2018年07月26日

六月博多座大歌舞伎 夜の部


image1 (9).jpg


馴染みのある演目が並んだ六月博多座夜の部。
観たことのある演目でも新しい発見や驚きがあったり、歌舞伎っていいなと改めて感じた夜でした。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鷗
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露
六月博多座大歌舞伎 夜の部

2018年6月23日(土) 4:20pm 博多座 1階A列下手



image2 (11).jpg image1 (7).jpg

博多座入口には歌舞伎座ギャラリーから幸四郎さん等身大松王丸が出張。
くるりと回って後ろ姿も撮っちゃった。



一、 近松門左衛門 作
平家女護島 「俊寛」
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  片岡孝太郎  
市川猿弥  坂東彌十郎  中村梅玉 ほか
(上演時間: 1時間10分)


初めて「俊寛」という演目を観たのが仁左衛門さんで、以来、勘三郎さん、吉右衛門さんの俊寛を観てきましたが、三つ子の魂百までも・・というか、私にとって俊寛は仁左衛門さんのイメージが強い。

舞台奥からよろけながらおぼつかない足取りで歩いてくる俊寛。
その姿、風情は言葉は語らなくても今の俊寛の置かれた境遇が見て取れて、一気に「俊寛」の世界に入り込みます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする