2018年08月30日

これが観納め? 八月納涼歌舞伎 第二部 「東海道中膝栗毛」


image1 (4).jpg


八月納涼歌舞伎に3年連続で登場となる「東海道中膝栗毛」。
もう今年で最後じゃない?という噂も飛び交う中、なーんと、喜多さんの葬儀から始まりました。

第1弾からずっと観ていますが、今回が一番好きだったな。


歌舞伎座百三十年
八月納涼歌舞伎 第二部 
 「東海道中膝栗毛  再伊勢参!? YJKT 」 〈またいくの!? こりないめんめん〉
市川猿之助・中村 獅童・中村七之助・市川中車  早替り
松本幸四郎・市川猿之助・市川染五郎・市川 團子  宙乗り   相勤め申し候
原作: 十返舎一九
構成: 杉原邦生
脚本: 戸部和久
演出・脚本: 市川猿之助
出演: 市川猿之助  中村獅童  中村七之助  市川中車  市川右團次  坂東新悟  
大谷廣太郎  中村米吉  中村橋之助  中村福之助  中村歌之助  中村鷹之資  
片岡千之助  市川染五郎  市川團子  市川右近  中村鶴松  市川弘太郎  
市川寿猿  澤村宗之助  松本錦吾  片岡亀蔵  市川門之助  松本幸四郎 ほか

2018年8月9日(木) 3:00pm 歌舞伎座 1階2列センター/
8月27日(月) 3階3列下手
(上演時間: 1時間50分)



相馬山大鼻寺門前。
喜多さん(猿之助)の大きな遺影が飾られています。
喜多さんは大阪・松竹座に高麗屋三代襲名興行の手伝いに出かけ、「女殺油地獄」の後かたづけの最中に油に滑って柱に頭を打ち付けてあの世へ・・・って、幸四郎・猿之助共演の松竹座 「女殺油地獄」の記憶も新しく、妙にカブる(笑)。

喜多さんがいない世の中なんて、俺もあの世へ行く~と嘆き悲しむ弥次さん(幸四郎)に梵太郎(染五郎)と政之助(團子)は喜多さんを偲ぶためにもう一度お伊勢参りに行きましょうと3人で旅立ちます。成仏できず幽霊となった喜多さんは、このままでは地獄行きとなるところですが、大切に思う人に「ありがとう」と感謝の言葉を言ってもらえれば極楽へ行けるというご先祖さまからの言葉に従って3人を見守りながら共に旅します。が、弥次さんは富士川の渡しで地獄の使者の舟に乗ってしまい、喜多さんともども地獄へと落ちていくのでした・・・。

第1弾に出てきた新悟くんお稲の茶店や旅籠五日月屋が登場したり、第2弾の歌舞伎座の座元 釜桐左衛門や女医 羽笠が出てきたりと、さながら総集編の様相で、やっぱり今回で最後なのかな、と思いました。聞くところによると今回は映像化(シネマ歌舞伎)の予定もないとか。

五日月屋の花魁 赤尾太夫の場面がまんま「籠釣瓶花街酔醒」だったり、気づいたもの気づかないもの含めて、いろいろな歌舞伎演目が顔を出す構成。
地獄の場での鬼たちとの立ち回りでは、染五郎くんが金剛杖を持った「勧進帳」の弁慶よろしく腕数珠をくるくる巻きつけて見得をしたり、團子くんは「黒塚」の鬼女のしゃがんだ姿勢で膝でダンダン進むやつ(←語彙力)、さらには百回り、と、若い二人の将来が見えるような何とも胸熱で心憎いばかりの演出が随所に。

千穐楽には猿翁さんもスーパータンバリンを手に観劇されていたとか。
将来 五代目として猿之助の名を継ぐであろうお孫さんをどんな思いで見つめていらしたのでしょう。



続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする