2018年08月17日

あなたこそ我らのメサイア  花組 「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」


messiah.jpg宝塚歌劇花組公演は天草四郎を描いたミュージカルと華やかなショーの2本立て。
トップスター明日海りおさんの人気と夏休みが重なったこともあってか平日でも連日立ち見が出る人気公演となっています。


宝塚歌劇花組公演
ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」
作・演出: 原田諒
ショー・スペクタキュラー  「BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−」
作・演出: 野口幸作
出演: 明日海りお   仙名彩世  柚香光  高翔みず希  
花野じゅりあ  瀬戸かずや  鳳月杏  桜咲彩花  水美舞斗  
城妃美伶  聖乃あすか  華優希  舞空瞳/一樹千尋 ほか

2018年8月12日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 2階9列センター/
8月16日(木) 11:00am 1階15列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)




ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」

物語: 倭寇の頭目 夜叉王丸(明日海りお)は、嵐に見舞われ船が難破して天草・大矢野島に流れ着きます。
隠れキリシタンの住むこの村で、渡辺小左衛門( 瀬戸かずや)に救われ、小左衛門の妻の父 益田甚兵衛( 一樹千尋)に「益田四郎時貞」と名付けられてともに暮らし始めます。
肥前島原藩主松倉勝家(鳳月 杏)による厳しいキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに苦しみ、いつか死んでハライソに行けると信じながらも「神はおられぬのでしょうか」と絶望する民衆。
「神などいない。死んでハライソに行って何になる。あなたたちの心にこそ神はいる。自分たちを救うのは自分だ。生きたまま幸せになるのだ」という四郎の言葉に勇気づけられた人々は「あなたこそ我らのメサイア(救世主)」とともに戦う道を突き進みます・・・。


天草四郎は劇団☆新感線の傑作「SHIRO」をはじめ様々な物語や舞台で採り上げられていますが、この作品は史実をふまえながらも「天草四郎」という人物を、キリシタンでも何でもない倭寇(海賊)の青年として描いた原田諒先生のオリジナル・ミュージカルです。

人々が四郎の言葉に勇気づけられ、「ともに進もう 戦おう メサイア メサイア」と大合唱する迫力。
戦いのシーンの刀を手にした群舞の美しさ、カッコよさ。
原城で次々と倒れていく人々が大階段で折り重なるようにつくる十字架。それを浮かび上がらせる照明。


image2 (4).jpg

こちらは開演前の画像ですが、江戸城の襖絵などの舞台美術も素敵でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする