2018年09月02日

松竹座 七月大歌舞伎 夜の部


image1 (8).jpg

松竹座七月大歌舞伎 昼の部の「勧進帳」にすっかりヤラレてしまった不肖スキップですが、
夜の部も期待に違わず、すばらしい舞台でした。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎  襲名披露
七月大歌舞伎 夜の部
2018年7月7日(土) 4:15pm 松竹座 3階3列センター/
7月18日(水) 1階10列下手/7月27日(金) 1階1列センター



一、元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿
作: 真山青果
演出: 真山美保
出演: 片岡仁左衛門  市川中車  中村壱太郎  
片岡松之助  上村吉弥  中村扇雀  中村歌六 ほか
(上演時間: 1時間35分)


苦手感漂う真山青果作の新歌舞伎の中では比較的好きな演目。
初めて観た綱豊卿が仁左衛門さんで、その後も仁左衛門さんで拝見することが多く、私にとっては綱豊卿=仁左衛門さんで、他の人の綱豊卿が全くイメージできないくらい。(それを言ってしまえば、「女殺油地獄」の与兵衛も、「盟三五大切」の源五兵衛も、最初に観たのはみんな仁左衛門さんなのだけれども)。
そしてこれまた初めて観た時からずっと、富森助右衛門=染五郎(現 幸四郎)さん という役に中車さんが挑んでいます。2013年 中車さん襲名披露興行の顔見世の演目でしたが仁左衛門さん休演のため、今回、満を持しての共演です。

仁左衛門さんの綱豊卿 鉄板。
いかにもすべてを呑み込んだ肚の大きさ、殿様然とした品と風格、助右衛門を問い詰める余裕たっぷりな様子、助右衛門の思わぬ切り返しに一瞬見せる激昂、目の動きや声の変化で綱豊卿という人物を細やかに見せてくれます。
最後の場面。
「望月」の後ジテの装束で助右衛門の繰り出す槍を受け止めてキッと見やるところへ散り落ちる桜の花びら。
助右衛門に仇討ちの道理を説いて叱責する強い口調。
くるりと向きを変え、「わしの出じゃ」で晴れやかに上を見上げ、能舞台への向かって行く透明で高潔な空気。
これを絶品と言わずして何と言いいましょう。


続きがあります
posted by スキップ at 23:31| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする