2018年08月19日

生涯かけてひとつの役を演じる尊さ  松竹座七月大歌舞伎 「勧進帳」


201807kanjincho.jpg松竹座 七月大歌舞伎の演目が発表された時、「女殺油地獄」に目が集中して、「幸四郎さん、いつかやりたいとおっしゃっていた大阪でついに・・」と舞いあがり、しかもお吉さんは猿之助さんだなんて、ルテ銀(2011年2月のル テアトル銀座)以来じゃない!とテンション上がって、口上もあることだし「これは夜の部メインで」と考えていました。

ところが
昼の部で「勧進帳」を最初に観た時、幸四郎さんの弁慶があまりにも胸に響いて、山伏問答聴いているうちに涙があふれる事案発生。
再見予定の千穐楽昼の部は3階から観るつもりだったのに、どうしてももう一度花道間近で弁慶の引っ込みが観たい、とチケット取り直した次第です。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎  襲名披露
七月大歌舞伎 昼の部
歌舞伎十八番の内  「勧進帳」
出演: 松本幸四郎  片岡孝太郎  市川高麗蔵  
中村歌昇  中村種之助  松本錦吾  片岡仁左衛門 ほか

2018年7月12日(木) 2:00pm 松竹座 1階1列センター/7月27日(金) 1階5列下手
(上演時間: 1時間10分)



幸四郎さんが弁慶を演じるのは3回目。

2014年11月 歌舞伎座  
2018年1月  歌舞伎座 

幸せなことに3回とも拝見していますが、今回はこれまでのどの弁慶とも違っていました。


存在感、重量感とリアリティ。
もちろんこれまで観た弁慶もすばらしかったのですが、何というのでしょう、これまでは「全身全霊をかけて弁慶を演じている」という感じだったのに対して、今回は、「弁慶が肚に入っている」というか、「そこに弁慶がいる」と感じさせる弁慶でした。


続きがあります
posted by スキップ at 16:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする