2018年07月20日

その羽を奪ったのは  月組 「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」


lastparty.jpgフィッツジェラルドといえば代表作「華麗なるギャツビー」の印象が強く、NY時代の華やかな生活や若くして亡くなったこともあって、どこかギャツビーとイメージが重なります。

そんなフィッツジェラルドの人生を描いた物語。
宝塚で2004年、2006年と宙組、月組で上演を重ねてきた作品ということですが、今回初見でした。


宝塚歌劇月組公演
Musical
「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」
フィッツジェラルド最後の一日

作・演出: 植田景子
出演: 月城かなと  海乃美月  暁千星  
憧花ゆりの  夏月都  風間柚乃/悠真倫 ほか

2018年7月6日(金) 1:30pm シアター・ドラマシティ 5列上手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



1940年12月21日 ハリウッドのアパートの一室。
スコット・フィッツジェラルドが亡くなる2時間前から物語は始まります。
ソファに一人座るフィッツジェラルド・・・が実はフィッツジェラルドを演じる役者で、これから彼の人生を演じるという二重構造になっていて、ラストにはフィッツジェラルドだけでなく、登場人物を演じた“役者”それぞれがその人物について語るという凝った設定です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする