2018年07月30日

お蘭が誘うラビリンス・・なのか? 「お蘭、登場」


oran.jpg2013年から始まった北村想さんとシス・カンパニーの日本文学シアター・シリーズ 第5弾。
太宰治 「グッド・バイ」、夏目漱石 「草枕」、長谷川伸 「沓掛時次郎」、能 「黒塚」と続いて今回描くのは江戸川乱歩の世界。


シス・カンパニー公演 日本文学シアター Vol.5
【江戸川乱歩】  「お蘭、登場」
作: 北村想
演出: 寺十 吾
美術: 松井るみ
照明: 服部基
出演: 小泉今日子  高橋克実  堤真一

2018年7月25日(水) 2:30pm サンケイホールブリーゼ 1階F列センター
(上演時間: 1時間15分・・実際は15分押し)



神出鬼没の謎の女・お蘭(小泉今日子)はさまざまな犯罪に首を突っ込み、ある時は婦人警官、またある時は科捜研の女、時には人妻と姿を変え、彼女を追う名探偵 空地(あきち)小五郎(堤真一)や目黒警部(高橋克美)を翻弄します・・・。


タイトルからして、昨年観た「お勢登場」のような雰囲気を想像していましたが全く違っていました。

資産家の男性が長持の中で謎の死を遂げるという最初の“事件”は「お勢登場」そのままですし、その後に繰り出されるエピソードも生首とか人間椅子とか、いかにも乱歩ワールドなのですが、一つの事件を掘り下げるでもなくオムニバスのように次々展開して、おどろおどろしさとも無縁な軽いコメディタッチ。
小泉今日子さんの開演前諸注意アナウンスが突然シャットダウンするオープニング、堤真一さんと高橋克実さんの楽屋落ちトークやキョンキョンの歌まで飛び出して、楽しいことは違いありません。
が、公式サイトに「北村想が軽やかに紡いだ“乱歩テイスト”な目眩く迷宮世界(ラビリンス)へ!」とあったのが、「え?ラビリンスって・・?」といささか拍子抜け感。


続きがあります
posted by スキップ at 23:55| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

15年の時を経て面白さを知る 「ニンゲン御破算」


ningen.jpg松尾スズキさんが中村勘三郎(当時 勘九郎)さんのために書きおろして2003年に上演された作品。
私の記念すべき初コクーン遠征作品です。

15年の時を経ての再演。
勘三郎さんに代わって主役を張るのは大人計画の看板役者 阿部サダヲ。
キャッチコピーは、「松尾スズキ史上最大の幕末大河エンタテインメント!」


シアターコクーン・オンレパートリー2018
「ニンゲン御破算」
作・演出: 松尾スズキ
音楽: 伊藤ヨタロウ
殺陣: 前田悟
出演:  阿部サダヲ  岡田将生  多部未華子  荒川良々  皆川猿時  小松和重  
村杉蝉之介  平岩紙  菅原永二  ノゾエ征爾  平田敦子  松尾スズキ ほか

2018年7月11日(水) 12:30pm 森ノ宮ピロティホール K列センター
(上演時間: 3時間20分/休憩 15分)



ストーリーはなかなか説明しづらいので公式サイトから:
頃は幕末。加瀬実之介(阿部サダヲ)は、人気狂言作者・鶴屋南北(松尾スズキ)、河竹黙阿弥(ノゾエ征爾)のもとへ、弟子入りを志願していた。大の芝居好きで、成り行きとはいえ、家も侍分も捨て、狂言作者を志している実之介。「あなた自身の話のほうが面白そうだ」と南北に言い放たれた彼は、自分、そして自分の人生に関わってくるニンゲンたちの物語を語りだした―。もともとは元松ヶ枝藩勘定方の実之介は奉行から直々の密命を受けていた。それは偽金造りの職人たちを斬ること。幼馴染みのお福(平岩紙)との祝言を済ませた実之介は、偽金造りの隠れ家へ向かい、職人たちを次々に殺めたのだった。その様子を目撃していた、マタギの黒太郎(荒川良々)と 灰次(岡田将生)の兄弟は殺しのことは黙っている代わりに自分たちを侍にしてくれるよう、実之介に取り引きを持ちかけた。そこへ駆け込んできた娘が一人。黒太郎たちの幼馴染みで、吉原へ売られていく途中のお吉(多部未華子)だった。ちょうどその頃、実之介は、同志の瀬谷(菅原永二)や豊田(小松和重)から、悪事の責任をすべて負わされて切腹を迫られていた・・・・・。


初演当時、「勘九郎さんが大人計画にっ!」と舞い上がって東京まで出かけた割にはほとんど内容を覚えていないことに愕然としました。
多分、今なら見えるあんなことやこんなこと、あの頃の私は未熟すぎて何もわかってなかったなぁと感じ入った次第・・・今でもちゃんと理解しているかどうか怪しいものですが。
そして、「こんなにおもしろいお芝居だったのか!」という思いを新たにしたのでした。


続きがあります
posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

地球ゴージャスはやっぱり地球ゴージャス 「ZEROTOPIA」


zerotopia.jpg

岸谷五朗さんと寺脇康文さんによる演劇ユニット 地球ゴージャス。
1994年の結成で、プロデュース公演は今年で15作目。

かつて何作か続けて観ていた頃があって、期待して観に行ってちょっとがっくりして帰る、を繰り返した挙句、きっぱりお別れすることにしました。
調べてみたら、最後に観た作品はVol.8 「HUMANITY THE MUSICAL~モモタロウと愉快な仲間たち~」(2006年)でしたので、もう12年も前のことです。
ちゃんと(でもないけど)感想書いてた(こちら)・・・この時はこれがお別れになるとは(笑)。

以来、どんなにキャストが豪華で心惹かれても観ることはなかった地球ゴージャス。
でもなぁ、今回は柚希さん出るしなぁ~としぶしぶ楽しみに観に行きました。


地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15 「ZERO*TOPIA」
作・演出: 岸谷五朗
演出補: 寺脇康文
音楽: 大崎聖二  高木茂治  杉本雄治(WEAVER)
振付: 原田薫  大村俊介(SHUN)  藤林美沙
出演: 柚希礼音  西川貴教  新田真剣佑  宮澤佐江・花澤香菜(Wキャスト)  藤林美沙  原田薫  大村俊介(SHUN)  水田航生  植原卓也/岸谷五朗  寺脇康文 ほか

2018年7月7日(土) 1:00pm フェスティバルホール 1階3列上手/
7月」15日(日) 2:00pm 3階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 20分)



豪華客船が難破して生き残った数人が流れ着いた島が舞台。
ここに流れ着いた男女は、恋愛関係のもつれで愛する人を死に至らしめたり、執拗なイジメを受けたり、レイプされ続けた父親を殺したり、さらには戦争や飢餓など、それぞれ過去にトラウマを抱えていました。

この島は人間の起こした愚かな戦争(核戦争?)によって自然が失われ、色彩がなっくなってしまった島。ユートピアと対極にある、ゼロトピアでした。
彼らはここに「流れ着いた」のではなく、「流れ着かされていた」のでした。
その黒幕はヒュー(岸谷五朗)。
人類同士の争いが起きないよう人類を滅亡させる兵器をつくるべく、その兵器のパワー源となる「怒り」を持った人たちを集めたのでした・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

松竹座 打ち出されました~


image1 (17).jpg

本日は松竹座七月大歌舞伎千穐楽。
昼夜充実の演目が並んだ今月の松竹座。

中でも最もリキ入って観たのは昼の部の「勧進帳」。
昨日、仁左衛門さんが口上で、「勧進帳を新幸四郎さんと演じていて楽しい。幸四郎さんの弁慶は日々進化していて毎日楽しく勤めています。私は明日で富樫を演じ納めるつもりですが、幸四郎さんはこれからも弁慶を多く演じられ、当たり役とされるでしょう」
とおっしゃったというTwitterの投稿があって、「演じ納め?」とタイムラインが騒然としました。
これを聴く幸四郎さんも目に涙をためていらしたとか。

感想はまた改めてアップしたいと思いますが、私は今月の「勧進帳」が、今月の幸四郎さんの弁慶が大好きで、今日なんてほぼ泣き通しで観ているような状態でした。それには、仁左衛門さん演じる富樫の影響もとても大きくて、それがもしかしたら今日、観納めになるかもしれないなんて。

本日千穐楽の口上で幸四郎さんは、「勧進帳では松嶋屋のおじさまに毎日ご指導いただきまして、とても幸せな日々でございました」とおっしゃって、まるで昨日の仁左衛門さんのお言葉へのお返事のようで、聴いていて胸が熱くなりました。


今月が「幸せな日々」だったのは私も同じ。
実際にはそれほど劇場に通える訳ではないのですが、毎日そこで幸四郎さんや白鷗さん、仁左衛門さんが歌舞伎をやっていて、観ようと思えばいつだってそこに行ける、という状況がどれほど幸せなことか。
毎年七月は松竹座で歌舞伎興行が打たれますが、今年はとりわけその幸せを強く感じた夏でした。

松竹座七月大歌舞伎 これにて打ち出しでございます。



これで私の夏も終わった気分 の地獄度 (total 1939 vs 1944 )

posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

六月博多座大歌舞伎 夜の部


image1 (9).jpg


馴染みのある演目が並んだ六月博多座夜の部。
観たことのある演目でも新しい発見や驚きがあったり、歌舞伎っていいなと改めて感じた夜でした。


松本幸四郎改め 二代目 松本白鷗
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露
六月博多座大歌舞伎 夜の部

2018年6月23日(土) 4:20pm 博多座 1階A列下手



image2 (11).jpg image1 (7).jpg

博多座入口には歌舞伎座ギャラリーから幸四郎さん等身大松王丸が出張。
くるりと回って後ろ姿も撮っちゃった。



一、 近松門左衛門 作
平家女護島 「俊寛」
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  片岡孝太郎  
市川猿弥  坂東彌十郎  中村梅玉 ほか
(上演時間: 1時間10分)


初めて「俊寛」という演目を観たのが仁左衛門さんで、以来、勘三郎さん、吉右衛門さんの俊寛を観てきましたが、三つ子の魂百までも・・というか、私にとって俊寛は仁左衛門さんのイメージが強い。

舞台奥からよろけながらおぼつかない足取りで歩いてくる俊寛。
その姿、風情は言葉は語らなくても今の俊寛の置かれた境遇が見て取れて、一気に「俊寛」の世界に入り込みます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

山笠イブな博多


image1 (14).jpg

六月博多座 昼夜の間には櫛田神社におまいりしました。
(本当なら朝 開演前におまいりすべきところではありますが、「めんたい重」食い気に走ってしまったので・・・

冒頭の画像は以前から気になっていた櫛田神社南門のところにあるやきもち。
いつもちょっとした行列ができていて人気のようです。
おまいりの後、ひとつ買って食べながら博多座に戻りました。
大宰府の梅が枝餅と似た感じのやきもちで、焼きたてあっつあつでした。



etoeho.jpeg

櫛田神社に伺ったらいつも見上げる大好きな干支恵方盤。
ちゃんと今年の恵方 南南東・・のちょっと南寄り を指していました。


櫛田神社といえば博多祇園山笠。
博多の山笠は子どものころ、よく連れて行ってもらったお祭りでもあり、私が住んでいた小さな町には博多祇園山笠で飾られていた山笠のお下がり(?)がやって来てお祭りで飾らたりして、とてもなじみ深いお祭りです。

あわよくば、と思いましたが、残念ながら博多祇園山笠は7月1日から。
街中ではいろいろ準備が進んでいて、さながら山笠イブといった趣でした。



image2 (14).jpg  image1 (16).jpg

櫛田神社の境内ではいつも見ることができる飾り山笠。



image2 (15).jpg  image2 (13).jpg

博多座前のリバレインは浴衣姿の男衆が準備中。
翌日行った博多駅はこんなふうに覆われたままでした。
こんな山笠準備中の時期に博多に行ったのは初めてかもしれません。




いつかまた博多祇園山笠を見に行きたい のごくらく地獄度 (total 1938 vs 1943 )


posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする