2018年08月11日

八月納涼歌舞伎 第一部


201808noryo.jpg八月納涼歌舞伎 初日第一部、二部、三部 通し観劇。
二部、三部は千穐楽にもう一度観る予定ですが、一部はこの一度限りのつもりですので、記憶が新鮮なうちに(笑)感想を。


歌舞伎座百三十年
八月納涼歌舞伎 第一部
2018年8月9日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階7列上手



一、 花魁草 (おいらんそう)
作・演出: 北條秀司
演出: 大場正昭
出演: 中村扇雀  中村獅童  市川高麗蔵  中村梅枝  
坂東新悟  市村萬次郎  坂東彌十郎  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 1時間27分)



物語: 江戸を襲った安政の大地震から一夜明けた中川堤。
難を逃れた大部屋役者の幸太郎(獅童)はと吉原の女郎お蝶(扇雀)と知り合い、百姓米之助(幸四郎)に助けられ、栃木で達磨の絵付をしながら一緒に暮らし始めます。互いに想い合っている様子の二人ですが、お蝶は過去に自分を裏切った男を殺めた過去があり、結ばれることを避けていました。そこへ、復興した江戸 猿若町 中村座の座元勘左衛門(彌十郎)や芝居茶屋の女将お栄(萬次郎)がやってきて、幸太郎に芝居へ復帰することを勧めます。6年後、江戸で売れっ子の役者となった幸太郎は姿を消したお蝶を探して栃木宿の家を訪ねますが・・・。


北条秀司さんが七世尾上梅幸さんに書き下ろした演目で、安政の大地震が物語の背景になっていることもあり、東日本大震災が起こった平成23年 八月花形歌舞伎(歌舞伎座建替中のため新橋演舞場)で中村福助さんによって再演された作品ということですが、今回初見。
あらすじも知らず、全く予備知識なしで観ましたが、とてもよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする