2018年07月01日

「ハングマン」 アフタートーク


image1 (9).jpg当初別の日に観るつもりだったのが急遽予定変更してチケット取り直したのが公演の4日前でしたので、会場に着くまでアフタートークがあるとは知らず、「ラッキー」となりました。
終演後、舞台上ではなくホワイエで開催されるというのも初めての経験。


「ハングマン」  アフタートーク
登壇者: 長塚圭史  大東駿介  富田望生
2018年6月16日(土) 3:55-4:35pm
ロームシアター京都 サウスホールホワイエ



ホワイエにこんなふうに並べられた椅子。
このロープの前に通常ホワイエの窓際に置かれたスツールが50脚くらい並べられていて、座れない人は立って観るという感じ。
舞台を最前列で観ていたのでホワイエには出遅れるなぁ(客席一番後ろから出たところがホワイエ)と覚悟してのんびり出たら、まだ誰もスツールに座っていなくて、「何で??」と思いながらちゃっかり最前列センターに座りました。


image2 (5).jpg

向かって左から、長塚圭史さん、大東駿介くん、富田望生ちゃんでした。
トークが始まる前にはもちろんこの柵は撤去されて、大東くんが目の前数10センチの距離。
かえって緊張しましたワ。いやしかし、大東くん、色白美肌。

白いシャツにボロルック風の穴のあいた白ジャケット、黒のガウチョパンツ、素足に黒サンダルで金髪の大東くんは、背が低くて座席に届きにくそうだった富田さんの椅子を下げてあげたり、それが低過ぎてまた上げてみたり、今度は自分の椅子を高く上げて「後ろの人見えないから」と口パクで言ったりと茶目っけたっぷり。やわらかな関西弁も素敵でした。


ロームシアターの方の進行で始まったアフタートーク。
マイクがハウリングしてしまうのでナマ声でスタートとなりました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:31| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする