2018年06月03日

しがねぇ恋の情けが仇  コクーン歌舞伎 「切られの与三」


kirarenoyosa.jpgラストシーン。
飛行機雲が一筋の線を描いていく青空の下、一人ぽつんと座る与三郎。
「しがねぇ恋の情けが仇」と空に向かってつぶやきます。
この台詞、与三郎が「源氏店」でお富に向かって言い放つ言葉で、もちろんその場面にも出てきましたが、全く違って聞こえました。


渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾 「切られの与三」
作:  瀬川如皐 「与話情浮名横櫛」より 
補綴: 木ノ下裕一
演出・美術: 串田和美
出演: 中村七之助  中村梅枝  中村萬太郎  笹野高史  真那胡敬二  
中村鶴松  中村歌女之丞  片岡亀蔵  中村扇雀  武谷公雄 ほか

2018年5月10日(木) 1:30pm シアターコクーン 1階B列(5列目)下手
(上演時間: 3時間5分/幕間 10分・15分)



2年ぶりのコクーン歌舞伎。
今年は中村勘九郎さんが大河ドラマの撮影のため出演されず、中村七之助さん主演ですが、なーんと、その七之助さんに立役をあてるという変化球投げてきました串田さん。

木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さんが補綴としてコクーン歌舞伎に初参画されるのも話題です。
入場するとロビーに串田さんと木ノ下さんが並んで立っていらっしゃいました。


image1 (4).jpg


「与話情浮名横櫛」は歌舞伎でもよくかかる演目ですが、「木更津海岸見染の場」と「源氏店の場」の見取りがほとんど。2016年7月の松竹座や2013年5月の明治座では、「赤間別荘の場」が間に入っていました。
明治座といえば染五郎さん(当時)の与三郎にお富は七之助さん。なつかしい~

今回のコクーン歌舞伎では、「源氏店」でハッピーエンドで終わるのはなく、その後の与三郎の流転の人生が描かれています。
これが初めて見聞きするお話で、原作を読んだことがないのでどれくらい潤色されているのかわかりませんが、「ほぇ~、そんな展開?」と驚きつつとてもおもしろかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする