2018年09月30日

月も寿ぐ祝祭 「東大寺歌舞伎」


todaijikabuki.jpg月あかりの下、大仏様とともに浮かび上がった舞台
頬をなでる風と草の香り
鐘の音

荘厳な雰囲気の中、極上の時が流れました。


東大寺世界遺産登録20周年記念 「東大寺歌舞伎」

2018年9月23日(日) 7:00pm 
東大寺大仏殿前特設ステージ 11列センター



「中村屋ご兄弟が東大寺で歌舞伎」という情報を知った時、興味はあったものの積極的に行く、というところまでは気持ちが至っていませんでした。
が、七之助さんご贔屓の東京の友人から「スキップさん、これ、行っときましょか」と誘っていただいて、ありがたく参戦。


東大寺で歌舞伎を拝見するのは、松本白鸚さんが幸四郎さん時代、千回目の弁慶を東大寺奉納大歌舞伎として演じられて以来(感想はこちら)。10年ぶりです。
雨模様の予報に反して、この日は朝から秋晴れ。
開演前は雲に隠れていた月も、七之助さん藤娘を待っていたかのように、翌日が中秋の名月という美しい姿を見せてくれました。


image1 (7).jpg

南大門を通るころにはまだ空は藍色



image2 (3).jpg

大仏殿に到着するまでの少しの時間ですっかり夜です。



image2.jpg  image1 (2).jpg

この方たちも夜の闇の中に浮かび上がると迫力5割増し



続きがあります
posted by スキップ at 20:18| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする