2018年07月13日

このさだめ、悔いはない 「愛聖女 -Sainte♡d’Amour-」


saintdamour.jpg11月18日付で退団が決まっている月組トップ娘役 愛希れいかさんバウホール主演作品。
娘役がバウホール主演するのって2001年の雪組・月影瞳さん以来17年ぶりなのですって。


宝塚歌劇月組公演
キューティーステージ  「愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-」
作・演出: 齋藤吉正
出演: 愛希れいか  紫門ゆりや  白雪さち花  
千海華蘭  楓ゆき  晴音アキ  夢奈瑠音  
輝生かなで  天紫珠李  結愛かれん ほか

2018年7月3日(火) 11:00am 宝塚バウホール 8列上手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)

  

フランスのオルレアン工科大学でドクター・ジャンヌ(白雪さち花)のもと、タイムマシンの研究に励む学生 パメラ(天紫珠李)は地元オルレアンの英雄 ジャンヌ・ダルクを崇拝していました。ある日、タイムマシンに入ったドクターが姿を消し、入れ替わりに出てきた女性こそ、中世フランスでイングランド相手に戦い、火刑に処されたジャンヌ・ダルク(愛希れいか)その人でした・・・。


いわゆる「タイムスリップもの」ですが、ストーリーは他愛なく、都合のいい時に太陽フレア(爆発)が起こって一人、また一人と中世から現代にやってくるなどツッコミどころも満載のドタバタコメディの様相。これを最後まで楽しく見せたのは一にも二にも愛希れいかさんの魅力と実力に他なりません。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする