2018年11月03日

月組総力結集 「エリザベート」


elisabeth2018.jpgただ今絶賛東京公演中。
「エリザベート」は1996年の日本初演以来、上演回数1,000回以上を誇る宝塚歌劇の代表作の一つ。
今回が10演目。10人目のトートです。

・記念すべき10作目
・上演期間中に観客動員250万人を迎え
・長らく月組トップ娘役をつとめた愛希れいかさんのサヨナラ公演

とただでさえ話題満載なのに、今公演期間中に台風21号・24号の影響でなんと23年ぶりに公演が中止になったり、さらには、美弥るりかさん休演のため、フランツ、ルキーニといった大役が代役となるなど、とてもドラマチックで忘れられない公演となりました。


宝塚歌劇月組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」
脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場協会
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  光月るう  夏月都  
紫門ゆりや  白雪さち花  千海華蘭  輝月ゆうま  晴音アキ  月城かなと  
蓮つかさ  海乃美月  暁千星  美園さくら  風間柚乃  天紫珠李  蘭世惠翔 ほか

2018年8月25日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階2列センター/
9月6日(木) 11:00am 1階4列センター/9月29日(土) 11:00am 1階9列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



「エリザベート」という作品自体の感想は、これまでに宝塚版、東宝版ともに散々書いてきましたので、繰り返しては書きませんが、「やっぱりエリザ好きだな」というのがまずは、の感想。
大劇場ロビーの自動演奏のピアノが♪闇が広がる を奏でているのが聞こえるだけで気持ちアガリます。

楽曲のよさはもちろん、自由を求め、死に惹かれたエリザベートという女性の人生にハプスブルク家・・というよりヨーロッパの王族そのものの落日を重ねたストーリーも何度観ても深さを感じますし、彼女を取り巻く人々それぞれの思いが切ない。

今回の月組版で最も印象的だったのは総合力でしょうか。
専科から誰も特出せず、マックスパパもゾフィもすべて組子が演じていましたし、あまり役が多くないとはいえ、すべての役が手堅い。
合唱も「え?月組こんなにコーラスよかったっけ?」と思うほど。
1回目観た時は2列目センターだったこともあってか♪ミルク の迫力たるや凄まじかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:56| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

吉例顔見世興行初日&南座新開場 おめでとうございます


image2 (7).jpg

本日は「當る亥歳 吉例顔見世興行」高麗屋三代襲名披露ならびに南座新開場の初日。
本当に本当におめでとうございます。


今年一月に始まった高麗屋襲名披露興行の掉尾を飾る興行。
一月二日の歌舞伎座初日に行ったのがついこの間のことのようなのに・・・。


image1 (4).jpg

開場の10時少し前に到着すると南座前は大混雑で報道のカメラも多数出ていて、いつにも増してにぎやか華やか。
先日のお練りの時にも感じましたが、歌舞伎界にとって南座と顔見世はやはり特別な存在。
そんな南座で歌舞伎が観られる幸せを感じます。

歌舞伎観るのはもちろん、今月は東の方から顔見世を観にいらっしゃるお友だちとのお楽しみもあれこれあって、うれしくなかなか忙しいひと月になりそうです。



高麗屋三代襲名 最後まで見届けたいと思います のごくらく度 (total 1974 vs 1978 )

posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする