2018年09月04日

八月納涼歌舞伎 第三部 「盟三五大切」


kamikakete.jpg八月納涼歌舞伎 第三部は「盟三五大切」の通し上演。

七月松竹座のレポでも触れたのですが、私が初めて観た「盟三五大切」は仁左衛門さんの源五兵衛。
2008年11月の歌舞伎座でした。
仁左衛門さんの鬼気迫る源五兵衛にすっかりヤラレて、物語のおもしろさとともにこの演目が大好きになったのですが、今月の筋書の上演記録見るとあの時が仁左衛門さん初役だったようです。

幸四郎さんの源五兵衛は2009年11月の新橋演舞場花形歌舞伎以来二度目。
小万は猿之助(当時 亀治郎)さん。七月の与兵衛-お吉といい、やはりこの2人はゴールデンコンビだな。


歌舞伎座百三十年 八月納涼歌舞伎 第三部 
通し狂言 「盟三五大切」
序 幕  佃沖新地鼻の場  深川大和町の場
二幕目  二軒茶屋の場   五人切の場
大 詰  四谷鬼横町の場  愛染院門前の場
作: 四世鶴屋南北
補綴・演出: 郡司正勝
演出: 織田紘二
出演: 松本幸四郎  中村七之助  市川中車  市川男女蔵  大谷廣太郎  
中村米吉  中村橋之助  片岡松之助  松本錦吾  片岡亀蔵  中村獅童 ほか
2018年8月9日(木) 歌舞伎座 3階1列センター/
8月27日(月) 1階4列下手
(上演時間: 3時間3分/幕間 20分)



「『五大力』の世界と『忠臣蔵』の世界を得意の綯い交ぜの手法を用いて結び付けた」という鶴屋南北。

主君の仇討ちに加わるために源五兵衛がどうしても欲しかった、かつて自分の手落ちで紛失した百両。
三五郎が父の旧主のために源五兵衛からだまし取った百両。
その百両は同じ一つのもの。

沢山の人が死に、乳飲み子まで殺しておきながら、その犠牲の上に塩冶義士に加わる源五兵衛。
あれだけの殺人を犯した人間が主君の仇討ちに加わり“義士”と崇められることへのアイロニー、あるいは、その忠義という名の仇討ちそのものが、恨みによるものと何ら変わることはない“殺人”であるというアンチテーゼなのか、当時の人々に熱狂的に受け容れられたであろう「忠臣蔵」の美談に対する鶴屋南北のシニカルな視線も見え隠れする物語。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする