2018年07月16日

十代目松本幸四郎 「残夢」刊行記念トーク&サイン会


image1 (6).jpg

昨夜は夜の部終演後の松竹座へ。
東京だとなかなかそれだけのためには行けないトークショー。
大阪でやっていただけるのは本当にうれしいことです。


十代目松本幸四郎 「残夢」刊行記念トーク&サイン会
2018年7月15日(日) 9:30-10:30pm  松竹座1階3列センター



「残夢」を買った人は名入れつきのサインをしていただけて、しかもトークショーは良席!ということでしたが、写真集はすでに持っているしサインも入っているので良席でなくてもいいやと申し込んだら3列センターのお席がきてびっくり。
全体では9列目までを使っているようでした。

トークは幸四郎さんと「残夢」を撮影した写真家の野村佐紀子さんのお二人で。
幸四郎さんが上手、野村さんが下手側に着席されました。
襲名祝幕をおろした前に椅子なので客席からとても近かったです。


まずは「残夢」のお話から。


お二人の出会いは幸四郎さんが26歳の時。
染五郎さん時代に「27」という写真集を出して、その時のカメラマンが野村さんでした。
それまで男性ヌードばかり撮っていたという野村さん。
「ヌードと舞台写真との違いは?」と幸四郎さんの質問に、
「こっちを見てくれないことですかね。モデルだとこっちを見て、カメラマンもそちらを見て、ということになりますが、舞台は一方的に見るだけなので」

ここで野村さんがおっしゃった言葉が印象的でした。
「ずっと撮っていますが、一つの役にしても幸四郎さんが20回、30回やった中のたった1日、1回なんだなと改めて思いました」
これを受けて幸四郎さん
「野村さんは今日も松竹座の舞台写真を撮っていただきました。何年か後に次の写真集が出たら、そこに載っている与兵衛や弁慶は今日のものです」


続きがあります
posted by スキップ at 13:59| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする