2018年10月20日

好きなものは呪うか殺すか 争うかしなければならないのよ 「贋作 桜の森の満開の下」


sakuranomori1.jpgsakuranomori2.jpg

ふわりと風をはらんで舞台いっぱいに流れていく淡い桜色の布
人を場面を 切り取って、時には心の動きまで表す赤く縁取るテープ
大きな大きな満開の桜の木から とめどなく降りしきる花びら

哀しいくらいに美しい舞台でした。
気が遠くなるほど美しくて、ふわりと幻想的で、痛いくらいに残酷で、そして哀しい。


NODA・MAP第22回公演
「贋作 桜の森の満開の下」
坂口安吾作品集より 
作・演出:  野田秀樹
美術: 堀尾幸男   照明: 服部基
衣裳: ひびのこづえ  
出演: 妻夫木聡  深津絵里  天海祐希  古田新太  秋山菜津子  大倉孝二  
藤井隆  村岡希美  門脇麦  池田成志  銀粉蝶  野田秀樹 ほか
2018年10月16日(火) 7:00pm 新歌舞伎座 1階3列下手/
10月17日(水) 7:00pm 1階4列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 15分)



物語: ヒダの匠の弟子・耳男(妻夫木聡)は誤って死んでしまった師匠と間違えられ、ヒダの王家に匠として迎えられます。そこにはやはり名人の匠を殺害し、匠を名乗ってやってきた山賊のマナコ(古田新太)と、その素性を語らないオオアマ(天海祐希)という名人も集まってきました。3人の匠にヒダの王(野田秀樹)は、王家の二人の姫・夜長姫(深津絵里)と早寝姫(門脇麦)を守護する弥勒を彫るよう求めました。やがて約束の3年が過ぎ、夜長姫の16の正月が訪れます・・・。


「贋作 桜の森の満開の下」の初演は夢の遊眠社時代の1989年(平成元年)。
野田秀樹さんが耳男を演じ、夜長姫は今も語り継がれている毬谷友子さん。
その再演を経て、2001年には堤真一さんの耳男、 深津絵里さんの夜長姫で上演されていて、今回が4演目。
いずれも拝見していますが、今回が一番肚に落ちたというか、いろいろなものが見えて、聞こえて、心に響く舞台でした。

思えば、30年前から17年前にかけての私は未熟で、この舞台から何かを感じることはできても理解するまでには至ってなかったのかもしれませんし、昨夏、歌舞伎版を観て、その前に原作(坂口安吾「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」)を読み返したことが助力になったのかもしれません・・・かといって、今回 野田さんからのメッセージをきちんと受け止められたか、は甚だあやしいところではありますが。


続きがあります
posted by スキップ at 23:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする