2018年10月09日

宿敵でまたとない友 「ナイツ・テイル」


knightstale.jpgプリンスと呼ばれる二人-堂本光一くんと井上芳雄くん初共演で話題沸騰のミュージカル。
「レ・ミゼラブル」はじめ数々の作品を手がけてこられたジョン・ケアードさんにとっても、日本の劇場に向けて新たなミュージカルを書き下ろし、演出されるのはこれが初めてのことだそうです。

当然チケ難で、全く取れる気がしない・・・と思っていたのですが、最初にエントリーした先行であっさり取れて
 

流麗な楽曲とのびやかな歌唱、ふんだんに盛り込まれたダンス、迫力たっぷりの戦闘シーンや殺陣、洗練のキャスト、ウイットとユーモア・・・祝祭感にあふれた、とても贅沢なミュージカルでした。


ミュージカル 「ナイツ・テイル -騎士物語-」
原作: ジョヴァンニ・ボッカッチョ 「Teseida」
    ジェフリー・チョーサー 「騎士の物語」
    ジョン・フレッチャー/ウィリアム・シェークスピア 「二人の貴公子」
脚本・演出: ジョン・ケアード
音楽・歌詞: ポール・ゴードン
編曲: ブラッド・ハーク
振付: デヴィッド・パーソンズ
日本語脚本・歌詞: 今井麻緒子
出演: 堂本光一  井上芳雄  音月桂  上白石萌音  
岸祐二  大澄賢也  島田歌穂 ほか

2018年9月27日(木) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階8列(5列目)上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 25分)



image1 (8).jpg

いつになくリキ入って「ナイツ・テイル」仕様の梅芸



image1 (7).jpg  image2 (4).jpg

光一くんの前はいつも写真を撮る人だかり



物語: アーサイト(堂本光一)とパラモン(井上芳雄)はテーベの騎士で従兄弟同士。厚い友情を誓い合い、騎士としての誇りと名誉を何よりも大切に生きていました。戦争により敵国アテネの大公シーシアス(岸祐二)に捕虜として捕えられ、同じ牢獄で過ごしていた2人は、ある日シーシアスの美しき妹・エミーリア(音月桂)を牢獄の窓から見かけて同時に恋に落ちてしまいます。
親類により保釈金が支払われたアーサイトはアテネから追放されますが、残ったパラモンがエミーリアに近づくのではないかと気ががりで、テーベへ戻る道中に出会ったジェロルド(大澄賢也)率いる森の一座にダンサーとして加わり、エミーリアの誕生祝賀の宴に出演する機会を得ます。一方パラモンは、食事の世話をしてくれる牢番の娘(上白石萌音)の手引きで脱獄します。エミーリアに再会したアーサイトは、ヒポリタ(島田歌穂)の計らいもあって彼女に仕えることになりますが、シーシアスやエミーリア達と狩猟に出かけた森でパラモンと再会します・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする