2018年11月30日

「當る亥歳 吉例顔見世興行」 夜の部


image1 (6).jpg

二か月連続興行となった今年の南座顔見世。
今年1月から始まった高麗屋襲名披露興行の掉尾を飾る興行でもありますが、そればかりではなく、昼夜ともに充実の演目が並んで、本当に贅沢な時間を過ごしました。


南座発祥四百年 南座新開場記念
京の年中行事 當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同歌舞伎 夜の部
二代目 松本白鸚    
十代目 松本幸四郎
八代目 市川染五郎  襲名披露
2018年11月7日(水) 4:30pm 南座 1階4列下手/
11月25日(日) 1階8列センター



第一、寿曽我対
出演: 片岡仁左衛門  片岡孝太郎  片岡愛之助  
上村吉弥  中村壱太郎  片岡秀太郎 ほか
(上演時間: 45分)


おめでたい興行の幕開きの定番の一つ「寿曽我対面」ですが、仁左衛門さんの工藤祐経、五郎十郎は愛之助さえんと孝太郎さん、秀太郎さんの舞鶴、吉弥さんの大磯の虎、壱太郎さんの化粧坂と、ここまで上方役者が揃った「曽我対面」も珍しいのではないかしら。終盤、友切丸持ってやってくる鬼王新左衛門は進之介さんだったし(←1年に1回くらいしかお見かけしないけれど他の時は何やってるんだろう)。

仁左衛門さんの工藤はさすがの貫禄で存在感たっぷり。
やっぱり工藤がどーんと構えていないとこの絵面は成立しませんので、華のある座頭の役だと思いました。
それにしても仁左衛門さん、十月歌舞伎座では五郎(助六)で、やんちゃ力発揮して「股くぐれ~」とかおっしゃっていましたよね(笑)。

愛之助さんは昼の「鈴ヶ森」に続いて「やればできる子」発動。
隈取もキマッて血気盛んな五郎を力演でした。
吉弥さんの大磯の虎がとても綺麗で、最初、壱太郎くん化粧坂少将と奥に並んで座っている時、「あのべっぴんさんは誰?」とオペラグラスでガン見してしまいました。吉弥さん、このごろは老け役されることも多いですが、冴えわたる美貌は衰えを知りません。



続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

今この時の 「連獅子」  當る亥歳吉例顔見世興行 昼の部


renjishi.jpg

今思い出しても胸がキュッとします。
涙でるとか泣くとか、もうそういうレベルの話ではなかったです。ただただすばらしかった。
できることなら何度でも、何度でも観たかった。


當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同歌舞伎 昼の部
「連獅子」
狂言師右近後に親獅子の精  松本幸四郎
狂言師左近後に仔獅子の精  市川染五郎
僧蓮念 片岡愛之助/僧遍念 中村鴈治郎
2018年11月1日(木) 10:30am 南座 3階1列センター/
11月21日(水) 1階2列下手
(上演時間: 50分)



美しく清冽な連獅子。
優美で気品ある狂言師右近と左近
獅子となってからはまさしく霊獣
大きくて、優しさと厳しさを併せ持つ親獅子
そんな親獅子に真っ直ぐ、真っ向うから挑む仔獅子
今、この二人の連獅子を観ることができて、本当に心から幸せでした。


幸四郎さんは「『連獅子』は親子の物語ではありますが、狂言師の左近と右近が踊りを見せる舞踊でもあります。僕自身の解釈としては(親獅子と仔獅子の)踊り比べで、どっちが勝つかという踊りだど思っています」と記者発表の席でも、先斗町夜話でもおっしゃっていて、染五郎くんは「親獅子を崖から突き落とす勢いでやりたいと思います」と返して話題になりましたが(口上でもそうおっしゃっていました)、本当にその通りの連獅子でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

「當る亥歳 吉例顔見世興行」 昼の部


kaomise201811.jpg

南座の新開場と高麗屋さんの襲名披露が重なった今年の顔見世興行は一段と華やか。
そして演目は昼の部も夜の部もとても充実。見応えたっぷりでした。

ずっと工事の幕に覆われていた南座が元の(少し綺麗になった)姿を現し、そこにまねきが上がると「あー、ほんとに南座が帰ってきた」と思いました。


南座発祥四百年
南座新開場記念
京の年中行事
當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同歌舞伎 昼の部
二代目 松本白鸚    
十代目 松本幸四郎
八代目 市川染五郎  襲名披露

2018年11月1日(木) 10:30am 南座 3階1列センター/
11月21日(水) 1階2列下手



image2 (2).jpg   image1 (11).jpg


第一、歌舞伎十八番の内 毛抜
出演: 市川左團次  片岡孝太郎  中村亀鶴  中村壱太郎  
大谷廣太郎  市川男寅  上村吉弥  市川高麗蔵  大谷友右衛門 ほか
(上演時間: 1時間5分)


何度か観たことがある演目ですが、左團次さんで拝見するのは初めて。
そう言われてみれば、粂寺弾正の人を食ったようなところとか、美人も美少年も好きでかまわずちょっかい出すところとか、おおらかなな雰囲気が左團次さんにぴったりです。
エロおやじ風なのに嫌みがなくてカラッとしていて明るい弾正。素敵だったな。
壱太郎くんが珍しい立役で初々しい若衆。孝太郎さんの腰元巻絹は手に入ったお役ですが、「びびびび」が案外あっさりだった印象。吉弥さんの若菜がキリリと美しかったです。



続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

たまちゃぴ! 月組 「エリザベート」 東京宝塚劇場千秋楽 ライブ中継


elisabeth20181118.jpg月組「エリザベート」東京千秋楽にして、トップ娘役 愛希れいかさんラストデイ。


宝塚歌劇月組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」 
東京宝塚劇場千秋楽 ライブ中継

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  
憧花ゆりの  光月るう  夏月都  月城かなと  
海乃美月  暁千星  風間柚乃 ほか

2018年11月18日(日) 3:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン7
(上映時間: 4時間/休憩 30分)



大劇場の後、東京で1ヵ月の公演を経て、物語に一層深みが増した印象でした。
一人ひとりがとても自然に、だけど色濃く、その役に染まっていました。
大劇場では休演してしまった美弥るりかさんも安定した歌唱。
珠城りょうさんがカーテンコールでおっしゃっていたように、「全員揃って千秋楽を迎えられた」こと、本当によかったです。

映像でアップで観ると劇場では気づかなかった様々なことに気づいたり。
ゾフィーの憧花ゆりのさんがとても表情豊かに細やかに演じていらっしゃったのが印象的でした。
結婚式の翌朝の場面。5時にシシィを起こしに行って、「なにか~?」とシシィが言うと、まるで「行くわよ」とでもいうようににんまり笑って一呼吸おいてから ♪なんて寝坊なの・・と歌い始めたのにはゾクッとしました。


月城かなとさんルキーニ 最後のアドリブ

「今日は千秋楽だから、客席参加型で行くぜ」
「映画館で観ている人も油断するなよ」
「エリザベート終わって欲しくない人ー」 客席拍手
「2人に退団して欲しくない人ー」 客席大拍手
「アドリブが終わって嬉しい人ー?はーい!!!!!」(自分でうれしそうに手を挙げる)


「エリザベート」本編については大劇場で観た感想をアップしました(こちら)ので重複は避けます。
ここでは愛希れいかさんサヨナラショーとカーテンコールについて書いておきます。


愛希れいかサヨナラショー

2012年 男役から娘役へ転向した翌年、研4になったばかりの年に龍真咲さんの相手役として月組トップ娘役となったちゃぴちゃん。
最初のころは「だいじょうぶか、この子」と思ったこともありましたが、努力と精進を重ね、大きく花開いて、まぎれもなく宝塚を代表する娘役の一人として卒業の日を迎えました。

月組組長の憧花ゆりのさんもこの日をもって退団されるということで、司会進行は副組長の光月るうさんが勤められました。
この光月さんの言葉の一つひとつにとても心がこもっていて、この時点ですでにウルウル。
「ちゃぴは月組のアイドルでした」とおっしゃっていました。


愛希れいかサヨナラショー セットリスト

1. いつか(ロミオとジュリエット)
2. 白ばらのひと(ベルサイユのばら)
3. What is love(舞音-MANON-)
4. 神様の裁き(1789~バスティーユの恋人たち~)
5. Dio, come ti amo(カルーセルロンド)/憧花ゆりの
(デュエットダンス  暁千星・叶羽時  風間柚乃・結愛かれん)
6. Love Can’t Happen恋なんて起こらない(グランドホテル)珠城りょうさんデュエダン
7. Dream Girls(アパッショナード)



続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

創刊100周年記念オリジナル缶バッジ たまきち出ました~


先日「ファントム」を観に行った日は珍しく13:00開演の1回公演でしたので、少し早目に着いて大劇場でランチ。
せっかくなので「歌劇」創刊100周年の今年、コラボカフェとなっているラ・ロンドに行ってみました。
ラ・ロンド久しぶり


larond.jpg

ラ・ロンドに向かう階段からこんな感じ。
アガルよね。


image2 (5).jpg

image1.jpg

店内も「歌劇」の写真がたくさん。
望海さんのこんなカッコイイ画像も壁面いっぱいに飾られていましたが、展示は期間ごとに違っている模様(こちら)。


そしてもちろん、100周年記念メニューをいただきました。
シチュードハンバーグランチ。ノンアルコールのスパークリングワインつき。
各店の記念メニューには「歌劇」創刊100周年記念オリジナル缶バッジが1つプレゼントされるのですが、各組トップスター+轟悠さん 6個の中からどれが出るかは開けてからのお楽しみ。


image2 (6).jpg  image1 (12).jpg

たまきち(珠城りょう)でした~。
楽しい


ちなみに全種類はこんなふうです。

kan.jpg




楽しかったけれどハンバーグのお味はもう少しがんばっていただきたい の地獄度 (total 1982 vs 1985 )


posted by スキップ at 22:28| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

激混みの京都でのんびりランチ 「つぶら乃」


image1 (11).jpg


東京から南座顔見世興行を観にいらした高麗屋贔屓のお仲間をお迎えして
「南座へようこそ」お食事会。
ランチの部と、夜の部終演後のディナーの部の二部制(笑)だったのですが、
私は今日は観劇予定ではなかったのでランチの部に参加。
アレンジしてくれた関西組のお友達の会社のおじさまが紹介してくださったというこちらで。


つぶら乃
京都市東山区八坂上町368-1-8
tel: 075-741-8248


八坂神社の南門を出て南へ少し歩いたところ、八坂の塔のそばにあります。
このあたり歩くのはとても久しぶりで、知らないお店やプチホテルも増えて興味シンシン。
京都はいつも人がいっぱいですが、今日は3連休の初日で紅葉も見ごろということで、どこも激混みでしたが、お店の中は別世界。外の喧騒がうそのようなおだやかな空間でした。


image2 (4).jpg

1階はテーブル席でしたが私たちが通されたのは2階のお座敷。
ほぼ貸切状態で、心おきなくいろんなおしゃべりに花を咲かせました。



image2 (3).jpg

image1 (7).jpg image1 (6).jpg
image2 (2).jpg image1 (4).jpg


ごま豆腐(結構大きめ)・盛りだくさんの八寸(上の画像)・ぶり大根(絶品!)・
じゃこごはん・手練りわらび餅3種とお抹茶
というコースでした。
京都でこの場所でこの内容で2,500円って破格のお値段です。

丁寧に手をかけられたお料理はどれもとてもやさしいお味でおいしい。
ワタシ、お吸物(お味噌汁)や香の物にも手を抜いていないかでそのお店の良し悪しを計るところがあるのですが、そのあたりも合格だし(何様?)、ぶり大根なんて、ほんっと、イメージ変わるくらいのおいしさでした。


image2.jpg

お店の外に出るとパァーンと八坂の塔が。
この画像からも周囲の混雑ぶりがはかり知れますかしら。



やっぱ京都はええなぁ 混雑さえなければ のごくらく地獄度 (total 1982 vs 1984 )


posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする