2018年12月24日

クリスマスケーキ事情 2018


image2.jpg


Merry Christmas

クリスマスといっても特にこれといってイベントもない不肖スキップではありますが、普段それほど積極的にケーキを買ったり食べたりする方ではなく(十分してるでしょ、というご指摘はこの際却下)、ましてやホールケーキ買うことなんて皆無に近いのでクリスマスぐらいは、と毎年一番小さいサイズのホールケーキを買うことにしています。

ここのところ レ・グーテ Les gouters のクリスマスケーキがお気に入りで毎年楽しみにしていたのですが、今年はバタバタしていて気づいた時には予約終了しており・・・
(予約なしで当日買うこともできるのですが、あの行列に並ぶなんてワタシ的には”ない”こと)

せっかくだからおいしいのじゃないとイヤだし、かといって日頃からスイーツリサーチしている訳でもないので代替案も思いつかず、ついに迎えたクリスマスイブ。

サンケイホールブリーゼへ「ロミオとジュリエット」を観に行って、その前にBURDIGALAでランチしたのですが、ぼんやり眺めていると予約をした方が次々とクリスマスケーキを受け取りにいらっしゃっていました。

そうだ!ブルディガラのケーキならおいしかろ、と帰り際に「クリスマスケーキは予約していなくても買えるのですか?」と伺ってみたところ、「こちらの3点のみお買い求めいただきます」と案内されたショーケースに私の理想にぴったりの「ノエル・ブラン」の4号サイズが。
あとの2台はノエル・ショコラ・エラブル(チョコレートケーキ)でしたので、まさに最後のひとつでした(何となくクリスマスケーキは白い生クリームの上に赤いイチゴがのっていてほしいのだ)。

「これから観劇なので」とお伝えしてお支払いだけ済ませて取り置いていただいて、帰りに無事受け取りました。
こうして手に入れたクリスマスケーキは期待どおりおいしく、キンキンに冷やした泡ともよく合って、満足ぢゃ

こうなると、来年のクリスマスケーキ レ・グーテにするかブルディガラにするか迷う~
↑ 鬼に笑われます。



それでは皆さま Very Merry Christmas


posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

10・20・30・40 「タカラヅカスペシャル2018」


takasupe2018.jpg今年もやってきました「タカラヅカスペシャル」。
目が足らなくても、ライブ中継あっても、やっぱりナマで観るのが一番楽しい♪


「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」
監修: 石田昌也
構成・演出: 中村一徳  藤井大介  稲葉太地
出演: 
専科: 轟 悠  華形ひかる  凪七瑠海
花組: 明日海りお  瀬戸かずや  鳳月杏  仙名彩世  水美舞斗  柚香光 ほか    
月組: 珠城りょう  美弥るりか  月城かなと  夢奈瑠音  暁千星  美園さくら ほか
雪組: 望海風斗  彩凪翔  彩風咲奈  朝美絢  永久輝せあ  真彩希帆 ほか
星組: 紅ゆずる  七海ひろき  天寿 光希   礼真琴  瀬央ゆりあ  綺咲愛里 ほか

2018年12月21日(金) 6:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階18列下手
(上演時間: 2時間25分/休憩 30分)



10・20・30・40

最初のMCでテーマは「10・20・30・40です」

TCAスペシャルから宝塚スペシャルになって10年
宙組誕生から20年=5組体制となり東京通年公演するようになってから20年
平成30年で平成最後のタカラヅカシャル
バウホール誕生40年

ということで、平成を10年ごとに区切った大劇場作品のメドレーやバウホール名作集もありました。
パロディは今年もなくて、各組ごとに歌とダンスで今年1年の上演作を振り返り。
もうパロディやらないのかな。お稽古も大変そうだし。今となってはあのグダグダぶりもなつかしい。


続きがあります
posted by スキップ at 22:12| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

2018 ラストトーキョー


image1.jpg


今日は東京へ。

ペニンシュラ東京で友人とお茶 → 音楽劇 道(日生劇場)→ 大人計画30祭(スパイラルホール)→ 高麗倶楽部パーティ(ホテルオークラ)と巡って、日帰りながらなかなか盛りだくさんに楽しみました。

これが今年のラスト遠征でした。
諸般の事情により遠征(も含めて宿泊を伴う旅行)を控えていることもあって、
2018年の東京遠征は

日帰り 4回
宿泊  2回

と激減。
この他に、名古屋と福岡にそれぞれ1泊しました。

それでも、今年も変わらず観たい時に観たい舞台を楽しめた1年に感謝。


画像は今日東京で出会ったクリスマスツリーコレクション。
この季節の東京はどこに行っても華やか。



image1 (11).jpg

ペニンシュラ東京の正面玄関の屋根はこんなふうになっていてとてもキュート。
これ、夜見たら綺麗だろうな。



2018年 今年も東京ありがとう 名古屋も福岡も の ごくらく度 (total 1995 vs 1997 )


posted by スキップ at 23:48| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

松竹座 十月大歌舞伎 昼の部

shochikuza201810.jpg十月はもう1本、こちらでも歌舞伎を観ました。


市川右之助改め 二代目 市川齊入
市川右近改め 三代目 市川右團次  襲名披露
十月大歌舞伎 昼の部

2018年10月3日(水) 11:00am 松竹座 2階1列上手



一、三代猿之助四十八撰の内  華果西遊記
市川右團次 市川右近  宙乗り相勤め申し候
作: 三世河竹新七
脚本: 石川耕士
演出: 市川猿翁
出演: 市川右團次  市川右近  市川笑三郎  
市川弘太郎  市川猿四郎  大谷廣松  中村米吉 ほか
(上演時間: 1時間5分)


これまでにも何度か拝見している楽しい演目ですが、今回は何と言っても、右近ちゃん(孫悟空の分身)でしょう。

姿形がとびきり可愛いのはもちろん、 松竹座の舞台に響く声、如意棒クルクル回したり見得したり、大人顔負けの技を繰り出すたびにどよめく客席。
宙乗りでも、右團次さん孫悟空と合わせて見得したり、高さに臆することなくジャンプするように觔斗雲をキュッと上げたり、度胸満点。
おばちゃんたちのハートを鷲づかみにして、やんややんやの拍手に送られて觔斗雲に乗って飛んでいきました。

もちろんご本家 右團次さん悟空は大活躍だし、、弘太郎さん猪八戒、猿四郎さん沙悟浄と三人の棒づくしの踊りは見ものだし、笑三郎さん西梁国の女王はいかにも魔性のオンナだし、米吉くん三蔵法師は清廉な美しさの中に品もあって色っぽいし、で見どころたっぷり、やはり楽しい演目でした。

そういえば、トンボ切る花四天(西遊記では蜘四天)さんのかつら取れたの初めて見たー。



image1 (2).jpg

カッコイイ祝幕は黒田征太郎さん画

天と地の間を。
あの世と。この世とを。
自由に自在にいったり、きたりする人達がいる
そんな人を 祝うとすれば
七つの色の 雲を呼ぶしかないだろう。
美の嵐をみたいです。

とメッセージが添えられていました。


続きがあります
posted by スキップ at 20:14| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

Merry MarieBelle Christmas


image1 (4).jpg

いつもクリスマスシーズンに素敵なスイーツを贈ってくださる方から
今年もひと足早いクリスマスプレゼントが届きました。


CACAO MARKET by MarieBelle
チョコレートボール アソート ボトルです。

ラズベリーのドライフルーツをチョコレートでコーティングしたものや、エスプレッソ味のチョコレートとキャラメルを組み合わせたもの、フレッシュミント味のチョコレートでモルトボールを包んだもの、そしてミルクチョコレートとプレッツェルの塩味が効いたものなど、7種の色とりどりのチョコレートボールがアンティーク風のミルクボトルに入っています。

こちらのチョコレートボール、以前自分で取り寄せたこともある ほどお気に入りで、しかもこんなカワイイミルクボトルが3本も! とテンション上がって上機嫌のクリスマス1週間前の夜でした。



前にも書いたけどおいしすぎてつい食べ過ぎるのが玉にキズ のごくらく地獄度 (total 1994 vs 1996 )

posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

芸術祭十月大歌舞伎 昼の部


image1 (2).jpg芸術祭十月大歌舞伎は十八世 中村勘三郎の七回忌追善。
七回忌って、もうそんなになるのかと愕然としますが。


歌舞伎座百三十年
芸術祭十月大歌舞伎 昼の部
十八世 中村勘三郎七回忌追善

2018年10月24日(水) 11:00am歌舞伎座 
3階2列下手



一、三人吉三巴白浪  大川端庚申塚の場
作: 河竹黙阿弥
出演: 中村七之助  坂東巳之助  中村鶴松  中村獅童
(上演時間: 27分)


七之助さんでお嬢吉三といえば2014年のコクーン歌舞伎が記憶に新しいところですが、純粋歌舞伎版はその前に浅草歌舞伎でやっていらして以来かな。

怜悧な美しさ際立つ七之助さんは、お嬢とか弁天とか、こういう役が本当によくハマります。
声もいいのですが、今回は「月も朧に白魚の・・・」という黙阿弥独特の七五調の流麗な台詞が思ったほど響いてきませんでした・・・三階席だったから?
巳之助さんのお坊、獅童さんの和尚ともに、何となくおとなしい感じ。
浅草やコクーンとは舞台の大きさが全く違っていることも要因かもしれません。

中村屋兄弟ってうまく棲み分けができていて、「三人吉三」でいえばコクーンでもそうだったように、お嬢=七之助さん、和尚=勘九郎さんなイメージですが、思えば勘三郎さんはその両方ができる役者さんだったなぁ、と改めて。
どちらかといえば勘九郎さんが受け継いで両方やる感じですが、このごろあんまり女形やらなくなっちゃったしなぁ。



続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする