2018年12月16日

芸術祭十月大歌舞伎 夜の部


kabukiza201810.jpgたとえ私のようなミーハーなファンでも、歌舞伎好きという限りは、贔屓の役者さんが出る出ないにかかわらず見逃してはならない・・・というより「万難排してでも絶対観るべき」興行が時折あって、十月大歌舞伎 夜の部 「助六」は間違いなくその一つだと思います。
後々語り継がれる興行になるのではないかな。


歌舞伎座百三十年
芸術祭十月大歌舞伎 夜の部
十八世 中村勘三郎七回忌追善

2018年10月24日(水) 4:30pm 歌舞伎座 1階4列上手



一、 宮島のだんまり
出演: 中村扇雀  中村錦之助  市川高麗蔵  中村歌昇  坂東巳之助  
中村種之助  中村隼人  片岡亀蔵  市村萬次郎   坂東彌十郎 ほか
(上演時間: 26分)


えーっと、これがですね・・・あまり記憶がない💦
ふわふわと夢の中を漂い、目を開けるたびに舞台上に人が増えているという(笑)。

昼夜通しで観ると必ず一つはこんな演目ができてしまう自分を戒めたい。
ごめんなさ~い。



二、義経千本桜 「吉野山」
出演: 中村勘九郎  坂東巳之助  坂東玉三郎 ほか
(上演時間: 50分)


冒頭に「今回の『助六』は後々語り継がれる」と書きましたが、この「吉野山」もそうなるのではないでしょうか。本当にすばらしかったです。
もともと好きな演目でよく拝見しますが、この十月の「吉野山」は忘れられないものとなりました。


軍記物でキリリメイクの勘九郎さんのカッコよさも、キレのある踊りのうまさも百も承知の上で観ても、忠信実は源九郎狐とてもよかった。
下座音楽に乗ってぴピタリピタリとキマる型にホレボレ
体幹がぶれることなく、体の中心軸ごとすーっと移動して、まるで雲の上で踊っているような軽やかさ。
戦物語の踊りも、兄の継信討ち死にの無念さ、悔しさがが伝わってくるよう。
柔らかさと力強さを兼ね備えて、しかも色っぽくて(私はかねがね、勘九郎さん好きだけどもうちょっと色気が出たらなぁと言っていたのを今回で撤回しますワ)、玉三郎さん静御前と二人並んだ立雛はため息が出るほどの美しさ。


続きがあります
posted by スキップ at 17:30| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

♪ぼ~くの~ 叫びを~ きいて~くれ~ 雪組 「ファントム」


phantom2018.jpgガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに1991年に初演されたミュージカル。
宝塚では、2004年 宙組 和央ようか・花 まりコンビで初演されてい以来再演を重ね、今回が4回目の上演ですが、私は2011年花組が初見でした。
その前に大沢たかおさん主演版も観ていたのですが、どちらもさほど好きという訳ではありませんでした。
でも今回・・・。


宝塚歌劇雪組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「ファントム」
原作: Gaston Leroux
脚本: Arthur Kopit
作詞・作曲: Maury Yeston
潤色・演出: 中村一徳  
翻訳: 青鹿宏二
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  彩凪翔  朝美絢  舞咲りん  
奏乃はると  煌羽レオ  永久輝せあ  綾凰華  彩みちる  縣千 ほか

2018年11月15日(木) 11:00am 宝塚大劇場 2階3列上手/
11月22日(木) 1:00pm 1階22列センター/
12月13日(木) 11:00am 1階10列下手
(上演時間: 3時間/休憩30分)



新演出ということで、冒頭の映像からとても凝っていました。
オーバーチュアに乗ってパリの街が昼から夜への更けていき、月が出て、その月がファントムの仮面の形になって、無数のろうそくの灯りと水が幻想的なオペラ座の地下へ導かれて・・・とまるで映像作品のよう。

一点、映像という点では、あの大きなシャンデリアが落ちてくるシーンで周りにナナメの雷光みたいなのがたくさん映し出されるのはちょっとうるさかったな。せっかくのシャンデリア落下がかえって際立たない感じで残念でした。


image2 (4).jpg

image1 (11).jpg


いや~、歌がうまいってすばらしいな、とこれほど感じた公演はありません。
望海風斗&真彩希帆という「歌うまコンビ」でこの作品をやると発表された時からみんなが期待していた通り、いやそれ以上のものを見せてくれました。
1回目観た直後からいろんな曲が脳内リフレインして、「あれ?この曲なんだったかな?」と考えるとすべて「ファントム」の曲だったという、私にしては珍しい感覚でした。このミュージカルの楽曲の美しさすばらしさも今回初めてちゃんと感じた気がします。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

今年もシュトーレンがある幸せ


image1 (2).jpg

一昨年のクリスマスシーズンに素敵なお姉様に教えていただいた BURDIGALA のシュトーレンがとてもおいしくて、昨年は自分で買って友人にもプレゼントして・・という記事を昨年アップしましたが(こちら)、昨年は買うのを忘れていてたまたま見かけて買ったシュトーレン、今年はちゃんと覚えていて、先日ブリーゼに行く前に寄り道して買いました。

友人や自分の分はもちろん、事前にサイトで確認したら、シュトーレンは一応、大阪店限定ということのようですので(オンラインショップでは買えるけど)、近々お目にかかる予定の東京の先輩へのプレゼント用にギフトボックス入りのも買っちゃった!


去年よりさらにおいしい気がするシュトーレン。
ほんとにいつの間にこんなにシュトーレン好きになったのかしら・・・今のところ BURDIGALA のものに限るのですが。
毎日少しずついただくの、ほんと幸せ。


image2 (2).jpg

もうかなり小さくなってしまったけど断面こんな感じです。
どうしてフルーツバスケットに入っているかというご質問はこの際却下。




おいしくてクリスマスを待たずに完食するの確実 のごくらく地獄度 (total 1990 vs 1992 )



posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

陰陽師&ダ・ヴィンチ 宙組 「白鷺の城/異人たちのルネサンス」


ijhintachi.jpg♪ぼ~くの~ 叫びを~ きいて~くれ~
とエリックの歌声がリフレインしてすっかり「ファントム」脳になってしまっているワタクシではございますが、その前に宙組もちゃんと観ました。


宝塚歌劇宙組公演
-本朝妖綺譚- 「白鷺の城」
作・演出: 大野拓史
ミュージカル・プレイ
「異人たちのルネサンス」—ダ・ヴィンチが描いた記憶—
作・演出: 田渕大輔
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  
純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  愛月ひかる  
蒼羽りく  桜木みなと  和希そら  留依蒔世  
瑠風輝  天彩峰里  夢白あや ほか/特別出演 松本悠里 (専科) 

2018年10月7日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階13列センター/
10月28日(日) 11:00am 1階24列下手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)




image2.jpg


-本朝妖綺譚- 「白鷺の城」

白皙の貴公子 陰陽師・安倍泰成(真風涼帆)と、艶やかに人心を惑わす妖狐・玉藻前(星風まどか)。
平安時代に始まり、時を越え、場所を変えて千年にわたって転生を繰り返しながら、争い、そして魅かれ合う二人が名城「白鷺の城」で終に決着の日を迎えるまでの宿縁を日本物レヴューで描いています。


ストーリー仕立てになっている和物舞踊ショー。
時代が飛ぶので少しわかりにくい面もありますが、「葛の葉」「陰陽師」「白鷺城の富姫様」と歌舞伎で知っている上に好物の題材でもあり、全体としておもしろく拝見。

真風さんの転生を順に追っていくと、
プロローグ  幸徳井友景(江戸時代) → 回想  安倍泰成(平安時代) → 吉備真備 (古代中国・殷王朝)→ 栗林義長(戦国時代) →幸徳井友景(江戸時代)
となって、その時代ごとに玉藻前も転生して出会うというストーリー。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

スマホは本に代われない・・・と信じたい 「華氏451度」


451.jpgレイ・ブラッドベリが1953年に発表した「華氏451度」。
ジョージ・オーウェルの「1984年」(1949年刊行)とともにディストピア小説の両輪とも言われる作品ですが、今年、その2本が相次いで舞台化されたのは何とも意味ある符号のように思えます。
つくり手である演劇人の危機感の表れ、現代社会への警鐘なのでしょうか。


「華氏451度」
原作 :レイ・ブラッドベリ
上演台本: 長塚圭史 
演出: 白井晃 
音楽: 種子田郷
舞台美術: 木津潤平  照明: 大石真一郎
映像:宮永亮、栗山聡之
出演: 吉沢悠  美波  堀部圭亮  粟野史浩  
土井ケイト  草村礼子  吹越満

2018年11月4日(日) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階D列(最前列)センター
(上演時間: 2時間)



「華氏451度」とは紙(書物)が燃える温度(摂氏だと233度)。
物語の舞台は徹底した思想管理体制のもと、情報が全てテレビやラジオによる画像や音声などの感覚的なものばかりの社会で書物を読むことも所持することも禁じられた近未。
本を所持する人を摘発し、書物を燃やす「ファイアマン」として模範的なモンターグ(吉沢悠)は、大人びた少女クラリス(美波)との交流や、蔵書を摘発しに行った家の老女(草村礼子)との出会いを通じて、これまでの生き方に疑問を感じ始めます。モンターグは仕事の現場から隠れて持ち出した数々の本を読み始め、社会への疑問が高まっていきますが、妻ミルドレット(美波2役)から告発され、上司ベイティー隊長(吹越満)から追及を受けて追われる身となります・・・。


舞台三方を取り囲むように、天井までぎっしりと本で埋め尽くされた巨大な書棚にまず圧倒されます。
ここにプロジェクションマッピングで本の背表紙やTVの液晶画面などが映し出されます。
ファイアマンたちは書棚から無造作に本を抜き出し、火炎放射機で燃やします。床に散乱に積もっていく白い書物・・・。
ラストのすべてを包み込むような大きな満月。神秘的な鹿の姿も印象的でした。
舞台美術の木津潤平さんは存じ上げない方だと思って調べたら、建築家の方なのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

妖怪も妖精も大人になったら見えなくなるの? 「ゲゲゲの先生へ」


gegege.jpgイキウメ主宰の前川知大さんが「水木しげる作品へのオマージュ」と銘打った舞台。

「水木しげる先生の、ある一つの原作の舞台化でも、評伝でもありません。大切にしたいのは、水木先生の人生観、世界や不思議との関わり方です。膨大な作品群から、登場人物や言葉、エピソードをお借りして、一つの物語に編み上げます。私というフィルターを通して出てくるものが、果たして水木作品と言えるのか。根拠は霊感でしかありませんが、オリジナルストーリーでありながら、水木しげる原作としか言えない演劇作品が目指すところです」
とフライヤーノートの前川さん。


「ゲゲゲの先生へ」
原案: 水木しげる
脚本・演出: 前川知大
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保
音楽: かみむら周平
出演: 佐々木蔵之介  松雪泰子  水田航生  水上京香  手塚とおる  
池谷のぶえ  浜田信也  盛隆二  森下創  大窪人衛  白石加代子

2018年11月3日(土) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール C列センター
(上演時間: 2時間)



舞台は平成60年の日本。
出生率が極度に低下し、妊婦は政府の管理下に置かれ、生まれた子どもも取り上げられてしまいます。管理された都市部から逃れて過疎の村のあばら屋にやってきた忠(水田航生)と妊娠中の恋人 要(水上京香)は、この家に住む根津(佐々木蔵之介)と出会います。この家に30年住んでいるという根津は、少年時代の辛苦から魂を半分失い、花子(松雪泰子)、おばば(白石加代子)、豆蔵(森下創)に拾われて半妖怪となったのでした。その頃都市では、突如出現した謎の怪物によって混乱していました・・・。


「ゲゲゲの鬼太郎」をテレビで観たことはあっても、原作を読んだことはなくて、水木しげるさんの他の作品も読んだことのない不肖スキップ(ちなみに朝ドラ「ゲゲゲの女房」も見ていませんでした)。オリジナルストーリーとはいえ、どの部分に水木作品が採り入れられているとか反映されているとか、正直なところよくわかりませんでした。

全体の感触としては、イキウメの、人と人外のものがシームレスに行き交う世界観はそのままに、よりファンタジー寄りにした作品という印象。
科学や理性では計り知れない存在を見る目がやさしく、ちょっぴりユーモラスでもあって、観終わって温かい気持ちになる楽しい舞台でした。

いつものイキウメ=前川作品の、真実を突きつける、現代を切り込むようなテーマ性はさほど感じられないものの、出てくる妖怪たちは現代社会への風刺をまとっていて、このあたりは私が「ゲゲゲの鬼太郎」からイメージする水木ワールドであり、前川作品とも共通する世界観です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:14| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする