妹それぞれが様々なことを抱えながら強くしなやかに生きていく姿が、笑いも織り交ぜながらウェットにならずに描かれています。


登場人物とストーリーは2012年版の感想(こちら)を参照していただくとして。

数年ごとに描かれる場面。
葉月が桜のお見合い相手だった男性と結婚したり、桜が女優となり、葉月の元恋人と結婚して大正デモクラシーに身を投じていたり、と姉妹を取り巻く環境は刻々と変わっていくのですが、「大正○年」と字幕が出たり説明台詞一切なしで、姉妹の会話だけで今の状況がわかるという、わかぎゑふさんの脚本、ほんとすばらしいなと改めて思いました。そして、前回の感想にも書きましたが、姉妹が語る古き時代の折り目正しい日本語がとても美しくて、耳に心地よく響きます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:35| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

手ぬぐいではないけれど


image1.jpg


必要に迫られてクローゼットの整理をしていたところ、「あ、こんな服持ってた」「こんなのもあった」の嵐だった訳ですが、その中の一つに、エミリオ・プッチのスカーフがありました。
もう何十年と自分でスカーフ買ったりしていませんので、多分どなたかにお土産でいただいたものだと思われますが、それがいつのことやら・・・(←)。

シルクの大判スカーフで広げてみるとなかなかステキな柄ではあるものの、もうスカーフすることなんてないしなぁ・・と思い立って手ぬぐい額に入れてみました。

三つ折り状態なので1/3しか柄は出ていませんが、なかなかゴージャスでいい感じ。
どことなくクリスマスみもあるので今月はこれでいきたいと思います。
(ツリーの絵てぬぐいも思い出して飾ったけれど)。



それにつけてもプレゼントしてくださった方、ずーっと忘れていてごめんなさい の地獄度 (total 1986 vs 1988 )

posted by スキップ at 23:54| Comment(0) | 絵てぬぐい | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように  「修道女たち」


shudojo.jpgケラリーノ・サンドロヴィッチさんが劇団ナイロン100℃とは別に活動しているプロデュースユニットKERA・MAPの第8弾。

「宗教とは無縁な私が聖職者の物語を描きたいと欲するのは何故だろう」とフライヤーに記されたとおり、神を信じ、信仰の中で祈りながら生活を送る修道女たちとそれを取り巻く人々を描く群像劇です。


KERA・MAP#008 「修道女たち」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽: 坂本弘道  美術: BOKETA
出演: 鈴木杏  緒川たまき  鈴木浩介 伊勢志摩  
伊藤梨沙子  松永玲子  みのすけ  犬山イヌコ  高橋ひとみ

2018年11月24日(土)12:30pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール A列センター
(上演時間: 約3時間15分/休憩 15分)



6人の修道女たちが横一列に並んで祈りの歌を歌うところから物語は始まります。
修道女たちは、奇跡を起こした殉教者の聖地とされる山荘へ巡礼の旅に出る準備をしています。彼女たちの会話から、この1年の間に43人の仲間が毒殺されたこと、6人のうち2人は多額の寄付をして修道女になった母と娘であること、この修道院の運営が困窮していることなどが明らかになります。山荘に着いてからも、国王がこの宗教を邪教として弾圧したことから村人は門戸を閉ざし、彼女たちを取り巻く状況の厳しさが伝わってきます。山荘で彼女たちを迎えたのは村の娘 オーネジー(鈴木杏)と彼女に思いを寄せる帰還兵テオ(鈴木浩介)。オーネジーは修道女の一人 シスター・ニンニ(緒川たまき)が大好きで彼女に会えるのを心待ちにしていました・・・。


出発前の修道院に亡くなった修道女の兄が妹の墓参に訪れたものの、別のシスターのお墓に参っていたり
そのシスターが亡霊となって山荘に現れ、シスター・アニドーラ(松永玲子)と恋愛関係だったことが発覚したり
大やけどを負ったシスター・ダルの顔が元通りに戻ったり
オーネジーが小屋番のドルフ(みのすけ)を殺したり(→実は死んでおらず、テオが殺す→も死んでいない)
テオが戦地で噛まれた虫がもとで身体が木になっていったり

・・・と様々な事象が起こりますが、この芝居の白眉は、修道女たちが村人から差し入れられた葡萄酒を飲む場面。


続きがあります
posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする