2018年09月30日

月も寿ぐ祝祭 「東大寺歌舞伎」


todaijikabuki.jpg月あかりの下、大仏様とともに浮かび上がった舞台
頬をなでる風と草の香り
鐘の音

荘厳な雰囲気の中、極上の時が流れました。


東大寺世界遺産登録20周年記念 「東大寺歌舞伎」

2018年9月23日(日) 7:00pm 
東大寺大仏殿前特設ステージ 11列センター



「中村屋ご兄弟が東大寺で歌舞伎」という情報を知った時、興味はあったものの積極的に行く、というところまでは気持ちが至っていませんでした。
が、七之助さんご贔屓の東京の友人から「スキップさん、これ、行っときましょか」と誘っていただいて、ありがたく参戦。


東大寺で歌舞伎を拝見するのは、松本白鸚さんが幸四郎さん時代、千回目の弁慶を東大寺奉納大歌舞伎として演じられて以来(感想はこちら)。10年ぶりです。
雨模様の予報に反して、この日は朝から秋晴れ。
開演前は雲に隠れていた月も、七之助さん藤娘を待っていたかのように、翌日が中秋の名月という美しい姿を見せてくれました。


image1 (7).jpg

南大門を通るころにはまだ空は藍色



image2 (3).jpg

大仏殿に到着するまでの少しの時間ですっかり夜です。



image2.jpg  image1 (2).jpg

この方たちも夜の闇の中に浮かび上がると迫力5割増し



続きがあります
posted by スキップ at 20:18| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部


秀山祭 昼の部と夜の部の間は37分しかない過密スケジュールですが、一旦外に出てリフレッシュしてから夜の部に臨みました。


歌舞伎座百三十年
秀山祭九月大歌舞伎  夜の部
2018年9月19日(水) 4:30pm 歌舞伎座 3階1列下手



一、 松寿操り三番叟
出演: 松本幸四郎  中村吉之丞
   (上演時間: 18分)


大好きな幸四郎さんの踊りの中でも特に好きな演目のひとつ 「操り三番叟」。
最初木箱の中でぺったんこになっていたお人形が、後見が糸を整えるのに合わせて手を動かし、顔をあげて、と少しずつ動き始める時のワクワク感。
本当にお人形に命が宿って踊り始めたようです。
ぴょーんと飛んでも床に降りても音ひとつしない軽やかさ。
難しそうな振付もさらりと踊ってみせて、さすが身体能力が高い踊り巧者。後見の吉之丞さんとの息もぴったりでした。
ずっと観ていたいような楽しい踊りでしたが、三番叟が振る涼やかな鈴の音に、何だか福をいただいたような幸せんば気分になりました。


shunkan201809.jpg二、 平家女護島 俊寛  鬼界ヶ島の場
作: 近松門左衛門
出演: 中村吉右衛門  中村雀右衛門  尾上菊之助  
中村錦之助  中村又五郎  中村歌六 ほか
(上演時間: 1時間17分)


六月の博多座 仁左衛門さんで観たばかりの「俊寛」。
吉右衛門さんの俊寛を観るのも初めてではないいのですが、演じる人が違うと印象が変わるのはもちろん、今回は家の型の違いも印象的でした。

特に幕切れ。
鬼界ヶ島にただ一人残る選択をした俊寛が、小さくなっていく船影を見送る時、その顔には悲哀はあるものの、どこか諦念というか、むしろ澄み切った表情・・・それは誇りを守り抜いた人間だけが持つものかもしれませんが・・・を見せていました。


続きがあります
posted by スキップ at 20:58| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部


kabukiza201809.jpg初代中村吉右衛門の芸を顕彰する秀山祭。
御贔屓の松本幸四郎さんが出演されるというばかりでなく、私にとっては播磨屋さん伝来の大歌舞伎や義太夫狂言を楽しみつつ歌舞伎演目の勉強ができる貴重な機会となっていて、毎年楽しみに拝見しています。
今年の秀山祭は、中村福助さんの5年ぶりの舞台復帰という慶事も重なりました。


歌舞伎座百三十年
秀山祭九月大歌舞伎 昼の部
2018年9月19日(水) 11:00am 
歌舞伎座 1階1列センター



一、 祇園祭礼信仰記 金閣寺
出演: 中村梅玉  中村児太郎  松本幸四郎  
坂東亀蔵  坂東彌十郎  尾上松緑  中村福助 ほか
(上演時間: 1時間39分)


天下を狙う松永大膳(松緑)は、将軍足利義輝の母である慶寿院尼(福助)を金閣に幽閉しています。共に幽閉している雪姫(児太郎)に思いを寄せる大膳は、夫の狩野之介直信(幸四郎)に代わり金閣の天井に龍を描くか、自らに従うか迫っています。そこへ此下東吉(梅玉)が現れ大膳の家臣として召し抱えられます・・・。


福助さん復帰の舞台であるとともに、ご長男の児太郎くんが歌舞伎三姫のひとつ、雪姫に初挑戦することでも話題の演目。

その児太郎くんの雪姫。とてもよかったです。
可憐で美しくはかないけれども芯の強さを持つ姫。
健気な中に口惜しさも滲ませ、台詞はもちろん所作や首の動かし方など、丁寧につくり込んだ芝居で、ずい分前に拝見した福助さんの雪姫と重なるところも多々ありながら、若い児太郎くんならではの現代的な感覚も垣間見えて、すごく勉強、努力したんだろうなぁと感じられました。

大量に降り注ぐ桜の花びらの中に一人立つ姿の美しさ。
あの大きな歌舞伎座の舞台で、たった一人で場を支えられる真女形の姿がそこにありました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:15| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

第四回あべの歌舞伎 晴の会 「謎帯一寸徳兵衛」


soranokai2018.jpg毎年楽しみにしている「晴の会」。
4年目となる今年は昨年に続いて鶴屋南北の戯曲に挑戦。
「夏祭浪花鑑」の書き替え狂言。南北はこれをもとに「四谷怪談」を書いたのだとか。


第四回あべの歌舞伎 「晴の会」
「謎帯一寸徳兵衛」 (なぞのおびちょっととくべえ)
作: 四世鶴屋南北/改訂: 亀屋東斎
監修: 片岡仁左衛門   岡秀太郎
演出: 山村友五郎
出演: 片岡松十郎  片岡千壽  片岡千次郎  
片岡佑次郎  片岡りき彌  片岡當吉郎  
片岡當史弥 中村翫政  片岡當十郎

2018年8月5日(日) 11:00am 近鉄アート館 Cブロック1列
(上演時間: 2時間55分/幕間 20分・20分)



物語の筋は概ね「四谷怪談」で、登場人物が「夏祭浪花鑑」といった趣き。
主役は団七(松十郎)ですが「夏祭」での血の気の多い正義感ではなく、人物、やらかすことはまんま民谷伊右衛門。

芸妓のお辰(千壽)に惚れていますが、お辰が徳兵衛(千次郎)と結婚したため、顔がそっくりなお梶(千壽二役)を嫁にしますが・・・という筋立ての中に、団七がお梶さんの父・玉島兵太夫を殺す、蚊帳をお梶さんごとひっぱる、お梶さんが毒を盛られる、などの「四谷怪談」の場面や、団七・徳兵衛の争いの間にお辰が屏風を持って割って入ったりという「夏祭」の場面などが綯い交ぜに随所に散りばめられています。


いや~、これ、おもしろかったです。
松竹座あたりの本興行でも十分できそう。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

変わりゆく街


image2 (3).jpg

昨日、今日 東京へ行って参りました。
9月19日は歌舞伎座で「秀山祭九月大歌舞伎」を昼夜通しで観劇。
夜は在京の友人と楽しくおいしく🍴
♂の友人なのでちょっぴりデート気分(違)。
20日は劇団☆新感線「メタルマクベス」disc2 を観てきました。

8月は2度上京しましたが諸般の事情で宿泊遠征を控えているため、いずれも日帰り。
東京に宿泊したのは5月以来、定宿にしているホテルもほんと「久しぶり~」という感じでした。

本日は、ホテルでゆっくり朝食をいただき、部屋に戻って10時きっかりにチケ取り参戦して(←)、さらに1時間くらいだらだら過ごして出発という、日ごろの慌ただしい毎日が嘘のような朝。
お芝居観て大阪まで帰っても、終電じゃなくて新大阪駅もまだ”起きている”時間・・・やっぱり宿泊遠征はゆったりできていいわね。


久しぶりといえばこちらも。IHIステージアラウンド東京。
「メタルマクベス」disc1 を観に行かなかったので、5月9日に「修羅天魔」を観て以来でした。
一時期は毎月通っていたのに(^^ゞ

銀座からバスで行ったので新豊洲方面から歩いたのですが、劇場前に大きなビルが建設中で劇場の姿が見えず、曲がるところ間違えそうになりましたよ💦



街はどんどん変わっていくのね~ の地獄度 (total 1962 vs 1965 )


posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

映像は人間の罪と勇気を照らし出す  「NHKスペシャル 映像の世紀 コンサート」


eizonoseiki.jpg先日フェスティバルホールから届いたDMの中にこのフライヤーを見つけて、「何これ?すっごく行きたい感じじゃない」と思いました。

国内外のアーカイブ映像をもとに、20世紀の歴史をまとめるNHKのドキュメンタリー番組「映像の世紀」シリーズ。
キャッチコピーは「映像は人間の罪と勇気を照らし出す」。
その番組内で使用された楽曲の生演奏とともに歴史を記録した映像を上映するコンサートです。

2016年初演で今回で3演目だとか。
大阪で開催されるのは初めてのようですが、それにしてもこのコンサート、どうして今まで私のアンテナにひっかからなかったのでしょ。


NHKスペシャル 映像の世紀コンサート
音楽・ピアノ: 加古隆
指揮: 岩村力/大阪フィルハーモニー交響楽団
ナレーション: 山根基世
【スクリーン映像】
第一部 映像の始まり
第二部 第一次世界大戦
第三部 ヒトラーの野望
第四部 第二次世界大戦
第五部 冷戦時代
第六部 ベトナム戦争、若者たちの反乱
第七部 現代の悲劇、未来への希望

2018年9月17日(月) 3:00pm フェスティバルホール 2階3列下手
(上演時間: 2時間10分/休憩 20分)




image2 (2).jpg

チケット買ったのは前日で数席しか残っていませんでしたが、映像だからそんなに前でなくてもいいやと1,000円ケチってA席にしました。
私の席からはこんな眺め。肉眼ではスクリーンはもっと大きく見えましたし、十分でした。
フェスティバルホールってやっぱり綺麗なホールだわね。


「映像の世紀」観たことがない人でも♪パリは燃えているか は聞き覚えがあるのではないかと思います。
オープニングでその曲が演奏されて、スクリーンに全編のダイジェスト映像が流れただけですでにウルウル。

スクリーンに広がる現実の映像の凄味とあまりの厳しさ、そこに重なる加古隆さんが奏でるピアノの旋律の美しさ切なさ。
ああ、これ、見逃さないでよかった、と心から思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする