2018年08月03日

初めてづくし! 「松本幸四郎ディナーショー」


koshirodinner.jpg市川染五郎さんが十代目松本幸四郎となって初めてのディナーショー。
染五郎さん時代にディナーショーは何度か拝見していますが、今回は名跡も新たに内容一新とご自身が公言されていた通り、ナマ化粧・弁慶の滝流し・毛振りつき石橋・ラストは幸四郎先生ご指導のもと客席も一緒に総踊り・・・ と初めてづくし。とても楽しく、他では見られない貴重なものを見せていただいたディナーショーでした。


松本幸四郎ディナーショー
018年7月31日(火) 7:00pm 京都ホテルオークラ
 「暁雲」の間 テーブル2
(7:00-8:00 ディナー、8:00-9:00 ショー)



開演時間ジャストに舞台両側の大スクリーンに弁慶はじめ松本幸四郎になってから演じた役と、阿弖流為など染五郎時代の役がスライドショーで映し出されます。いつも思いますが、あのスライドショーほしい。
上手から幸四郎さん登場。
黒紋付に袴の正装で、扇を手にした踊りで幕開けです。
二枚扇も鮮やかにキリリと舞う幸四郎さん。見惚れるワ

今年1月から襲名披露興行が続いている幸四郎さん。
何かと節目の年と重なって、今年は歌舞伎座130年、11月に顔見世で襲名披露する南座は発祥400年で新開場、そしてこちらの京都ホテルオークラさんも130周年だそうです、とおっしゃっていました。
そんな年に三代襲名が重なること、不思議なご縁でもあり高麗屋さんの強運も感じます。

印象的だったのは、37年前の三代襲名の時、本当はもう少し先にと言われていたところ、お祖父様の初代白鸚さんが「それでは遅い」とあの年にされたということ。
「37年前の10月、11月に歌舞伎座で襲名披露興行をして、祖父は翌年1月に亡くなったのですが、もし祖父が早くと言わなくてあの時襲名していなかったら、今回の三代襲名もなかったということになります」と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする