2018年08月16日

大人だって時にはけんかしたい  「大人のけんかが終わるまで」


otonanokenka.jpgフランスの劇作家 ヤスミナ・レザの最新作の日本初演。
豪華キャストもさることながら、最も注目したのは
「演出: 上村聡史」。
え?上村さんって、コメディを演出したりもするの?!という感じでした。


「大人のけんかが終わるまで」
作: ヤスミナ・レザ (原題 Bella Figura)
翻訳: 岩切正一郎
上演台本: 岩松了
演出: 上村聡史
出演: 鈴木京香  北村有起哉  板谷由夏  藤井隆  麻実れい

2018年8月11日(土) 11:00am 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階C列下手
(上演時間: 1時間45分)



タイトルどおり、物語は最初から「けんか」で始まります。
車から不機嫌そうに降りてくるアンドレア(鈴木京香)。タバコに火をつけたり、かなり苛立っている様子。
彼女はシングルマザーで、妻子あるボリス(北村有起哉)とデートで訪れたレストランが、彼の妻のおススメの店と知って喧嘩となり、ポリスが宥めても埒が明かず、結局食事をとりやめて帰ることに・・・。

ここまでのプロローグ?が結構長いのですが、二人の会話だけで、二人の関係や状況が手に取るようにわかる脚本すばらしいな、と思いながら観ていました。

その帰り道、老女イヴォンヌ(麻実れい)と接触事故を起こしてしまいます。
幸いイヴォンヌに怪我はないようでしたが、一緒にいたフランソワーズ(板谷由夏)はボリスの妻の親友で、夫 エリック(藤井隆)とともにエリックの母であるイヴォンヌの誕生祝いにこのレストランにやって来たのでした。お祝いに同席することになるアンドレアとボリス。


続きがあります
posted by スキップ at 22:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする