2018年05月22日

4月文楽公演 第2部


bunraku2017042.jpg  bunraku201805.jpg

4月文楽公演 第2部は「彦山権現誓助剣」の半通し上演。

こちらの画像は4月国立文楽劇場(左)と5月国立劇場(右)のポスター。
同じ演目で同じ六助さんとお園さんですが、構図が違っているのね。


歌舞伎の「毛谷村」は見取り上演されてよく観ている好きな演目で、これを文楽で観るのはさぞ楽しかろと思っていました。
2011年には松竹座で片岡仁左衛門さんの六助で「通し狂言 彦山権現誓助剱」(あんまりおもしろくてチケット追加して2回観た)も観ていますので、物語も完璧よ、と思っていたら、まだまだ知らない場面があったのでした。


4月文楽公演  第2部 
2018年4月28日(土) 4:00pm 国立文楽劇場 1列上手

彦山権現誓助剣 
須磨浦の段 (上演時間: 48分)
太夫: 竹本三輪太夫  竹本小住太夫  豊竹咲寿太夫   
三味線: 鶴澤清友 ほか

瓢簞棚の段 (上演時間: 1時間17分)
太夫: 豊竹希太夫  竹本津駒太夫   
三味線: 鶴澤寛太郎  鶴澤藤蔵  鶴澤清公

杉坂墓所の段 (上演時間: 37分)
太夫: 豊竹亘太夫  豊竹靖太夫   
三味線: 野澤錦吾  野澤錦糸

毛谷村六助住家の段 (上演時間: 1時間22分)
太夫: 豊竹睦太夫  竹本千歳太夫   
三味線: 野澤勝平  豊澤富助
人形: 吉田玉男  吉田和生  吉田玉志  吉田勘壽  吉田玉佳  吉田玉勢 ほか



こんな場面初めて・・・だったのは「瓢簞棚の段」。


続きがあります
posted by スキップ at 22:42| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする