2018年11月21日

シェイクスピア鑑賞ビンゴ


twitterのお芝居好き仲間(と呼ばせていただくのはおこがましいですが)peatさんが宮藤官九郎さん演出「ロミオとジュリエット」初日を記念してシェイクスピア鑑賞ビンゴをつくってくださった(こちら)がおもしろくて私もやってみました。


bingo.jpg

結果はこのとおり。
25本中23本観ていて、7ビンゴ。
我ながらよく観ています。

タイトルで「これ観た!」とすぐに思い当たるものがほとんどなのですが、中には「どうだったかな?」と思う作品もあって、自分のブログ検索してみて「やっぱり観てた~」となって、ブログに感想残すって大事、と改めて思ったり。

蜷川幸雄さん演出で観たものが多いですが、「十二夜」は蜷川さん演出版は歌舞伎で、ジョン・ケアードさん演出のものも観ていたり、「テンペスト」は文楽、「真夏の夜の夢」はオペラや花組芝居でも観ています。
「ロミオとジュリエット」に至っては蜷川さん演出版はもちろん、小池修一郎さん演出宝塚版、東宝ミュージカル版、フランス来日版、ジョナサン・マンヴィ演出、子供のためのシェイクスピアと多彩。
「オセロー」は劇団☆新感線では「港町純情オセロ」だったり、「リチャード三世」はいのうえひでのりさん演出で「鉈切り丸」となったり。

このビンゴに入っていない作品も含めて、シェイクスピア作品の懐の深さと普遍性を感じます。



そして自分の過去ログ読み返すのもなかなか楽しかったよ のごくらく度 (total 1981 vs 1983 )




posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする