2018年08月06日

It all began tonight, again  宙組 「WEST SIDE STORY」


wssumeda.jpg今年1月 東京国際フォーラムで真風涼帆さん・星風まどかさんのトッププレお披露目公演として上演された作品。
その時点で今回の梅芸公演も発表されていましたが、何人かキャストを変えての上演です。

梅田芸術劇場、宝塚の公演では珍しく前3列つぶしてオーケストラピットを設置。
やっぱり生オケはいい♪


宝塚歌劇宙組公演
MUSICAL 「WEST SIDE STORY」
原案: ジェローム・ロビンス
脚本: アーサー・ロレンツ 
音楽: レナード・バーンスタイン   作詞: スティーブン・ソンドハイム
(オリジナルプロダクション 演出・振付: ジェローム・ロビンス )
演出・振付: ジョシュア・ベルガッセ   演出補・訳詞: 稲葉太地
出演: 真風涼帆  星風まどか  愛月ひかる  寿つかさ  澄輝さやと  
凛城きら  蒼羽りく  桜木みなと  留依蒔世  夢白あや/英真なおき ほか

2018年7月26日(木) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階14列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分) 



舞台全体の感想は1月東京で観た時に書きました(こちら)ので、今回は役替りや印象の違いについて。


主な配役の比較

wsscast.jpg


二番手格のベルナルド役が愛月ひかるさん
桜木みなとさんが初演のリフからアニータに“性転換”
リフには澄輝さやとさん、アクションは留依蒔世さん
といったところが主な変更点。


続きがあります
posted by スキップ at 22:41| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする