2018年11月21日

シェイクスピア鑑賞ビンゴ


twitterのお芝居好き仲間(と呼ばせていただくのはおこがましいですが)peatさんが宮藤官九郎さん演出「ロミオとジュリエット」初日を記念してシェイクスピア鑑賞ビンゴをつくってくださった(こちら)がおもしろくて私もやってみました。


bingo.jpg

結果はこのとおり。
25本中23本観ていて、7ビンゴ。
我ながらよく観ています。

タイトルで「これ観た!」とすぐに思い当たるものがほとんどなのですが、中には「どうだったかな?」と思う作品もあって、自分のブログ検索してみて「やっぱり観てた~」となって、ブログに感想残すって大事、と改めて思ったり。

蜷川幸雄さん演出で観たものが多いですが、「十二夜」は蜷川さん演出版は歌舞伎で、ジョン・ケアードさん演出のものも観ていたり、「テンペスト」は文楽、「真夏の夜の夢」はオペラや花組芝居でも観ています。
「ロミオとジュリエット」に至っては蜷川さん演出版はもちろん、小池修一郎さん演出宝塚版、東宝ミュージカル版、フランス来日版、ジョナサン・マンヴィ演出、子供のためのシェイクスピアと多彩。
「オセロー」は劇団☆新感線では「港町純情オセロ」だったり、「リチャード三世」はいのうえひでのりさん演出で「鉈切り丸」となったり。

このビンゴに入っていない作品も含めて、シェイクスピア作品の懐の深さと普遍性を感じます。



そして自分の過去ログ読み返すのもなかなか楽しかったよ のごくらく度 (total 1981 vs 1983 )




posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

解禁!


image1.jpg

昨日は、宝塚歌劇月組「エリザベート」東京千秋楽ライブ中継を観て、物語はもちろん、それに続く愛希れいかさんサヨナラショーやご挨拶にも涙をいっぱい流して、のどもカラカラになったところで、別の映画館で同じライビュを観ていた友人とミナミで合流して打ち上げ。

すごく好きという訳でもないのですが、毎年何となく縁起物のような感覚で飲んでいるボジョレーヌーヴォー。
ここはやっぱり飲んでおかないと、と3日遅れで解禁です。

今年のボジョレーは歴史に残る優良年だとか。
お店にある2種類をいただきましたが、両方ともおいしかったです。
どちらかといえば、右のボトルの方がボジョレーとは思えないくらい少し重めで私好み。
(お店の方に言わせると、こちらの方がちょっと高いからおいしいのですって)


Georges Duboeuf BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU Selection Plus 2018
(ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2018)

ですって。
覚えておきましょう(多分忘れるけど)。




写真撮った時は2本ともほぼ空いてるけど3人で飲んだんだってば のごくらく地獄度 (total 1980 vs 1983 )


posted by スキップ at 23:52| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

あの街灯の下で4人で声を合わせた瞬間が最高だった 「ジャージー・ボーイズ」


jerseyboys2.jpg

1960年代に活躍したアメリカのヴォーカルグループ ザ・フォーシーズンズの結成から成功、解散まで、その光と影の日々を、その名のとおり、春夏秋冬と四季をたどって4人のメンバーがそれぞれの視点で語り継ぐ物語。
その物語を彩るフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの名曲の数々。

ブロードウェイで2005年に初演された作品。
その後、クリント・イーストウッド監督による映画化を経て日本版初演は2016年。
数々の演劇賞を受賞してとても評判のよい作品でしたが、関西公演がなかったことあって今回初見。
初演を観なかったことが悔やまれるほどすばらしい舞台でした。


ミュージカル 「ジャージー・ボーイズ」 チームWHITE
脚本: マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
音楽: ボブ・ゴーディオ
詞: ボブ・クルー
演出: 藤田俊太郎
翻訳:  小田島恒志   訳詞:  高橋亜子
音楽監督: 島 健
美術: 松井るみ
出演: 中川晃教  中河内雅貴  海宝直人  福井晶一
太田基裕  阿部裕  畠中洋  綿引さやか  小此木まり  まりゑ  
遠藤瑠美子  大音智海  白石拓也  山野靖博  石川新太

2018年10月26日(金) 6:00pm 新歌舞伎座 1階1列センター
(上演時間: 2時間50分/休憩20分)



物語: ニュージャージー州の片田舎で、"天使の歌声”を持つフランキー(中川晃教)は、成功を夢見る兄貴分のトミー(中河内雅貴)とニック(福井晶一)のバンドに迎え入れられます。なかなか売れない日々の中、作曲の才能溢れるボブ(海宝直人)が加入。やがて4人のハーモニーが認められ、「ザ・フォー・シーズンズ」としてレコードデビュー。「Sherry」をはじめとする全米ナンバー1の楽曲を次々に生み出していきます。
しかし輝かしい活躍の裏では、莫大な借金やグループ内での確執、家族の不仲など、さまざまな問題が彼らを蝕び・・・。


トミー(春)→ ボブ(夏)→ ニック(秋)→ フランキー(冬)と語り継いで、それぞれの時代で象徴的な出来事を描いていきます。
名もなき若者たちの成功への渇望、その成功と引き換えに失う家庭的な幸せ、若くして名声を得たグループにつきものの軋轢や崩壊・・・と、ストーリーとしては、それが実話に基づいたものであるとはいえ、いかにもありがちな物語と言えます。

ですが、そこに描かれる様々な葛藤の中に自分自身を見たり、はたまた若い頃に憧れて、やがて私たちの前から姿を消したバンドの姿を重ねてみたりもして、何ともいえない切なさを味わうことにもなりました。

ただ、違っていたのは、彼らにはいつも「音楽」があったということ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:38| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

虹色の道が広がる 「REON JACK 3」


reonjack3.jpgこの公演が発表された時、うれしい反面、昨年の「REON JACK 2」(レポ)があまりにすばらしかったので、果たしてあれを超えるものができるのか、楽しいけれどちょっぴりがっかり、なんてことになりはしないか些か不安でした。
が、そんな気持ちも期待もすべて REON にJACKされたよねー。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 3」 
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  辻本知彦  YOSHIE  Cristian&Nao
出演: 柚希礼音  大貫勇輔 大村俊介(SHUN) YOSHIE クリスティアン・ロペス
DANCERS: 井出恵理子  周平  砂塚健斗  丹羽麻由美  吉岡理土
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   MARU(Cho)

2018年11月8日(木) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階15列センター/
11月10日(土) 1:00pm 1階9列上手/11月11日(日) 1:00pm 2階1列下手
(上演時間: 2時間+α)



「REON JACK 2」と同じメンバー(上野水香さんを除く)、同じミュージシャンが揃った奇跡のようなコンサート。
2の進化形というより、「REON JACK」のまた新しい一面を見せてくれたという趣き。
MCで柚希さんもおっしゃっていましたが、「前回よりもさらに多くの場面に出ていただいた」4人とのコラボはもちろん、柚希さん抜きのシーンも見どころたっぷり。
ダンスも、クラシックやタンゴ、ジャズ、ストリート系にコンテンポラリーと盛りだくさんで、これはもうコンサートというより、洗練されショーアップされたエンターテインメントステージでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

ボイスメモ初起動 (柚希さんのおかげ)


本日は「REON JACK 3」大阪公演初日でした。
ガマンして東京公演に行かなかったので、ほんと、待ってた。
そして、待った甲斐あって、とても楽しくカッコイイ柚希さんを堪能できるコンサートでした。


REON JACK といえばいつも数々のグッズが販売されて、日頃グッズ類にはさほど興味ないワタクシではありますが、柚希さんのものとなるとそういう訳にもいかず(^^ゞ


今回とても楽しかったのはこちら。


image2 (2).jpg

image1.jpg


37card

電話でボイスメッセージが届くトレカですって。
まぁ、世の中いろいろと進化しているのね。


東京公演前にチラッと見ていたのですが、どういうことかよくわからず、説明もあまりちゃんと読ます、とりあえず今日買って帰って先ほどやってみたら、「何これ、たのし~」となりました。


1.カードに記載の電話番号を自分の携帯の連絡先に登録する
2.電話番号に電話して、やはりカードに記載のシークレットコードを入力して電話を切る
3.すぐに携帯に電話がかかってきて出ると、「もしもし 柚希礼音です」とカワイイ声が


写真とメッセージは日替わりで全7種類。
これ、全部ほしくなるやつです(笑)。


宝塚時代にも会で公演終了後にメッセージ聴けるのありましたが、あの進化系かな。
今日のメッセージがあんまりかわいくて、電話では1回きりしか聴けませんが、WEBなら何度でも聴けるということで、何回も繰り返して聴いた挙句、スマホに残しておきたいと、これまで一度も使ったことがないiPhoneのボイスメモを初めて起動。四苦八苦して録音しましたとさ。

これでボイスメモの使い方覚えたワ(←今ごろ)。
ほんと、柚希さんのおかげでいろんなこと、勉強になります。



これ、全部ほしくなるやつ~(再び) のごくらく地獄度   (total 1977 vs 1981 )



posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

デビューのその先へ 星組 「デビュタント」


debutante.jpg台湾公演中の星組のお留守番を一手に引き受けた感のある瀬央ゆりあさん。「New Wave!-星-」に続く2作目はバウホール単独初主演。

音楽学校時代、「絶対に腐るなよ。腐ったら終わりだから」という言葉を贈られたという正塚晴彦先生の作品で登場です。


宝塚歌劇星組公演 「デビュタント」
作・演出: 正塚晴彦
出演: 瀬央ゆりあ  音波みのり  漣レイラ  紫藤りゅう  朝水りょう  華鳥礼良  天時そら  桜庭舞  極美慎  
星蘭ひとみ  水乃ゆり ほか

2018年10月18日(木) 11:00am 宝塚バウホール 4列上手
(上演時間: 2時間20分/幕間 25分)



物語: イヴ(瀬央ゆりあ)は男爵家の次男で弁護士の資格も持っていますが、定職にもつかず便利屋のようなことをしています。ある日、デビュタント・ボールを取り仕切る侯爵夫人リーズ(音波みのり)から、極端に人見知りの伯爵令嬢ミレーユ(星蘭ひとみ)のエスコートを依頼されます。友人ビュレット(紫藤りゅう)やその妹ナタリー(桜庭舞)の協力を得てダンスのレッスンを積み、舞踏会の本番に臨みますが・・・。


「一人の青年が、様々な人との出会いを通じ自らの生き方を問い直す姿を描く青春群像劇」ということでしたが、比較的軽い感じの物語・・・と思いきや、一幕の終盤で思わぬ事件が持ち上がり、「ミステリーなの?おもしろーい!」となったのですが、大した謎解きもなく、二幕は失速。都合のいい話過ぎて、何か裏があるだろう、きっとどんでん返しがあるに違いないと思っていたら、何もなかったという・・・。「イルミナティ」が登場するあたりが、政治色好き(?)な正塚先生風味がちょっぴりといったところでしょうか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする