2018年09月13日

忘れようとするエネルギー 「MAKOTO」


makoto.jpg長塚圭史さん主宰の演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」が劇団となって生まれ変わった新生第1弾公演。
主演は「新たに劇団員として迎えた」中村まこと。
へ?猫のホテルは? 退団したの?!


阿佐ヶ谷スパイダース 「MAKOTO」
作・演出: 長塚圭史
出演:中村まこと  大久保祥太郎  木村美月  坂本慶介  志甫真弓子  伊達暁  ちすん  長塚圭史  中山祐一朗藤間爽子  森一生  李千鶴

2018年8月25日(土) 7:00pm 近鉄アート館 Bブロック1列センター
(上演時間: 2時間15分)



自称漫画家の水谷(中村まこと)は妻を亡くし、喪失感と孤独を抱えたまま工事現場の交通誘導警備員として働いています。
義弟の三郎(長塚圭史)は妻(志甫真弓子)、娘(木村美月)とともに水谷を訪ね、彼の妻の死は医療事故で訴訟を起こすべきと伝えようとしますが、なかなか会えずにいます。
妻の死が担当医・森本(伊達暁)の個人的な過失だったことを知った水谷は精神のバランスを失い、警備員仲間の入口(坂本慶介)や栗田(中山祐一朗)を巻き込んで暴走します。そのうち妻の服を燃やすと破壊のエネルギーが発散されることがわかり・・・。


ファンタジーとSFとオカルトが入り混じったような物語。
阿佐スパで長塚さんの作品といえば、不条理とか残酷とかスプラッタとかいうイメージが強いですが、ずいぶんソフトになったなという印象です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:43| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする