2018年08月17日

あなたこそ我らのメサイア  花組 「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」


messiah.jpg宝塚歌劇花組公演は天草四郎を描いたミュージカルと華やかなショーの2本立て。
トップスター明日海りおさんの人気と夏休みが重なったこともあってか平日でも連日立ち見が出る人気公演となっています。


宝塚歌劇花組公演
ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」
作・演出: 原田諒
ショー・スペクタキュラー  「BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−」
作・演出: 野口幸作
出演: 明日海りお   仙名彩世  柚香光  高翔みず希  
花野じゅりあ  瀬戸かずや  鳳月杏  桜咲彩花  水美舞斗  
城妃美伶  聖乃あすか  華優希  舞空瞳/一樹千尋 ほか

2018年8月12日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 2階9列センター/
8月16日(木) 11:00am 1階15列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)




ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」

物語: 倭寇の頭目 夜叉王丸(明日海りお)は、嵐に見舞われ船が難破して天草・大矢野島に流れ着きます。
隠れキリシタンの住むこの村で、渡辺小左衛門( 瀬戸かずや)に救われ、小左衛門の妻の父 益田甚兵衛( 一樹千尋)に「益田四郎時貞」と名付けられてともに暮らし始めます。
肥前島原藩主松倉勝家(鳳月 杏)による厳しいキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに苦しみ、いつか死んでハライソに行けると信じながらも「神はおられぬのでしょうか」と絶望する民衆。
「神などいない。死んでハライソに行って何になる。あなたたちの心にこそ神はいる。自分たちを救うのは自分だ。生きたまま幸せになるのだ」という四郎の言葉に勇気づけられた人々は「あなたこそ我らのメサイア(救世主)」とともに戦う道を突き進みます・・・。


天草四郎は劇団☆新感線の傑作「SHIRO」をはじめ様々な物語や舞台で採り上げられていますが、この作品は史実をふまえながらも「天草四郎」という人物を、キリシタンでも何でもない倭寇(海賊)の青年として描いた原田諒先生のオリジナル・ミュージカルです。

人々が四郎の言葉に勇気づけられ、「ともに進もう 戦おう メサイア メサイア」と大合唱する迫力。
戦いのシーンの刀を手にした群舞の美しさ、カッコよさ。
原城で次々と倒れていく人々が大階段で折り重なるようにつくる十字架。それを浮かび上がらせる照明。


image2 (4).jpg

こちらは開演前の画像ですが、江戸城の襖絵などの舞台美術も素敵でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

大人だって時にはけんかしたい  「大人のけんかが終わるまで」


otonanokenka.jpgフランスの劇作家 ヤスミナ・レザの最新作の日本初演。
豪華キャストもさることながら、最も注目したのは
「演出: 上村聡史」。
え?上村さんって、コメディを演出したりもするの?!という感じでした。


「大人のけんかが終わるまで」
作: ヤスミナ・レザ (原題 Bella Figura)
翻訳: 岩切正一郎
上演台本: 岩松了
演出: 上村聡史
出演: 鈴木京香  北村有起哉  板谷由夏  藤井隆  麻実れい

2018年8月11日(土) 11:00am 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階C列下手
(上演時間: 1時間45分)



タイトルどおり、物語は最初から「けんか」で始まります。
車から不機嫌そうに降りてくるアンドレア(鈴木京香)。タバコに火をつけたり、かなり苛立っている様子。
彼女はシングルマザーで、妻子あるボリス(北村有起哉)とデートで訪れたレストランが、彼の妻のおススメの店と知って喧嘩となり、ポリスが宥めても埒が明かず、結局食事をとりやめて帰ることに・・・。

ここまでのプロローグ?が結構長いのですが、二人の会話だけで、二人の関係や状況が手に取るようにわかる脚本すばらしいな、と思いながら観ていました。

その帰り道、老女イヴォンヌ(麻実れい)と接触事故を起こしてしまいます。
幸いイヴォンヌに怪我はないようでしたが、一緒にいたフランソワーズ(板谷由夏)はボリスの妻の親友で、夫 エリック(藤井隆)とともにエリックの母であるイヴォンヌの誕生祝いにこのレストランにやって来たのでした。お祝いに同席することになるアンドレアとボリス。


続きがあります
posted by スキップ at 22:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

君のSORA 和希そら  宙組 「ハッスル・メイツ!」


hussle.jpg1月 東京国際フォーラムの「WEST SIDE STORY」ですばらしいアニータを演じてくれた和希そらさん。
7月の梅田公演でそのアニータが観られないのは残念でしたが、バウホール初主演。
おめでとー


宝塚歌劇宙組公演
バウ・Song & Dance Entertainment
「ハッスル・メイツ!」
作・演出: 石田昌也
出演: 和希そら  美風舞良  松風輝  
瀬戸花まり  穂稀せり  瑠風輝  華妃まいあ  
天彩峰里  鷹翔千空 ほか  

2018年8月12日(日) 11:00am 宝塚バウホール 8列下手
(上演時間: 2時間10分/休憩 25分)



今年誕生20周年を迎えた宙組。
その20年の軌跡を名曲と名場面のショー形式で振り返りながら、宙組の輝く未来へと繋いでいくという作品です。

子どもの頃から宝塚歌劇を観ているワタクシですが、しばらく離れている期間があって、そRを「私の宝塚暗黒時代」と呼んでいます。
宙組はその暗黒時代に誕生した組。
だから20年の歴史のうち前半の10年くらいは観ていなくて(なぜか姿月・花總コンビの最初の公演は観ている)、宙組の軌跡を振り返るといってもあんまり知らないしなぁ・・と思っていたら、ほとんど知っている曲ばかりでした。宙組の名曲は宝塚の名曲ということですね。
そんな名曲、名シーンの数々を楽しみながらも、最も強烈に印象に残ったのは、

和希そら できる子!!


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」  シネマ歌舞伎&去年観た舞台


yajikita2017.jpg八月納涼歌舞伎第二部で「東海道中膝栗毛」を観て、それがまたとても楽しかったので、すっかり上書きされてしまった気分ではありますが、2017年版「東海道中膝栗毛」 シネマ歌舞伎の感想 + 昨年観た舞台の感想もまだ書いていなかったので併せてさっくりと。


「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」
弥次郎兵衛 喜多八 宙乗り相勤め申し候

原作: 十返舎一九
構成: 杉原邦生
脚本: 戸部和久
脚本・演出: 市川猿之助
振付: 尾上菊之丞
出演: 市川染五郎  中村勘九郎  中村七之助  市川中車  市川笑也  坂東巳之助  坂東新悟  中村隼人  中村児太郎  松本金太郎  市川團子  市川寿猿  市川笑三郎  市川猿弥  市川弘太郎  片岡亀蔵  市川門之助  坂東竹三郎  市川猿之助 ほか

シネマ歌舞伎: 2018年6月27日(水) 11:25 なんばパークスシネマ シアター11
八月納涼歌舞伎第二部: 2017年8月27日(日) 歌舞伎座 1階10列センター
(上演時間: 1時間45分)



初演(2016年)の感想はこちら(舞台)とこちら(シネマ歌舞伎)


幕が開くと、スクリーンに2016年版のダイジェストが映し出されます。
そのラストで花火とともに打ち上げられた弥次さん喜多さんがラップをBGMに宙乗りで3階から登場。
一文無しになった二人はたっつけを着て歌舞伎座でアルバイトをしているという設定です。

歌舞伎座では、「義経千本桜 川連法眼館」の初日を明日に控えて稽古中。
初役で狐忠信を演じる若手役者の吉沢綾人(隼人)が緊張気味の中、舞台装置の中で弟子の役者が何者かに殺されるという事件が起きてショックで寝込んでしまいます。さらには綾人の代役を勤めた先輩役者の瀬野川伊之助(巳之助)まで殺されてしまい、殺人事件の謎を解くべく弥次さん(染五郎)喜多さん(猿之助)が立ち上がる、というストーリー。

前作は途中からラスベガスに行っちゃったり、ハチャメチャながらもお伊勢参りの道中モノでちゃんと「東海道中膝栗毛」でしたが、今回はずっと歌舞伎座の中で物語は展開して、もはや「道中」ですらありません(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

八月納涼歌舞伎 第一部


201808noryo.jpg八月納涼歌舞伎 初日第一部、二部、三部 通し観劇。
二部、三部は千穐楽にもう一度観る予定ですが、一部はこの一度限りのつもりですので、記憶が新鮮なうちに(笑)感想を。


歌舞伎座百三十年
八月納涼歌舞伎 第一部
2018年8月9日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階7列上手



一、 花魁草 (おいらんそう)
作・演出: 北條秀司
演出: 大場正昭
出演: 中村扇雀  中村獅童  市川高麗蔵  中村梅枝  
坂東新悟  市村萬次郎  坂東彌十郎  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 1時間27分)



物語: 江戸を襲った安政の大地震から一夜明けた中川堤。
難を逃れた大部屋役者の幸太郎(獅童)はと吉原の女郎お蝶(扇雀)と知り合い、百姓米之助(幸四郎)に助けられ、栃木で達磨の絵付をしながら一緒に暮らし始めます。互いに想い合っている様子の二人ですが、お蝶は過去に自分を裏切った男を殺めた過去があり、結ばれることを避けていました。そこへ、復興した江戸 猿若町 中村座の座元勘左衛門(彌十郎)や芝居茶屋の女将お栄(萬次郎)がやってきて、幸太郎に芝居へ復帰することを勧めます。6年後、江戸で売れっ子の役者となった幸太郎は姿を消したお蝶を探して栃木宿の家を訪ねますが・・・。


北条秀司さんが七世尾上梅幸さんに書き下ろした演目で、安政の大地震が物語の背景になっていることもあり、東日本大震災が起こった平成23年 八月花形歌舞伎(歌舞伎座建替中のため新橋演舞場)で中村福助さんによって再演された作品ということですが、今回初見。
あらすじも知らず、全く予備知識なしで観ましたが、とてもよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

バースデイ観劇っていうやつ? 


image1.jpg

本日 8月9日は当ブログ「地獄ごくらくdiary」が2005年に誕生した記念日
&リアルスキップのバースディでございました。

だから、という訳ではないですが、誕生日くらい好きなものを観て過ごしましょ(・・誕生日に限らずいつも好きなもの観てるでしょ、というご指摘はこの際却下)、ということで、歌舞伎座へ。
八月納涼歌舞伎初日を一部二部三部通しで観劇してまいりました。

今年は高麗屋さん襲名で東京、大阪のみならず名古屋、博多と伺っていますのでいつも歌舞伎を観ている気分ですが、歌舞伎座はなーんと2月以来。半年ぶりでした。
ロビーのあちらこちらで「おめでとうございます」という声が聞こえて、役者さんの奥さま方が並んで、歌舞伎座の初日の華やかさは格別です。



image1 (2).jpg

自分へのバースデイプレゼントにこちらを購入。

この日から発売された十代目松本幸四郎襲名記念フィギュアです。
カプセルに入って、何が出てくるかわからないのですが、とりあえず(?)2個お買い上げ。
「石橋」と「口上」が出てきました。
これ、歌舞伎座2階の七代目松本幸四郎さんの銅像の前で撮りましたが、何か?



figure.jpg

ちなみに、歌舞伎座の売店ではガチャガチャではなく、こんなふうに無造作に置いてある中から自分で取ってレジに持って行く方式。




フィギュア500円x2 お安いバースデイプレゼントではないですか のごくらく地獄度 (total 1946 vs 1951 )


posted by スキップ at 23:51| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする