2018年08月14日

君のSORA 和希そら  宙組 「ハッスル・メイツ!」


hussle.jpg1月 東京国際フォーラムの「WEST SIDE STORY」ですばらしいアニータを演じてくれた和希そらさん。
7月の梅田公演でそのアニータが観られないのは残念でしたが、バウホール初主演。
おめでとー


宝塚歌劇宙組公演
バウ・Song & Dance Entertainment
「ハッスル・メイツ!」
作・演出: 石田昌也
出演: 和希そら  美風舞良  松風輝  
瀬戸花まり  穂稀せり  瑠風輝  華妃まいあ  
天彩峰里  鷹翔千空 ほか  

2018年8月12日(日) 11:00am 宝塚バウホール 8列下手
(上演時間: 2時間10分/休憩 25分)



今年誕生20周年を迎えた宙組。
その20年の軌跡を名曲と名場面のショー形式で振り返りながら、宙組の輝く未来へと繋いでいくという作品です。

子どもの頃から宝塚歌劇を観ているワタクシですが、しばらく離れている期間があって、そRを「私の宝塚暗黒時代」と呼んでいます。
宙組はその暗黒時代に誕生した組。
だから20年の歴史のうち前半の10年くらいは観ていなくて(なぜか姿月・花總コンビの最初の公演は観ている)、宙組の軌跡を振り返るといってもあんまり知らないしなぁ・・と思っていたら、ほとんど知っている曲ばかりでした。宙組の名曲は宝塚の名曲ということですね。
そんな名曲、名シーンの数々を楽しみながらも、最も強烈に印象に残ったのは、

和希そら できる子!!


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする