2018年09月24日

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部


kabukiza201809.jpg初代中村吉右衛門の芸を顕彰する秀山祭。
御贔屓の松本幸四郎さんが出演されるというばかりでなく、私にとっては播磨屋さん伝来の大歌舞伎や義太夫狂言を楽しみつつ歌舞伎演目の勉強ができる貴重な機会となっていて、毎年楽しみに拝見しています。
今年の秀山祭は、中村福助さんの5年ぶりの舞台復帰という慶事も重なりました。


歌舞伎座百三十年
秀山祭九月大歌舞伎 昼の部
2018年9月19日(水) 11:00am 
歌舞伎座 1階1列センター



一、 祇園祭礼信仰記 金閣寺
出演: 中村梅玉  中村児太郎  松本幸四郎  
坂東亀蔵  坂東彌十郎  尾上松緑  中村福助 ほか
(上演時間: 1時間39分)


天下を狙う松永大膳(松緑)は、将軍足利義輝の母である慶寿院尼(福助)を金閣に幽閉しています。共に幽閉している雪姫(児太郎)に思いを寄せる大膳は、夫の狩野之介直信(幸四郎)に代わり金閣の天井に龍を描くか、自らに従うか迫っています。そこへ此下東吉(梅玉)が現れ大膳の家臣として召し抱えられます・・・。


福助さん復帰の舞台であるとともに、ご長男の児太郎くんが歌舞伎三姫のひとつ、雪姫に初挑戦することでも話題の演目。

その児太郎くんの雪姫。とてもよかったです。
可憐で美しくはかないけれども芯の強さを持つ姫。
健気な中に口惜しさも滲ませ、台詞はもちろん所作や首の動かし方など、丁寧につくり込んだ芝居で、ずい分前に拝見した福助さんの雪姫と重なるところも多々ありながら、若い児太郎くんならではの現代的な感覚も垣間見えて、すごく勉強、努力したんだろうなぁと感じられました。

大量に降り注ぐ桜の花びらの中に一人立つ姿の美しさ。
あの大きな歌舞伎座の舞台で、たった一人で場を支えられる真女形の姿がそこにありました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:15| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする