2018年05月27日

豊洲髑髏城伝説 これにて幕 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」


shuratemmaposter.jpgポリシーに反して先にライブビューイングを観てしまいましたが、遅ればせながら舞台も観てまいりました。

ONWARD presents
劇団☆新感線 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」
作: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保  
衣裳: GROUP色  竹田団吾
音楽: 岡崎司  松﨑雄一  作詞:デーモン閣下
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  
右近健一  河野まさと  逆木圭一郎  村木よし子  
吉田メタル  保坂エマ  川原正嗣  原慎一郎
三宅弘城  山本亨  梶原善  古田新太 ほか

2018年5月9日(水) 2:00pm IHIステージアラウンド東京 8列センター
(上演時間: 3時間40分/休憩 20分)



内容についてはライブビューイングの感想(こちら)にほぼ書きましたので省略。
印象的には初見の時とそれほど変わりありませんでした。


「もう一つの『髑髏城の七人』」と銘打った作品。
「そう来たか!」と思ったり、「あのシーンないの?」だったり、逆に、「そこ残すんだ・・」だったり。
極楽太夫を主演に置いて天魔王との愛憎を描く、という設定は新鮮ではありましたが、どうしても「髑髏城」ベースで観てしまって、私の中の「髑髏城の七人」がよくも悪くも邪魔をした、というのが、この作品にノリ切れなかった最大の理由かな。
全く初見だったら印象も違ったかもしれません。これまでの「髑髏城」の記憶を一旦消去して観てみたかったです。

せっかく天海祐希さんと古田新太さんががっぷり四つに組んでの愛憎劇というのなら(「薔薇サム」があったけれど)、「髑髏城」にしばられず、完全新作で観たかったなというのが正直なところです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする