2018年10月11日

あと21日


image1 (9).jpg

本日は夕刻から久しぶりに京都へ。
先斗町歌舞練場へ「襲名道中膝栗毛 先斗町高麗夜話」を聴きに行ってまいりました
・・・の前にこちらに寄り道。


2016年1月から耐震補強工事のため休館していて、今年の11月1日 「當る亥歳 吉例顔見世興行」初日をもって新開場する京都四條南座。
もう、ほんとに南座お帰りなさ~い、待ってたよおぉ、という感じです。

10月9日(火)に松本幸四郎さんが出席してライトアップ点灯式が行われて、ただいま夜間ライトアップ中。

ライトアップの監修は、歌舞伎同様、照明デザイナーの石井リーサ明理さん。
「京都らしい優しく、あたたかい白」で、大屋根や白壁、破風など、和風建築を強調されたのだそうです。
夜10時までは全体を照らし、それ以降は時間が進むごとにライトアップが屋根側に移り、月が屋根を照らしているようなデザインになっているとか。
夕闇にくっきり浮かび上がる白い南座 綺麗でした。


image2 (6).jpg

正面玄関には新開場までのカウントダウンも。今日であと21日。
歌舞伎座閉場の時のカウントダウン思い出します。

先斗町歌舞練場、ロームシアター京都と2年続けて他の劇場で上演された吉例顔見世興行が帰ってくる今年の南座。楽しみです。


image2 (5).jpg



そう言ってる間に21日なんがすぐ過ぎて11月・・・と思ったら今年も終わるんだろうなぁ のごくらく地獄度 (total 1969 vs 1974 )



posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

宿敵でまたとない友 「ナイツ・テイル」


knightstale.jpgプリンスと呼ばれる二人-堂本光一くんと井上芳雄くん初共演で話題沸騰のミュージカル。
「レ・ミゼラブル」はじめ数々の作品を手がけてこられたジョン・ケアードさんにとっても、日本の劇場に向けて新たなミュージカルを書き下ろし、演出されるのはこれが初めてのことだそうです。

当然チケ難で、全く取れる気がしない・・・と思っていたのですが、最初にエントリーした先行であっさり取れて
 

流麗な楽曲とのびやかな歌唱、ふんだんに盛り込まれたダンス、迫力たっぷりの戦闘シーンや殺陣、洗練のキャスト、ウイットとユーモア・・・祝祭感にあふれた、とても贅沢なミュージカルでした。


ミュージカル 「ナイツ・テイル -騎士物語-」
原作: ジョヴァンニ・ボッカッチョ 「Teseida」
    ジェフリー・チョーサー 「騎士の物語」
    ジョン・フレッチャー/ウィリアム・シェークスピア 「二人の貴公子」
脚本・演出: ジョン・ケアード
音楽・歌詞: ポール・ゴードン
編曲: ブラッド・ハーク
振付: デヴィッド・パーソンズ
日本語脚本・歌詞: 今井麻緒子
出演: 堂本光一  井上芳雄  音月桂  上白石萌音  
岸祐二  大澄賢也  島田歌穂 ほか

2018年9月27日(木) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階8列(5列目)上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 25分)



image1 (8).jpg
いつになくリキ入って「ナイツ・テイル」仕様の梅芸



image1 (7).jpg  image2 (4).jpg

光一くんの前はいつも写真を撮る人だかり



物語: アーサイト(堂本光一)とパラモン(井上芳雄)はテーベの騎士で従兄弟同士。厚い友情を誓い合い、騎士としての誇りと名誉を何よりも大切に生きていました。戦争により敵国アテネの大公シーシアス(岸祐二)に捕虜として捕えられ、同じ牢獄で過ごしていた2人は、ある日シーシアスの美しき妹・エミーリア(音月桂)を牢獄の窓から見かけて同時に恋に落ちてしまいます。
親類により保釈金が支払われたアーサイトはアテネから追放されますが、残ったパラモンがエミーリアに近づくのではないかと気ががりで、テーベへ戻る道中に出会ったジェロルド(大澄賢也)率いる森の一座にダンサーとして加わり、エミーリアの誕生祝賀の宴に出演する機会を得ます。一方パラモンは、食事の世話をしてくれる牢番の娘(上白石萌音)の手引きで脱獄します。エミーリアに再会したアーサイトは、ヒポリタ(島田歌穂)の計らいもあって彼女に仕えることになりますが、シーシアスやエミーリア達と狩猟に出かけた森でパラモンと再会します・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

松本幸四郎スペシャルトークショー @蔦屋書店


image1 (2).jpg

「10月6日(土) 大阪の梅田 蔦屋書店で、『松本幸四郎スペシャルトークショー』開催されます」と歌舞伎美人に告知されたのが10月1日(月)。

「そんなこと急に言われても今週の土曜日なんてもう予定あるし無理ムリ」と一旦はあきらめたものの、せっかくなのでやっぱり行きたいかしらと思い直し、いろいろ調整して、チケットの受け渡し(笑)も完了したのが前日の10月5日(金)というバタバタぶりでしたが、何とか無事参戦できました。


南座「當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」
松本幸四郎vスペシャルトークショー
2018年10月6日(土) 12:30~13:30



ルクアイーレ9階にある蔦屋書店のオープンスペースで開催ということで、「あのガーデンラウンジで?そんなに入れるのかしら」と思ったら、「当日の混雑次第では、入場規制される場合があります」ですと。
予想通りかなりの人数集まって、ぴあでチケット買った優先観覧エリア以外は椅子10脚ほどでほとんどの人が立見でしたが、会場で会った友人の作戦が奏功してまんまと4列目センターに着席。

開演前に「写真、動画の撮影は可能でございます」とアナウンスが入って、「え!いいの?!」と思わず声に出して反応してスタッフの方に注目されたアカウントがこちらでございます。


司会進行は産経新聞記者の亀岡典子さん。
関西のこの種のイベントでは登板率No.1ですね。
幸四郎さんはいかにも仕立てのよさそうなシックなスーツ姿でご登場です。


image2.jpg

座席の両側には南座襲名披露興行の特別ポスター



続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

若さの暴走か若気の至りか SHINKANSEN ☆RS 「メタル マクベス」 disc 2


disc2.jpgdisc 1は千穐楽含め2回分チケット取っていたものの諸般の事情によりどちらも観に行けず(涙)。
髑髏城には8回も登城したのに、鋼鉄城へは7月23日の開城から2ヵ月遅れて初めての登城です。


ONWARD presents
SHINKANSEN ☆RS 「メタル マクベス」 disc 2
作: 宮藤官九郎
(W. シェイクスピア 「マクベス」 松岡和子翻訳版より)
演出: いのうえひでのり
音楽: 岡崎司
振付&ステージング: 川崎悦子
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保  
衣装: 伊賀大介  中野幸子  映像: 上田大樹
出演: 尾上松也  大原櫻子  原嘉孝  浅利陽介  高田聖子  河野まさと  
村木よし子  木場勝己  逆木圭一朗  市川しんぺー  徳永ゆうき  岡本健一 ほか

2018年9月20日(木) 12:30 IHIステージアラウンド東京 7列下手
(上演時間: 3時間55分/休憩 20分)



「メタル マクベス」の初演は2006年。
宮藤官九郎さんが初めて劇団☆新感線に脚本を書いた作品です。

「シェイクスピアの『マクベス』」の世界観は変えず、2206年の退廃した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重構造に置き換え、役名もギターのメーカー名からヒントを得たというロックテイストあふれる大胆な脚本」 というのが当時の謳い文句。
シェイクスピア好きとしては、「うわぁ、マクベスってこんな風にできるんだ」と驚き、クドカンワールド全開しつつ、しっかりマクベス、がっつり新感線な舞台に、「クドカン、天才!」と感嘆したものです(感想はこちら)。

今回は、未来が「世界が崩壊した後の2218年の豊洲」に置き換えられていましたが、ここと80年代バンドブーム期という二つの世界を行き来しながら、「マクベス」の世界感を表現するという骨子はそのまま。
長いし、ここいらないんじゃない?と思うギャグ場面も散見されますが、「やっぱりよくできてるな~」というのが私の第一印象です。

独特のクドカンワールドの好き嫌いはもちろんのこと、シェイクスピアの「マクベス」を知らない人にこの作品の面白さがどれくらい伝わるのか量りかねるところではありますが-実際、グレコの「帝王切開で生まれた」のくだりで、笑い声や「そんなオチ~?」という声も聞こえましたので、「マクベス」読んだことない人多いのではないかな。でもそれはそれで何も先入観持たずに観られて楽しそう-異なる二つ時代、設定の中で形は違えど二組のカップルの栄光と転落がデュアルに描き出されることで、ランダムスター(マクベス)夫妻の悲劇がより色濃く浮かび上がり、二人が手に入れようとした王国が脆くも崩れ去っていく切なさが痛いくらいに感じられました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

3年以内に「阿古屋」をやります


bokurano.jpg12月歌舞伎座の演目が発表されて、Twitterのタイムラインで話題沸騰だったのがこちら。


一、壇浦兜軍記 阿古屋   Bプロ
   遊君阿古屋  梅枝 (4・8・12・16・22・25日) 
   遊君阿古屋 児太郎 (5・9・15・19・23日)



この情報を知って、「児太郎くん、とうとう・・」と胸が熱くなりました。


2016年に刊行された「僕らの歌舞伎」。
「先取り!新・花形世代15人に聞く」とサブタイトルがついている通り、歌舞伎に造詣が深い元NHKアナウンサーの葛西聖司さんの15人の若手花形役者さんへのインタビュー集です。
15人 どのインタビューも読み応えたっぷりでとてもおもしろかったのですが、中でもとりわけ印象に残ったのが最後から2番目に登場する中村児太郎くん(掲載は年齢順)。

「玉三郎のおじさまが、『阿古屋』をなさって、それを毎日拝見していて、どうしてもやりたくなったんです。それで、『教えてあげる』とおっしゃっていただいて、では3年以内に頑張りますと言いました。お琴の稽古、三味線も何とか頑張っていますが、胡弓はこれからというところです。でも、もうタイムリミットまであと2年半しかないんです。そのうちに、自分が阿古屋をできるところまで行くのか、行けないのかというところで毎日稽古しています。僕はそれは当り前だと思うのです・・・」

このインタビュー時点で「あと2年半」「25歳になる年の10月です。タイムリミットは」と語っていらした平成5年生まれの児太郎くん。
まさに25歳になる年の10月に「阿古屋」をやることが公式に発表されて、12月23日のお誕生日その日は「「阿古屋」として歌舞伎座の舞台に立っているなんて、まるで神様が彼の努力をずっと見てくださっていて、そのご褒美をくださったよう・・・その神様って実は玉三郎さんだったりするのかもしれませんが(笑)。

児太郎くんはお父様の福助さんが病に倒れられてから舞台がぐんとよくなったと感じていましたが、それはもうずっと前からの地道な努力、精進が花開く時期がたまたま重なったということでしょう。

児太郎くん 「阿古屋」、心からおめでとうと申しあげたいです。


「阿古屋」といえば、現在歌舞伎界で演じられるのは玉三郎さんだけで、誰が跡を継ぐことができるのか話題にのぼることもしばしばでした。
この夏、本命の一人と目されていた七之助さんの「僕と菊之助さんはギブアップ。2人やる人がいて誰か知ってるけど言わない」という発言を受けて、誰?と話題になりましたが、その時私は「一人は絶対児太郎くんだ」と思っていましたが、それがこんなに早く実現するなんて。
ちなみにもう一人の私の予想は梅枝くんか壱太郎くん。いいセン行ってました・・・というか、誰でもそう考えるよね。



児太郎くんの「阿古屋」 観たいけど日程キビシイかしら のごくらく地獄度 (total 1966 vs 1971 )



posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

「出口なし」・・・というか帰り道なし


deguchi.jpg昨日(9月30日)は、シス・カンパニー公演「出口なし」の大楽を観劇予定でした。
が、行けなかった・・・厳密には「行かなかった」というべきかもしれません。

サンケイホールブリーゼのサイトには前日から「通常通り上演いたします」ただし、「台風の影響によりご来場いただけないお客様につきましては、チケット代金の払い戻しを承ります」というアナウンス。
午後1時30分開演で上演時間も短いということで、いつもの私ならたとえ台風が来ようが槍が降ろうが、迷うことなく「行く」と決めたはずですが、何となく「だいじょうぶかしら」と気が乗らなかったのは、先日の台風21号の記憶のせいがあるかもしれません。

12時30分くらいまでに家を出れば間に合うのでどうしようかと迷ったりもしているうちに、自宅最寄り駅の2つの私鉄が午後から相次いで運休するという情報が。
うーん、これは行くには行けても帰れない感じ。
もちろん、ターミナル駅まで戻ってきて、そこからタクシー、もしくは最悪の場合でも歩いて帰ることもできるのですが、JRも運休している状況でタクシーがどれほど行列になるか全く読めないし、歩いて帰っていて看板でも落ちてきてニュースで名前とか報道されるのは絶対イヤだ(←そこ?)と、やっぱり気が乗らない・・・ということで思いきって「行かない」選択をしました。
(ちなみに、マスコミ勤務の友人によると、怪我なら年齢だけで名前は出ないのだとか。「買物帰りの△△歳の女性会社員」みたいな感じ・・・この場合、「観劇帰りの」になるのかしらん)

自分でも不思議な感覚でした。
これまでなら、あまり深く考えずに「何とかなるでしょう」とタカをくくって「行く」方を選んできたし、実際何とかなってきました。
張り切って取った最前列の席だったのでとても残念だし、そんなレアな時だからこそ観たいという気持ちも、また何より空席をつくって申し訳ないという思いもありましたが、せっかくの楽しい観劇がその後の艱難辛苦で余韻台なしということにもなりかねないかなぁ、と。
我ながら大人になったというか(もうずいぶん前からじゅうぶん大人なんだけど)、守りに入った?という感じです。

結果としては台風24号は21号より(少なくとも私には)大したことなくて、いささか拍子抜けで、帰り道に路頭に迷ったかどうかも神のみぞ知るというところで、「あんなに早くから電車運休しなくても・・」と八つ当たりもしましたが、ま、「行かない」判断をしたのも自分自身ですしね。



むしろ「公演中止」の方かきっぱりあきらめがついたかも の地獄度 (total 1965 vs 1970 )


posted by スキップ at 23:41| Comment(4) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする