2018年09月16日

いつだって僕のそばにいてくれた 「レインマン」


rainman.jpg1988年公開のアメリカ映画「レインマン」。
数あるトム・クルーズ出演作の中でもとびきり好きな1本です。

トム・クルーズといえば「トップガン」に代表されるいかにもアメリカンヒーローというイメージだった当時、内容を何も知らずに観て、「へぇ、こんな役もできるんだ」と感心した記憶。

この映画で初めてサヴァン症候群のことも知って、私自身、チャーリーとともに成長した思い。
ずっとそばにいてくれた友だちのレインマン=レイモンドとわかった時には、多分スクリーンの中のチャーリーと同じ表情をしていたと思います、ワタシ。


「レインマン」
脚本: ダン・ゴードン
上演台本・演出: 松井周
美術: 堀尾幸男
出演: 藤原竜也  椎名桔平  安蘭けい  横田栄司  吉本菜穂子  渡辺哲

2018年8月15日(水) 12:00pm メルパルクホール大阪 1階7列下手
(上演時間: 2時間45分/休憩 15分)



物語: ロサンゼルスで高級車のディーラーをしているチャーリー(藤原竜也)ですが、経営は思わしくありません。そんな彼の元に、16歳で家出して以来没交渉になっていた父親の訃報が届きます。遺産目当てにオハイオ州シンシナティの実家に帰った彼に、車と数本のばらの木以外の全財産は、チャーリーの知らない兄 レイモンド(椎名桔平)への信託として贈与されることが告げられます。チャーリーは遺産を手に入れようと、サヴァン症候群のレイモンドを入所している施設から強引に連れ出し、ともにロサンゼルスへ戻ろうとします・・・。


ずいぶん前に橋爪功さんのレイモンド、椎名桔平さんのチャーリーで舞台化されたことがありましたが(調べたら2006年でした)、その時は映画のイメージを壊したくない気持ちがあって観劇を見送った経緯があります。鈴木勝秀さん演出の舞台でした。
今回はその再演ではなく、2008年にウエスト・エンドで上演されたダン・ゴードン脚本版の翻訳上演ということだそうです。
演出の松井周さんって存じ上げない方だと思っていたら、ハイバイの「ヒッキー・ソトニデテミターノ」の東京公演で古舘寛治さん急病のため急遽代役された方だったのね。


舞台装置含め演出全般的にスタイリッシュな印象。
舞台転換の人たち(コロス)がホテルスタッフみたいな衣装着てて役者さんっぽい演技したりするのもおもしろかったです。このあたりはダン・ゴードン オリジナルなのかしら。


続きがあります
posted by スキップ at 16:28| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする