2018年09月26日

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部


秀山祭 昼の部と夜の部の間は37分しかない過密スケジュールですが、一旦外に出てリフレッシュしてから夜の部に臨みました。


歌舞伎座百三十年
秀山祭九月大歌舞伎  夜の部
2018年9月19日(水) 4:30pm 歌舞伎座 3階1列下手



一、 松寿操り三番叟
出演: 松本幸四郎  中村吉之丞
   (上演時間: 18分)


大好きな幸四郎さんの踊りの中でも特に好きな演目のひとつ 「操り三番叟」。
最初木箱の中でぺったんこになっていたお人形が、後見が糸を整えるのに合わせて手を動かし、顔をあげて、と少しずつ動き始める時のワクワク感。
本当にお人形に命が宿って踊り始めたようです。
ぴょーんと飛んでも床に降りても音ひとつしない軽やかさ。
難しそうな振付もさらりと踊ってみせて、さすが身体能力が高い踊り巧者。後見の吉之丞さんとの息もぴったりでした。
ずっと観ていたいような楽しい踊りでしたが、三番叟が振る涼やかな鈴の音に、何だか福をいただいたような幸せんば気分になりました。


shunkan201809.jpg二、 平家女護島 俊寛  鬼界ヶ島の場
作: 近松門左衛門
出演: 中村吉右衛門  中村雀右衛門  尾上菊之助  
中村錦之助  中村又五郎  中村歌六 ほか
(上演時間: 1時間17分)


六月の博多座 仁左衛門さんで観たばかりの「俊寛」。
吉右衛門さんの俊寛を観るのも初めてではないいのですが、演じる人が違うと印象が変わるのはもちろん、今回は家の型の違いも印象的でした。

特に幕切れ。
鬼界ヶ島にただ一人残る選択をした俊寛が、小さくなっていく船影を見送る時、その顔には悲哀はあるものの、どこか諦念というか、むしろ澄み切った表情・・・それは誇りを守り抜いた人間だけが持つものかもしれませんが・・・を見せていました。


続きがあります
posted by スキップ at 20:58| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする