2018年11月28日

今この時の 「連獅子」  當る亥歳吉例顔見世興行 昼の部


renjishi.jpg

今思い出しても胸がキュッとします。
涙でるとか泣くとか、もうそういうレベルの話ではなかったです。ただただすばらしかった。
できることなら何度でも、何度でも観たかった。


當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同歌舞伎 昼の部
「連獅子」
狂言師右近後に親獅子の精  松本幸四郎
狂言師左近後に仔獅子の精  市川染五郎
僧蓮念 片岡愛之助/僧遍念 中村鴈治郎
2018年11月1日(木) 10:30am 南座 3階1列センター/
11月21日(水) 1階2列下手
(上演時間: 50分)



美しく清冽な連獅子。
優美で気品ある狂言師右近と左近
獅子となってからはまさしく霊獣
大きくて、優しさと厳しさを併せ持つ親獅子
そんな親獅子に真っ直ぐ、真っ向うから挑む仔獅子
今、この二人の連獅子を観ることができて、本当に心から幸せでした。


幸四郎さんは「『連獅子』は親子の物語ではありますが、狂言師の左近と右近が踊りを見せる舞踊でもあります。僕自身の解釈としては(親獅子と仔獅子の)踊り比べで、どっちが勝つかという踊りだど思っています」と記者発表の席でも、先斗町夜話でもおっしゃっていて、染五郎くんは「親獅子を崖から突き落とす勢いでやりたいと思います」と返して話題になりましたが(口上でもそうおっしゃっていました)、本当にその通りの連獅子でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする