2018年08月31日

イーサン・ハント=トム・クルーズは裏切らない 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」


mi6-3.jpg  mi6-2.jpg

シリーズ第6作。
これまで毎回監督を変えてきた通例に反して、前作 「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」からクリストファー・マッカリー監督続投・・・というばかりでなく、物語的にも登場人物の面でも続編色濃い内容となっています。

それでも、おもしろさハンパなく。
最後には必ず "POSSIBLE" になるとわかっていても、これでもか、な展開にハラハラドキドキ。
147分間、映画館全体が静まり返って、固唾をのんで物語に引き込まれ続けていました。

いや~、ほんと、イーサン・ハント=トム・クルーズは期待を裏切らないよね。
ってか、いつも期待のはるか上を行くよね。


「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
MISSION:IMPOSSIBLE - FALLOUT

監督・製作・脚本: クリストファー・マッカリー
製作:  J・J・エイブラムス
製作:  トム・クルーズ
出演: トム・クルーズ  サイモン・ペッグ  ヴィング・レイムス  レベッカ・ファーガソン  
アレック・ボールドウィン  ミシェル・モナハン  ヘンリー・カヴィル  ヴァネッサ・カービー  
ショーン・ハリス  アンジェラ・バセット ほか
2018年8月26日(日) 12:00pm なんばパークスシネマ スクリーン6
(上映時間: 147分)



物語: 盗まれた3つのプルトニウムを回収するミッションについていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)たちだったが、回収目前で何者かによりプルトニウムを奪われてしまいます。事件の裏には、秘密組織「シンジケート」の残党が結成した「アポストル」が関与しており、手がかりはジョン・ラークという名前の男。ラークが接触するという謎めいた女、ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)に近づく作戦を立てるイーサンとIMFでしたが、イーサンの動きに不信感を抱くCIAが、監視役として敏腕エージェント ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を送り込みます。イーサンは、疑惑の目を向けるウォーカーを同行し、かつて自身が捕えたシンジケートのボス ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)を手札にミッションに挑みます・・・。


原題 “FALLOUT” は、「核爆発後に地上に降る放射性の塵(広域な放射能汚染を引き起こすのはこの塵が原因であり、“死の灰”とも呼ばれる)」、そこから転じて「ある出来事から起こる悪い結果」という意味があるそうです。
マッカリー監督は「映画では核テロリズムの脅威が描かれる。これが文字通りの脅威。そしてこの映画で起こることは、イーサン・ハントが彼の人生で選択したことの最終的な結果なんだ。イーサンの過去が彼につきまとうようになる。彼のこれまでの善意が悪い結果をもたらす」という意味深発言。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

これが観納め? 八月納涼歌舞伎 第二部 「東海道中膝栗毛」


image1 (4).jpg


八月納涼歌舞伎に3年連続で登場となる「東海道中膝栗毛」。
もう今年で最後じゃない?という噂も飛び交う中、なーんと、喜多さんの葬儀から始まりました。

第1弾からずっと観ていますが、今回が一番好きだったな。


歌舞伎座百三十年
八月納涼歌舞伎 第二部 
 「東海道中膝栗毛  再伊勢参!? YJKT 」 〈またいくの!? こりないめんめん〉
市川猿之助・中村 獅童・中村七之助・市川中車  早替り
松本幸四郎・市川猿之助・市川染五郎・市川 團子  宙乗り   相勤め申し候
原作: 十返舎一九
構成: 杉原邦生
脚本: 戸部和久
演出・脚本: 市川猿之助
出演: 市川猿之助  中村獅童  中村七之助  市川中車  市川右團次  坂東新悟  
大谷廣太郎  中村米吉  中村橋之助  中村福之助  中村歌之助  中村鷹之資  
片岡千之助  市川染五郎  市川團子  市川右近  中村鶴松  市川弘太郎  
市川寿猿  澤村宗之助  松本錦吾  片岡亀蔵  市川門之助  松本幸四郎 ほか

2018年8月9日(木) 3:00pm 歌舞伎座 1階2列センター/
8月27日(月) 3階3列下手
(上演時間: 1時間50分)



相馬山大鼻寺門前。
喜多さん(猿之助)の大きな遺影が飾られています。
喜多さんは大阪・松竹座に高麗屋三代襲名興行の手伝いに出かけ、「女殺油地獄」の後かたづけの最中に油に滑って柱に頭を打ち付けてあの世へ・・・って、幸四郎・猿之助共演の松竹座 「女殺油地獄」の記憶も新しく、妙にカブる(笑)。

喜多さんがいない世の中なんて、俺もあの世へ行く~と嘆き悲しむ弥次さん(幸四郎)に梵太郎(染五郎)と政之助(團子)は喜多さんを偲ぶためにもう一度お伊勢参りに行きましょうと3人で旅立ちます。成仏できず幽霊となった喜多さんは、このままでは地獄行きとなるところですが、大切に思う人に「ありがとう」と感謝の言葉を言ってもらえれば極楽へ行けるというご先祖さまからの言葉に従って3人を見守りながら共に旅します。が、弥次さんは富士川の渡しで地獄の使者の舟に乗ってしまい、喜多さんともども地獄へと落ちていくのでした・・・。

第1弾に出てきた新悟くんお稲の茶店や旅籠五日月屋が登場したり、第2弾の歌舞伎座の座元 釜桐左衛門や女医 羽笠が出てきたりと、さながら総集編の様相で、やっぱり今回で最後なのかな、と思いました。聞くところによると今回は映像化(シネマ歌舞伎)の予定もないとか。

五日月屋の花魁 赤尾太夫の場面がまんま「籠釣瓶花街酔醒」だったり、気づいたもの気づかないもの含めて、いろいろな歌舞伎演目が顔を出す構成。
地獄の場での鬼たちとの立ち回りでは、染五郎くんが金剛杖を持った「勧進帳」の弁慶よろしく腕数珠をくるくる巻きつけて見得をしたり、團子くんは「黒塚」の鬼女のしゃがんだ姿勢で膝でダンダン進むやつ(←語彙力)、さらには百回り、と、若い二人の将来が見えるような何とも胸熱で心憎いばかりの演出が随所に。

千穐楽には猿翁さんもスーパータンバリンを手に観劇されていたとか。
将来 五代目として猿之助の名を継ぐであろうお孫さんをどんな思いで見つめていらしたのでしょう。



続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

パララ パララ パララ~♪ 雪組 「凱旋門/Gato Bonito!!」


gaisenmon.jpg  gatobonito.jpg

先に感想アップした花組公演の前に、こちらの雪組公演も観ました。
明日、月組「エリザベート」を観劇予定で、観てしまうと完璧に上書きされてしまうのが明らかなので、取り急ぎまだ書けていなかった感想を。


宝塚歌劇雪組公演 
かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・プレイ  「凱旋門」
-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-

Based on ARC DE TRIOMPHE by Erich Maria Remarque
脚本: 柴田侑宏 
演出・振付: 謝珠栄
ショー・パッショナブル  
「Gato Bonito!!」 ~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
作・演出: 藤井大介

出演:望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  梨花ますみ  舞咲りん  
奏乃はると  彩凪翔  朝美絢  永久輝せあ  綾凰華  
星南のぞみ  彩みちる  縣千/轟悠  美穂圭子(「凱旋門」のみ)

2018年6月9日(土) 3:00pm 宝塚大劇場 1階23列上手/
6月21日(木) 11:00am 1階6列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



ミュージカル・プレイ  「凱旋門」

物語の舞台は第二次世界大戦前夜、各国から亡命者が流入しているパリ。
ドイツから亡命してきた外科医ラヴィック(轟悠)は、友人でロシアからの亡命者ボリス(望海風斗)に助けられながらあてどなく仇敵を捜す失意の日々を過ごす中、イタリアから来た女優志望のジョアン(真彩希帆)と出会い恋に落ちます・・・。

2000年に雪組で初演された作品。
18年の時を経ながら、同じ人が同じ役で主演って、何となくタカラヅカマジックな気配。


続きがあります
posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

oasi 再び


image1 (9).jpg

夏恒例の学生時代の友人との「生きているのを確かめ合う会」。
今年は友人のお宅にお邪魔した後、彼女の運転する車で久しぶりにこちらへ。


oasi
富田林市富田林町3-13
tel: 0721-21-3078


古民家らしい格子戸欄間の向こうに綺麗な緑を眺める、前回と同じテーブルに通されて、「前に来たの、どれくらい前だったかなぁ」と自分のブログ検索したら、2015年4月でした。
その時のレポはこちら

もう3年も経つのねぇ。
時の流れはあっという間のようでいて、この3年の間にはそれぞれいろいろありました私たち。
それでもこうして、3年前と変わりなく3人集まって、おいしいお料理とワインをいただいて、あれこれ語り合える幸せに乾杯



image1 (8).jpg

まずはキリリと冷えた泡で乾杯。
黒ごまのグリッシーニとともに。
これはお約束。



image2 (11).jpg

「4皿の物語」とサブタイトルのついたランチメニューの最初のお皿がこちら
antipasto ~農産物の恵み~ 

公式サイトにも書かれていますが、こちらのレストランのコンセプトは、シェフの故郷である南河内への“郷土愛”。
シェフがつくるお料理はすべて、シェフ自身で収穫に行ける範囲の食材で構成されています。
しかも、その季節に自然にとれるもので。

目にも鮮やかなこちらのお皿の一つひとつの野菜がくっきり味が違っておいしくて、知らない野菜のことも教えていただいたり、食べていて本当に幸せな気分になります。



image1 (4).jpg  image1 (3).jpg

大阪ナスを使ったパスタ
メインは大和肉鶏のグリル ツルムラサキ添え、焼きナスのソース
このソース、本当に焼きナスの味がして、なのにちゃんとソースで、オドロキのお味でした。



image2 (10).jpg  image2 (8).jpg

タイミングを見計らって熱々でサーブされる自家製パンは
じゃがいものパンと新生姜のチャバッタ
どちらもとてもおいしくて、おなかが許せばもっといただきたかったです。



image2 (5).jpg  image1 (2).jpg

ドルチェはまくわうりのパンナコッタ
いや~、これがまたこれまで食べたパンナコッタの中でベストかもというおいしさでした。
食後はカモミールティをいただきました。
(それまでにワインを散々飲んでいますが、何か?)


3年前とちっとも変らない美貌のやさしいマダムと、最後に少しお顔を見せてくださるお髭が素敵なシェフ。
とても温かい雰囲気の中、旬の食材を丁寧に手をかけたお料理、おいしいワイン。
まるで時の流れが止まったような古民家の雰囲気も相まって、とてもくつろいだ時間を過ごしました。



もっと近かったら毎月でも行きたい のごくらく度 (total 1954 vs 1956 )






posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

松竹座 七月大歌舞伎 昼の部


201807shochikuza.jpg松竹座七月大歌舞伎 昼の部は「勧進帳」以外にもおめでたい舞踊あり荒事の義太夫狂言あり河竹黙阿弥ありで彩豊かな演目が並びました。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎  襲名披露
七月大歌舞伎 昼の部
2018年7月12日(木) 2:00pm 松竹座 1階1列センター/7月27日(金) 1階5列下手



一、 廓三番叟
出演: 片岡孝太郎  中村壱太郎  中村歌昇
(上演時間: 20分)


吉原の遊郭を舞台に、傾城を翁、新造を千歳、太鼓持を三番叟に見立てた「三番叟」。
「三番叟」はこれまでいろいろ観てきましたが、「廓三番叟」は初めて観ました。

華やかでおめでたい舞踊。
いかにも格が高い孝太郎さん傾城と、初々しく可愛らしい壱太郎くん新造の衣装や踊りの違いがおもしろかったです。壱太郎くんは所作がとてもやわらかくてたおやか。
でも、最初に観た時は知らなかったので傾城が翁とか全然わかりませんでした(元々舞踊には
疎い)。

それから、太鼓持で歌昇くんが出てきた時、「えっ!歌昇くん、松竹座に出てたのっ!!夜の部出てなかったじゃん!」(先に夜の部を観た)ととても驚いたのですが、ちゃーんと「女殺油地獄」に出ていらっしゃいました、というオチつきでございます。



続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

生涯かけてひとつの役を演じる尊さ  松竹座七月大歌舞伎 「勧進帳」


201807kanjincho.jpg松竹座 七月大歌舞伎の演目が発表された時、「女殺油地獄」に目が集中して、「幸四郎さん、いつかやりたいとおっしゃっていた大阪でついに・・」と舞いあがり、しかもお吉さんは猿之助さんだなんて、ルテ銀(2011年2月のル テアトル銀座)以来じゃない!とテンション上がって、口上もあることだし「これは夜の部メインで」と考えていました。

ところが
昼の部で「勧進帳」を最初に観た時、幸四郎さんの弁慶があまりにも胸に響いて、山伏問答聴いているうちに涙があふれる事案発生。
再見予定の千穐楽昼の部は3階から観るつもりだったのに、どうしてももう一度花道間近で弁慶の引っ込みが観たい、とチケット取り直した次第です。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎  襲名披露
七月大歌舞伎 昼の部
歌舞伎十八番の内  「勧進帳」
出演: 松本幸四郎  片岡孝太郎  市川高麗蔵  
中村歌昇  中村種之助  松本錦吾  片岡仁左衛門 ほか

2018年7月12日(木) 2:00pm 松竹座 1階1列センター/7月27日(金) 1階5列下手
(上演時間: 1時間10分)



幸四郎さんが弁慶を演じるのは3回目。

2014年11月 歌舞伎座  
2018年1月  歌舞伎座 

幸せなことに3回とも拝見していますが、今回はこれまでのどの弁慶とも違っていました。


存在感、重量感とリアリティ。
もちろんこれまで観た弁慶もすばらしかったのですが、何というのでしょう、これまでは「全身全霊をかけて弁慶を演じている」という感じだったのに対して、今回は、「弁慶が肚に入っている」というか、「そこに弁慶がいる」と感じさせる弁慶でした。


続きがあります
posted by スキップ at 16:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする